第33話 がんばってみなよ

「本当にもう彼女は何がしたいのかわからなくなってきたよ……」

 僕が思わずそう呟けば、千秋は何か考えるような素振りをした後、ポツリと言いました。

「思ったんだけど、もしかしたら試しているのかも……」


「試す?」

「周囲の人間の反応や行動予測を自分の中で組み立てて、実際に人間がその通りに動くか観察してるんじゃないのかな。相手を悪者にして叩ける環境ができた集団とか、信じてた人間に裏切られて精神的に追い詰められた人間とか」


 千秋は至極しごく真面目に述べますが、僕はひっかかりを感じます。

「それなら、なんでわざわざ自分がその渦中に飛び込むような事をするのさ。少し離れて安全を確保した場所から観察するのが一番だと思うけれど……」

「たぶん、直接その状況に飛び込む事で、知識だけではわからない、生の反応が見たかったんじゃないのかな」


 流石にそれはありえないだろうと言おうとして、僕は以前千秋から聞かされた、同級生に行動の理由を尋ね続けて不登校にまで追いやった霧華の話を思い出しました。

 ……完全に無いとは言い切れません。


「霧華ちゃんはさ、ちょっと偏執的な所があって、一度自分が興味を示したら、自分の納得する答えが得られるまで他の事の優先順位が極端に下がるんだ。だから、もしかしたら……」

 千秋は十分にありえる話だと言います。

 彼の青ざめた顔から、決して冗談で言っている訳ではない事は見て取れましたが、僕はその仮説に疑問を抱きます。


「今回の場合、最悪自分が今まで積み上げてきた友人関係や家族関係も壊しかねないし、この話が広まれば就職にも影響が出るかもしれない、それに夜道で襲われる可能性だってあるのに、そんなリスクを負ってまで自分の好奇心を優先するかな……」


 彼女もこれ位のリスクは想定できるはずです。

 実際これ程のリスクを犯してまで、特に何の報酬がある訳でもなく、『ただの好奇心』だけでそこまでするでしょうか。


「するよ。僕の昔から知ってる霧華ちゃんならね。でも、そうならまずいな。もしかしたら霧華ちゃん、周りの色んな反応を見ることが目的なら、その後の着地点を考えてないかもしれない」

「つまり?」

 途端に焦ったように千秋が頭を抱えます。


「一真の言う通り、最悪家にも学校にも居場所が無くなって就職にも影響したり、ワイドショーに情痴殺人の被害者として名前が出るかも」

「自業自得だよね」


 殺人事件の被害者として名前がワイドショーに出るという事は、既に殺害される前提のようですが、現在の彼女の置かれた状況を考えれば、そうなっても不思議ではありません。


「でも、彼女ならその好奇心のために自分の人生さえも放り出してしまいそうな気がするんだ。彼女の欲求は『知りたい』と言うよりは『知らずにはいられない』だから」

 彼曰く、昔から彼女の様子を見ていると、彼女の行動のほとんどはその欲求から来ていたように思えるそうです。


「人間関係を構築するのも、その欲求を満たすためみたいな所あったし、もしかしたら、その欲求を満たすためならその辺の積み上げた人間関係が壊れるのも惜しくないのかも……そういう純粋な所も魅力だけど」


 彼の中の霧華は、随分と高潔な存在のようです。

 僕は彼女の行動原理が何であれ、やっている事を考えればとてもそうは思えませんが、そこは黙っておきました。


「でもさ、このままだと彼女、大変な事になるんだよね? もし心配ならそのどうしようもなくなった時に千秋が手を差し伸べてやれば良いじゃないか。そうしたらきっと千秋は彼女の中で特別な存在になれるよ」

 僕が提案すれば、千秋は驚いたように首を横に振りました。


「無理だよ! だって、今までだって霧華ちゃんを好きだという人は沢山いたのに、誰一人として彼女の特別にはなれなかったんだよ?」

 だから自分だってきっと無理にきまっている。とでも千秋は言いたげです。


 特別とは恋人という意味で言ったのですが、何かいまいち千秋に意味が伝わっていないような気がします。


 ……いや、しかし霧華の場合、恋人関係になった所であまり相手に執着しなさそうですし、確かに霧華にとって特別な存在と言うのは、必ずしも恋人とイコールで結ばれるものではないのかもしれません。


「彼女が周りの人間に執着しないのは、彼女の方が周りを口説いているからじゃないかな。彼女はよく相手のちょっとした所を息をするように褒めるでしょう? 友達でも何でも、自分から好意をチラつかせて自分への好意を引き出してるって事さ」

 千秋は、それの何がいけないのかと怪訝そうな顔をします。


「この場合、コミュニケーションの主導権をずっと彼女が握ったままなんだよ。皆彼女が好きだけど、彼女は皆を好きとは限らない。実はそう見せかけているだけで、そんなに執着は無いのかも」


 そう考えれば、彼女が平然と自分を取り巻く人間関係を引っ掻き回している事の説明がつくような気がします。

 要するに、ちょっとニコニコして好意を見せれば勝手に人は寄ってくるので、多少ぞんざいに扱ってもかまわないと思っているのではないかという事です。


「そんなことはない、とは、言い切れないな……」

 一瞬反論しようとした千秋でしたが、話しながらだんだんと言葉は尻すぼみになって行きました。

 上手く反論できる材料が見つからなかったのでしょう。


「……ところで、千秋は彼女とどうなりたいの?」

「どうって?」

「付き合いたいとか結婚したいとか、別の人間と結婚した後もずっとストーカーしたいとか」

 せっかくなので僕は、彼にずっと気になっていた事を尋ねてみる事にしました。


「えっ、それってそんな重要な話かな?」

 途端に千秋の頬に赤みがさします。

「僕は別にどうでもいいけど、そんな顔するって事は、千秋にとっては重要なんじゃないの?」

「…………いや、可能なら彼女ともっと近くにずっといたいって思うけど、僕は彼女の特別にはなれないし、無理なら無理でただ見守りたいっていうか……」

 千秋はそわそわした様子で少し早口で話し始めました。


 どうやら脈ありではあるようです。


「スマートフォンの設定を頼まれる位には気を許されてるんだよね?」

「霧華ちゃんとは昔からよく二人で出かけたり、そういう関係を持ったりもしてるけど、それは彼女にとってはただのコミュニケーションでしかないんだ」

「ふーん……もう付き合ったら良いんじゃないかな。それで最終的に結婚しちゃいなよ」


 子供の頃からずっと霧華を追ってきたようなので、てっきり女性経験も無いのかと思いきや、既にその霧華本人と経験済みのようです。

 むしろ、これだけ彼女に執着して、肉体関係まで持っていながら、正式に付き合うために告白しようという発想すらない事に驚きました。

 僕が提案すれば、千秋は更に慌てます。


「えっ、無理だよ! だって霧華ちゃんはすごく優しいけど、誰にでも同じ反応をしてるの知ってるし、告白されても適当にはぐらかして絶対にはいとは言わないんだ。だから、相手は彼女と付き合ってるつもりでも、彼女にはただのお友達としか見られてないんだ」


 そこまで聞いて、僕は首を傾げます。

「……ということは、もしかして今彼女のストーカーと化している三人も彼女の中では誰一人として恋仲ではなかった?」

 僕の言葉に、千秋は静かに頷きました。


「今まで盗聴した会話の記録を聞くとわかるよ。告白された時、いつも明確な答えを言葉にして返してないから。そして、飲み会とかでよく話してる彼女の恋愛観は『ちゃんと付き合ってるなら浮気しちゃダメ』だから、つまり……」


 単純に本心は別にあって建前で言っている可能性もありますが、霧華の場合、それさえも疑わしく思えます。


「つまり、適当に言葉を濁してセフレを何人も囲っていると。恋人ではないから浮気にもならないし、常に複数の人間を囲っておきたいから恋人は作らないと……」

「そういうことだと思う」


 最初から遊びだと割り切っている相手ならまだしも、本気の相手を騙して付き合うというのはいかがなものかと思いますが、きっと彼女としては、その辺の反応の違い等も見たかったのでしょう。


 そこまで考えて、僕はここ最近千秋から得た情報を元に現状を整理します。

 彼女が裏で遊びまわっている事を暴露し、逆に彼女の取り巻きから糾弾される役割は、すぐに代役が立てられた事から、誰でも良かったのでしょう。


 次に、彼女の遊び相手と僕の遊び相手が被ったのは、恐らく、近隣で男女問わず遊び相手を探している人間同士が出会い系サイトでマッチングしただけでしょう。

 その後彼女と何かあった訳でもない事を考えると、霧華が僕の外堀を埋めているように思えたのはただの偶然で、彼女は特別僕に興味があるのではないようです。


 彼女の行動の意図ですが、正直自分に危険がないとわかると、途端にどうでもよくなりますが、もし、千秋の言う通り、完全に興味本位で動いているだけなら、確かに今後何かしらの破滅を迎える事はあるかもしれません。


 千秋は、なんとかそれを阻止して彼女を守りたいようですが、それこそ、千秋が彼氏として霧華の事をずっと隣で守ってやればいいのではないでしょうか。

 といっても、それもあくまで僕の仮説なので、本当は全く別の意図があるのかも知れません。


 しかし、僕はもうその辺に関してはどうでもいいので、さっさとこの話にオチをつけて終わらせてしまう事にしました。


「じゃあ、とりあえず、千秋がどうやったら愛しの霧華ちゃんと正式に付き合うことができるのか考えようか。僕も協力するからさ、ちょっとがんばってみなよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!