第8話 導かれた先には何が ~【遠い世界に願いを込めて。】~

 ――こっちだよ


 ――さあおいで



 霧の中に木霊したその声に、二人は導かれるようにして森の中を進んだ。


「たたた、た、た、隊長、自分等は何処へ向かっているのでしょうか」

「ししし、し、し、知るか!」


 二人は寄り添うようにして、視界の悪い森の中をそろりそろりと歩む。



 この二人が何故このような場所にいるのかを正確に知るには、数時間前に遡らなければならない。

 だが、遡るのは面倒なので、直前のやり取りだけをお知らせしよう。


 数分前。


「隊長! いましたこっちです!」


 隊員が見つけたその白猫は、お魚を咥えたままで走り出す。


「捕らえるのだ! そのドラ猫を逃がすな!」


 二人が追っているは、今晩の食料にしようと考えていた秋刀魚。

 秋の味覚を奪われた二人は、勿論の事、裸足で駆けていく。


 当初は町中で追っていたため、裸足であってもそれほど苦ではなかったのだが、流石に森の中に入ると足元が悪く、足の裏はすこぶる痛む。


 だが、それでも二人は追うのを諦めなかった。


「三日ぶりのたんぱく質、逃がしてなるものか」

「はい、もう炭水化物オンリーの食事は限界です!」


 足の裏の痛みなど、日ごろのスコップ作業に比べればどうと言う程の事でもない。


 そして、気付けば森の中にいた。

 深い霧に覆われ、自分たちが来た方角さえ分からなくなっている。


「隊長、しかもここ圏外です……どうしましょう」

「どうするもこうするもない。財布を忘れて出かけたのだ。当然ながら携帯もない」


 完全手ぶらの隊長に対し、少々あきれ顔の隊員。

 それでも不平不満を口にすれば、自分の生命さえ危ぶまれる事を隊員は知っている。

 霧の深いこの森に、どんな未知の生物がいるか分からない。とてつもなく狂暴な輩に襲われる可能性も無くはない。

 だがそれでも、隊員にとっては隊長のほうが余程恐ろしく危険な存在だった。


「自分のスマホの明りだけでは……いえ、出来る限り照らします」



 ――ほらこっちだよ


 ――もう少しだよ



 声に引っ張られるようにして進む二人。

 そしてついに、その目的地に到着した。


 そこには、老舗然として古めかしい建物の店舗が存在しているのである。

 森の中にぽっかりと空いた空間に、どうにも似つかわしくない店舗の存在。


「こ、これは……」

「隊長、こんな森の奥に店があるなんて……あ、電波が戻りました。ちょっと調べてみます」


 隊員はすぐさまスマホで目の前の店を調べはじめた。


「あ、ありました!」


 隊員はヒットした画面を隊長へと向けた。


「これです。森の羊羹ようかん屋さん! ネットでも人気みたいですよ」

「ほう、栗羊羹がおすすめか」

「自分は芋羊羹がいいっす。買って帰ろうっと」


 軽やかに店舗へ向かう隊員の背に、隊長の視線が注がれた。


「待て! 俺は……財布を持っていないのだ」

「ほうほう、そうでしたね隊長。ではこうしましょう」


 隊員は誇らしげに胸を張って言葉を続けた。


「今回の感想は隊長が出す。それで自分が羊羹を奢ります!」

「くっ、止むを得ん」


 隊長は渋々、今回の感想が記された紙を差し出したのであった。




◆先日読んだ作品を紹介します


タイトル:遠い世界に願いを込めて。

ジャンル:現代ドラマ

  作者:霧野リノ様

  話数:8話

 文字数:32,258文字

  評価:★61 (2016.11.14現在)

最新評価:2016年8月14日 15:42

 URL:https://kakuyomu.jp/works/1177354054881067207

 検索時:『遠い世界』で検索しましょう。


キャッチコピー

 逢魔が時の森で出会ったのは、「死」の匂いがする女の子でした。


感想★★★

 飼い猫を追って迷い込んだ森で、少女が出会い、感じ、体験した事とはいったい何なのか。多くを語るのは勿体ない、まずは読んで頂きたい。そんな作品です。

 ナーバスな記憶、不可思議な現象、不思議な体験、得体のしれない少女。そして大切な人との約束。すこし不思議で、心温まる物語。


 ちなみに私、鼻水がグスグスになりました。

 危うく泣いちまうところでした。ああ危ない危ない。


 ぜひご一読下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます