第37話 恋敵はマンマ

「ただいま帰りました……」

 小さな声だったが、聞こえたらしい。すぐに母が出てきた。


「おかえりなさい、綺音」

 にっこりと微笑む母の綺麗な顔が、いまは胸を痛める。

 娘の異変に、母はすぐに気づいた。


「どうしたの?」


 そっと伸ばされた手が頬を包む。やわらかく、あたたかい、優しい手。綺音は胸の痛みに顔をしかめた。


「……大丈夫」

「大丈夫には見えないわ。どこか痛むのではないの?」

 心配そうな、母の顔。そう。母は、いつもの母だ。

 綺音は母に抱きついた。


「綺音?」

 驚きつつも、彼女は綺音をそっと抱きしめてくれた。


「マンマ。大好き」


 ふわりと結架は微笑む。

 母から香る薔薇の匂いに包まれて、綺音は少しだけ、心が解れた。


「わたしも大好きよ、綺音。誰よりも特別で、大切だわ。集一と美弦と、おなじほどにね」

「パーパと美弦より、いまは大切にして」

 きゅっと力をこめた綺音の手に、結架が手を重ねる。


「そうね。わたしの綺音。あなたがいちばんよ」

 うん、と綺音は頷く。


「大丈夫。マンマ、ありがとう」


 顔を上げると、世にも美しい顔が微笑みを浮かべていた。その美しさに、娘としても見蕩れてしまう。


 ──こんなに綺麗なんだもの。わたしが敵うはずない。


 悲しみと誇らしさが入り混じる。

 そして、綺音は結架から身を離すと、小さく笑った。


「マンマ、今晩は和食がいい」

「あら、ちょうどいいわ。赤魚の煮つけを作ろうと思っていたの」

「さばく?」

「今日は切り身しかなかったの。だから、大丈夫よ」

「うん。わかった。音楽堂に行ってるね」

「ええ。奏くんは、もうすぐね」

「うん。ヴァイオリン取ったら、すぐに来ると思う。今日は、宿題ないから」

「あら、珍しいのね」

「うん」


 落ちついて会話ができることに安心した綺音は、鞄を床から持ち上げて、

「部屋においてくる。あと、楽譜庫に寄ってから音楽堂に行くから」

「今日はヴィヴァルディかしら?」

「なんで判ったの!?」

 目を丸くすると、母は朗らかに笑った。


「昔から、なにか気持ちの乱れることがあると、あなたはヴィヴァルディに整えてもらうのが習慣でしょう? 集一と同じ。違うのは、歌曲を聴くことではなくて、演奏して気持ちを整えようとすることかしらね」

「パーパだって、マンマとソナタをってること、あるでしょ」

「ハ短調のことね」

「そう。夜中に聴いたよ? あれは、なんだったの?」

「さあ、わたしにも分からないわ」


 うそだ、と綺音は思った。

 しかし、その瞳に浮かんだ悲しみの深さに気がついた彼女は、母を困らせるのを避けて、頷いた。

 重い鞄を持ち換える。

 無理に明るい声を出した。


「ね、マンマ。今度、綺音ともヴィヴァルディをってくれる?」


 結架が微笑み、頷く。

「いいわよ。いつでも、今晩にでも」

「うん。ありがと」


 綺音は足取りが軽くなるのを感じた。胸の痛みも、だいぶ薄らいでいる。やはり、自分は家族が好きだ。晶人のことも大好きだけれど、母のこともキライになんてなれない。


 いつも愛してくれている母。


 ──わたしの憧れ。わたしの目標。


 それは変わらない。


 ──まいっちゃうな。マンマが恋敵なんて。


 階段をのぼりながら綺音はため息を吐く。けれど、その心は、それほど重たくはない。


 ──でも、晶人くん。マンマにはパーパがいるの。これだけは変わらない。マンマには、パーパしかいないから。だから、晶人くんの想いは……。


 胸にちくりと針が刺さる。


 ──叶うことはない。


 けれど、だからといって、綺音の想いが叶うわけでもない。


 ──いきづまりだね。


 もういちど、深いため息をつく。


 廊下を進んでいると、扉が開いた。

「綺音? おかえり」

「美弦。ただいま」

 いまは見ると悲しくなる顔。

 それでも綺音は微笑んだ。


「今晩、マンマとヴィヴァルディをるの。美弦もどう?」

 美弦の母そっくりの顔が華やいだ。


「ヴィヴァルディ? ト短調? イ長調?」

「どっちかな。わかんないけど」

「なら良かった」

「?」

 美弦が笑顔になる。


「明日からの連休、おじーさまのところに行くでしょ?」

 思わず綺音は目を見開く。

「あ、忘れてたっ」

「やっぱり。お迎えの車が来るって、マンマが言ってたよ。綺音はヴァイオリンも持って行くんでしょ? 準備しておかないと、だよ」


 前髪をかきあげて、綺音は吐息を放つ。

「そうだったぁ。着替えなんかは、おじーさまのうちにもあるからいいとして、ヴァイオリンとかは持っていかなくちゃだわ」

「綺音とパーパは大荷物だね」


 ふふふ、と美弦が笑う。

「ピアノは持っていけないもんねぇ」

「運ぶのは手伝うからね」

「うん、ありがと」


 美弦が嬉しそうに頷き、

「じゃあ、僕も、もうすぐレッスンだから、ピアノ室に行くね」

「うん。頑張って」

「綺音も」


 去っていく美弦の後姿を見守り、その姿が見えなくなると、綺音は部屋の中に入った。

 マリア・テレジア・イエローといわれる柔らかな淡い黄色の壁紙に、黒っぽい茶色の天井。

 小ぶりのシャンデリア。

 アンティークのような造りのライティングビューローに、ガラスの扉がつけられた本棚。同じくアンティークのようなチェストと、カウチソファ。さらに、壁際にはコンソールテーブル。


 美弦とほぼ同じようなしつらいの部屋。

 綺音はチェストの上に鞄を置いた。横の本棚に教科書を入れ、翌日の時間割に従って必要なものを詰めなおす。

 それから、担いだままのヴァイオリンをそのままに、部屋を出た。

 階段を下りて楽譜庫まで行くと、大きな棚の前で止まる。


AアントニオVヴィヴァルディ──っと」

 目印の索引を指でつつき、綺音は楽譜を取りだす。

 そのなかから目当ての曲の楽譜を探しだし、のこりの楽譜は棚に戻した。

 ふと、目が棚の隅にいく。


「……まだ、早いよね」

 思わず呟いて、それから我に返る。


「急がなきゃ」

 チャイムが鳴った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます