第33話 無邪気な問いかけ

 録画を見ているうちに、集一の表情がたまに厳しくなるのを見て、綺音はどきどきしてきた。


 ──なにか、粗相をしてたっけ?


 演奏のミスだろうか。

 それとも、姿勢のことだろうか。


「……転校生って、男の子だったのか」

 見終わって、眉間にしわを寄せて、集一が呟いた。


「そうよ。蔵持 晶人くんっていうの」


 苦々しい声が続く。

「……これは、ここで練習したのか」

「うん。ピアノ室で」


 むっつり、といった表情の父に、綺音は少しビクつきながら答える。

 何がお気に召さなかったのだろう。


 結架が忍び笑いを もらしながら、

「綺音も、もう、中学二年生よ。ボーイフレンドくらい、連れてきますわ。それに、男の子なら、奏くんもそうではありませんの」


「奏くんは幼馴染みだからね」

 難しい顔で集一が答える。


「……パーパ?」

「うん?」

「晶人くん、連れてきちゃ、ダメだった……?」

 しょぼん、と音が鳴りそうな綺音の様子に、集一は慌てて言った。


「いや、そんなことはないさ、綺音。友だちが多いのは、よいことだ。音楽をともに分かち合えるなら、なおよい」


 その言葉に、綺音の表情がぱっと華やぐ。

「そっか。そうだよね、パーパ! わたしの友だち、みんな音楽が大好きなの。知識や技術はなくても、心は音楽を求めてる。皆がそうなんて、凄いことだよね」


「そうだね。音楽を求めるのに、知識や技術は必ずしも必要ではない。歌が好きなら、たくさん歌う。それが習練になる。そうすれば、自ずと上達するものだ。耳も自然と肥えるだろう」

「うん!」


 集一が綺音の頭を撫でる。その手を嬉しそうに、綺音は受け入れた。彼女がこれを許すのは、父親にだけだ。それが、集一には喜ばしい。


 ──そうだ。まだ、男女交際なんて、早すぎる。


 集一は心の底からそう思った。


 結架と出逢ったのは、いまの綺音と同じくらいの年のときだ。しかし、交流は短かった。突然に逢うことも途絶え、大人になって自分の力で共演を果たすまで、ずっと、無自覚ながらも、ただ耐えた。


 けれど、解ってもいる。

 こんなに早くから、たったひとりに魅せられることもあるのだということを。


 身をもって知っている。

 こんなにも長く、たったひとりだけを求めつづけることもあるのだということを。


 綺音は、そんな自分の娘だ。


 血を、ひいているのかもしれない。


「……ねえ、パーパ」


 綺音が大きな目を向けてくるのに、集一はどきりとした。

 その表情は、結架にも似ている。顔立ちは自分と似ているのに、時折見せる表情は、母親のそれだった。


「なんだい」

「マンマと出逢ったのって、綺音くらいの年の頃だったんでしょう? すぐに好きになったの?」

 瞬間。

 集一は噎せた。


「あら、大変」

 結架がカップを集一に手渡す。美弦が紅茶を咽喉に流しこむ彼の背中をさすった。

「……ああ、ありがとう、ふたりとも」


 集一の咽喉は、すぐに快復した。

「パーパ」


 落ちついた声で、集一は応える。

「……まだまだ、綺音には早いと思ってきたけれどな」

「もう、立派なレディよ、集一」

 結架が首を傾けて、微笑んだ。


「そうだな」


 集一が、カップをソーサーの上に置く。


「……美弦には、退屈じゃないか?」


 すると、結架そっくりの瞳が集一を見上げた。


「全然。僕も、聞いてみたいと思ってたもの」


 集一は小さく笑った。

「そうか」


 目を閉じて、過去に心を飛ばす。

 音楽に浸る生活に胸を躍らせていた、あのころ。

 ようやく叶えられた、入りたかった世界に足を踏み入れて、幸せをかみしめていた。

 結架に出逢ったのは、そんなときだった。


「……きみたちのお祖父さんというひとは、本当に独断的でね。おまけに頑固だ。僕はどれだけ進みたい道を邪魔されてきたことか。まあ、僕も頑固だから、負けはしなかったが」


 その話は、過去に1、2度、聞いている。

 自分たちに甘い祖父が、父には厳しかったのかと、綺音も美弦も、とても驚いたものだ。


「あの、ヴェネツィア行きは、奇跡のようなものだった。まわりの皆が説得してくれてね。一度、音楽の世界の厳しさを体験させてみればいいと。彼は、芽が出ない方に賭けたんだろう。なんとか許されて、音楽院に入学した。ただし、特別クラスに期間限定で」


 そして、集一は結架と出逢った。

 それは、とても幸福な偶然だった。


 レッスンを終えた集一が音楽院内を歩いていたところ、結架の歌声が耳に入り、足を止めたのだ。そして、それを結架の師が見つけてくれた。


「……スカルパ教授は、行き届いた教師だった。学術的にも、精神的にも、僕らを導いてくれた」


 歌いながらチェンバロを弾く結架の歌に声を重ねることで、集一はその存在を、音楽を、彼女に刻んでいった。

 そして、その二重唱で、響き合わせることの歓びと苦難を知ったのだ。


「──でも、逢えなくなったんでしょう?」

「どうして? マンマに振られたの?」


 子どもたちの質問に、集一は苦笑する。

「そうだね。結架の音楽に、一度は振られたのかもしれない」

 結架は黙って集一の話すのを聞いている。

 綺音は結架を見た。


「マンマ、本当?」

 結架は、痛みをこらえるように微笑んだ。

「わたしには、そんなつもりはなかったのだけれどね。でも、結果的には、そうなってしまったわ」

「どういうこと?」


「集一の音楽にとって、わたしは妨げとなる。そう思ったの。だから、遠ざけたわ。護りたかったのよ、誰からも、何からも」


「どうして? 恋が音楽の邪魔になるの?」


「……あのときの僕らにはね」


 釈然としない綺音だったが、両親はそれ以上、説明しなかった。


「そうして大人になるまで、僕らは離れ離れになった」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます