第一章 悪魔の書架④


「俺にも……できるかな?」


 浩太郎が本の悪魔から手渡された本を見ながらつぶやく。


「私と契約すればね……」


 悪魔がうなずいた。


「代価は求めない。そもそも、私は君たちに恩恵を与えることができないのだから。しかしながら、ここで得られる体験は、君たちのこれからの創作活動に役立つことだろう。もちろん断るのも自由だ。ペナルティは特にない。ただ、ある意味、もっとも大事なものを失うことになるだろうね。それは、創作に対する意欲というものだ」


 悪魔の言葉に耳を傾けつつ、浩太郎は真剣に考えこんでいる。


 彰文はなにも言えないと思った。

 自分は招かれたわけではないし、悪魔が言うところの創造者クリエイターでもない。


「やってみる」


 やがて浩太郎が吹っ切れたように明るい声をあげた。


「では、契約成立だ」


 悪魔がふたたび手を差し伸べ、浩太郎と握手をかわす。

 

 それから、胸ポケットからスマホを取り出した。

 それを裏返し、かるく指を触れる。青い光が瞬時輝く。


 それから、浩太郎に手渡した。


「これは、俺の?」

「こちらの世界とアクセスするための権限の具象化と思ってくれたまえ。そちらの世界で浩太郎くんが所有しているスマートフォンなるものとリンクさせたがね」

「これを使えば、こっちに来れるんだな?」

「その通り。そして、どの作品世界にも行けるし、君たちをサポートする」

「よしっ!」


 浩太郎は気合いを入れる。


 そしてスマホを右手に持ち、左手には悪魔から与えられた「レディ・ドラキュラ」の本を持った。


「どのキャラを呼びだすんだ?」


 彰文は訊ねる。


「今、書いている異世界ファンタジーのキャラでもいいんだけどな。なんか、こう、まだ掴みきっていないんだ。だから、やはりアイツにする!」


 そして浩太郎は左手に持っていた本を真上へと放り投げた。


「血の盟約に従いて、来たれ闇の淑女!!」


 本がばさばさと開き、ページがめくれてゆく。

 そのページの一枚一枚が黒く変わり、蝙蝠となって羽ばたいた。

 そしてその群れのなかから、ひとりの少女が姿を現す。


 白のレオタードのような服に身を包み、黒のショートブーツを履いている。

 マントのように羽織っているのは、作品の主人公の制服だ。

 表が緑、裏地は黒と灰色のチェッカー模様。

 亜麻色の長い髪には、蝙蝠の翼のような飾りがある。


 浩太郎が、コータローのペンネームで悪魔の書架に投稿している「レディ・ドラキュラ」のヒロインだ。

 名前はアーミリカ。


「そなたが著者殿か? お目にかかれて光栄ぞ」


 アーミリカがコータローを見て、真っ赤な唇を舌でなぞる。


「やった……」


 コータローが自分のキャラと対面し、呆然となっていた。


「本物のレディだ!」


 浩太郎は、アーミリカに飛びついてゆく。


「ち、著者殿!」

「う~ん、甘い香りのなかにほのかに漂う血の匂い。滑らかな肌の感触、想像していたとおりだ!」


 浩太郎は興奮し、闇の淑女の全身を遠慮なく撫でまわす。


 彰文の隣で、かりんが大きなため息をつく。


「いいかげんにせい!」


 ついに我慢の限界に達したらしく、アーミリカは瞬時にして霧となり、離れた場所に瞬間移動した。


「アニメ化とか、舞台化どころじゃないよな? こっちに来たら、本物のレディに会えるわけだ。なんつーか、がぜんやる気がでてきた! レディは魔界から逃げたり、人間界で新たに生まれた魔物を、連れ帰るため出てきたって設定だ。シミなんか目じゃないぜ」


 浩太郎の興奮はまだ冷めやらない。


 作品を書いたことのない彰文には、彼の気持ちはわからない。

 だが、その喜びようを見ているだけで羨ましいと思う。


(僕は読者だ……)


 彰文は心のなかでつぶやく。


(だけど、観客じゃない)


 その心のなかの言葉にも、なぜか既知感を覚えた。


 なにかはわからない。

 ただ、悪魔の書架と関係している気がした。


 悪魔が言ったとおり、ここに来たのは偶然ではないのかもしれない。


「あの……」


 彰文は、悪魔に声をかける。


「なんだね?」


 悪魔がゆっくりと振り返った。


「僕とも契約してくれませんか? 浩太郎を手伝いたいんです」

「ほう?」


 悪魔が意外そうに言い、彰文を値踏みするように仮面をわずかに上下させる。


「君はクリエイターではないはずだが?」

「ですが、作品はたくさん読んでいます。好きなキャラクターも大勢います。想像力はないかもしれませんが、知識で補えるのなら……」

「いいだろう」


 悪魔がふたたびスーツの内ポケットに手を入れた。


 そしてライトパープルのスマホを取り出す。

 彰文が使っているものだった。

 悪魔はその裏面に指で触れようとする。

 だが、なぜかその動きを止め、そのまま彰文に手渡してきた。


「呼びだしてみたまえ。君のパートナーとなるべきキャラクターを」


 悪魔がうなずきかけてくる。


 彰文はスマホを片手に持ち、目を閉じた。


 これまで様々な作品で読んできたキャラクターたちが浮かんでは消えてゆく。

 いちばん強くイメージできたのは、古いライトファンタジーのシリーズに登場する森の妖精だった。


(彼女なら、呼び出せるんじゃないか?)


 彰文はふと思った。


 だが、すぐにこう思い直す。


(呼びだしたことがあるんじゃないか?)


 そんなはずはないし、いつ呼びだしたかの記憶もない。

 それでも、その考えを否定する気になれなかった。


(もしかしたら、僕の記憶は書き換えられているのかもしれない)


 そうだとしたら、学校で居眠りしてから、度々襲われる既知感の説明がつく。


「……わたしたちを探し出してくださいね」


 そのとき、誰かが囁いた気がした。


 そしてひとりの少女の姿が脳裏に浮かびあがる。


 赤い髪、ベレー帽、蝙蝠のような翼、そして先端が尖った細長い尻尾――


「ライラ……」


 彰文はつぶやく。

 なぜか分かる。それが、彼女の名前だ。


「見つけた!」


 彰文は目を開き、なにかを掴みとるように拳を握る。


 次の瞬間、赤い光が溢れ、イメージした少女が、その通りの姿で現れる。

 彼女は胎児のように身体を縮めていたが、大きく手足、そして翼を広げた。


「おおっ!」


 浩太郎が感動したような声をあげる。


「やったな! 彰文!」


 彰文は浩太郎に笑顔でうなずき返してから、ライラと向かいあった。


「……彰文さま!」


 ライラが歓喜の表情を浮かべ、抱きつこうとする。


 彰文はあわてて腕を伸ばし、押し止めた。


「彼女が君のパートナーなのだね?」


 悪魔が近寄ってきて、ライラをじっくりと観察する。


 そして彰文を振り返った。


「ところで、その少女は、どの作品に登場しているのかね?」


 彰文には、ライラがどの作品のキャラクターなのか答えることができなかった。


 彼女自身も知らなかった。


「そして、私も彼女がどの作品の登場人物なのかわからない……」


 悪魔が楽しげに笑う。


「この世界では、全知であるはずの私にも、未知なるものがあるということだ」


 悪魔が知らないということは、ライラが登場する作品はこの世界に存在しないということだ。

 あるいは、シミに蝕まれ、消えてしまったか……


「契約が成立したところで……」


 かりんがスマホを操作しながら、彰文と浩太郎に呼びかけてきた。


「さっそく、シミ退治に行きましょう」

「おうよ!」


 浩太郎がスマホを構え、変身ヒーローのようなポーズを取る。


「かりんくん、すまないが、ふたりにいろいろ教えてあげてくれたまえ」

「まかせて」


 かりんが悪魔にうなずく。


 そして長方形をした光のゲートが出現し、彼女がその前に立つ。


「“栞”……」


 彰文は思わずつぶやいた。


「あら、よく知っているのね? わたしたちは、これをそう呼んでいる。ここから作品世界に入り、ここから出るの。とりあえず、今は作品の第一話に入るわね。まずは、シミがどこにいるか、突き止めましょう」


 そしてかりんがダルタニアンにエスコートされ、“栞”に入る。

 浩太郎と彰文が、それぞれのパートナーとともに続いた――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料