第一章 悪魔の書架

第一章 悪魔の書架①【書籍用改稿版】


「千尋!」


 片倉彰文は叫び声をあげながら、跳ね起きた。


 どうやら机に突っ伏していたらしい。

 数学の授業を受けているあいだに、いつのまにか眠ってしまったのだ。


 開け放たれた窓からは、湿気を帯びた熱い風が蝉の声を運んできている。


 二学期がはじまって、まだ間もない。

 夏休みとともに暑さが去ればいいのだが、自然は人間の都合などおかまいなしだ。


「びっくりさせるなよ……」


 背後でうわずった声がする。


 振り返ると、クラスメートの甲斐浩太郎の姿があった。


 身長は彰文よりわずかに高い。

 髪は短く癖毛で、好き放題に跳ねていた。

 校則違反だが、すこしブリーチをかけている。

 だが、皇居からさほど遠くないこの都立高校は、伝統的に自由な校風で、この程度では指導されない。


「悪い夢でも見てたのかよ? 授業終わっててよかったな」


 浩太郎が笑いかけてきた。


「悪い……夢?」


 言われてみれば、たしかに夢を見ていた気がする。


 かなり生々しい夢だった。

 全身にじっとりとした汗が滲んでいるのは、たぶん暑さのせいだけではない。

 だが、どんな内容だったか、もう思い出せなかった。


「で、ちひろって、誰なんだ?」


 浩太郎の笑いがにやにやとしたものになる。


「ちひろは……」


 彰文は答えようとして、言葉に詰まった。


「誰だろう? 何かの作品に出てきたのかな?」


 額を指で押さえながら、つぶやく。


 しかし――


(なんだ? この違和感は……)


 頭のなかを乱暴にかきまわされているように意識が混濁している。

 その中央に黒い穴がぽっかりと空いて、大事なことが吸い込まれている気がした。


「顔色悪いぞ。保健室に行くか?」


 浩太郎が心配そうに声をかけてくる。


「いや、大丈夫……」


 何度か深呼吸をしているうち、気分はいくらか治まっていた。


 夢のことも気にならなくなっている。

 きっと覚えておく必要のないものだ。


「放課後の約束は、大丈夫だよな?」


 やや不安げに、浩太郎が言う。


「新作の感想だろ? 読者ランキングがあがってきてるんだって?」


 浩太郎は中学の頃から“悪魔の書架”の投稿サイトで小説を発表している。


 兄の書棚で見つけたラノベにはまり、自分でも書きたくなったそうだ。


 作品を書きはじめて二年余り。夏休みのあいだに新しくはじめたシリーズが好評らしい。


「まあな……」


 浩太郎が照れたように笑った。


「やっぱ、マーケティングって大事だよな。流行りのジャンルを選んで、人気の要素をいろいろ入れてみた。更新も毎日続けている。文章は粗いが、今は勢い優先だな」


 書架には彰文もよく入っている。

 自ら書くことはないが、作品はいくつも読んでいた。


 浩太郎の作品も偶然読んでいて、感想を書き込んでいたのである。


 もっとも、お互いがそのことを知ったのは最近だった。


 自分の作品の読者に直接会うのは、浩太郎にとって初めての経験だったらしく、ひどく興奮していた。

 そして彰文の感想が丁寧だったと喜んでくれている。


 それがきっかけで、仲良くなった。


「楽しみだよ」


 彰文は子供の頃から本が好きで、あらゆるジャンルの小説を読んできた。


 誰かの影響である。


(あれ? 誰だっけ?)


 しばらく考えてみたが思い出せなかった。


 本を読んでいる視界の片隅に、すらりとした白い足が見えている。そんな記憶がふと甦ってきた。

 だが、次の瞬間、ふたたび頭のなかがぐるっとなる。

 記憶のなかの視界が変わり、開かれた頁だけが残った。


(そうだ、僕はいつもひとりで本を読んでいた……)


 彰文は自分に言い聞かせるように心のなかでつぶやく。


「足りないところがあれば、遠慮なく指摘してくれ。彰文の感想は的確だからな」

「参考になればいいけど……」


 浩太郎にそう答えてから、彰文はまた違和感を覚えた。

 同じ言葉を、誰かによく言っていた気がしたからである。


 今日の自分は、なにかがおかしい。


 きっと暑いなか、居眠りしたせいだろう。


 冷たいシャワーを浴びて、すべてを洗い流したいと彰文は思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!