青い線

作者 @DAITOTETSUGEN

58

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

港町を象徴する一文、「海に出た者か、陸に残った者か」。
冒頭に説かれ、最後にももう一度出てきますが、二度目の登場のときには本当に重い。

三ヶ月後に高校卒業を控えた二人の少年が、タバコの煙の中、関門海峡を見晴らしながら語り合う。
素行が悪いふりをしていても、なんて純粋なんだろう。
頑張れ、と声をかけるのは少し違う気がする。
我武者羅に生きてほしいと、ただ見守りたくなる。

泥臭くて青臭くて美しい作品でした。