第26話 関係の進展とオムライス

 夕方にさしかかったころ。

 だいぶ、皆のリズムが揃ってきた。


「今日はここまでにしようか」


 奏が言うと、少女たちは揃って頷いた。。


「あれ、もう?」


 綺音が無邪気に問う。

 少女たちは呆れた。


「疲れてないの、綺音?」


 しかし、彼女は夕食のことを考えていた。晶人に手料理を食べてもらえる。それも、それを彼が望んでいる。

 歓びがわきあがり、疲労を消し去る。


「全然」

「……さすがコンクール連続優勝者。練習量が違うのね」

 真理絵が呟く。

「いやぁ、それほどでもぉ」

「照れんでよろしい」

「うはっ」

「……じゃあ、そろそろ切りあげようか」

 晶人の言葉に、全員が頷いた。


「あ~、腕が痛いー」

「私は腕がだるいな」

「手のひらが痛いわ」


 口々に疲労を訴える。

 あはは、と綺音は笑った。


「お疲れさま。どうする? お茶でも飲んでく?」


 そう言いながらも、綺音は正直、はやくみんな帰らないかな、と思っていた。そろそろ調理に入りたい。

 それが通じたのか。

「ありがと。でも、もうそろそろ帰らなきゃ」

「そうだね。明日は学校だし」

「じゃあ、今日は解散ってことで」

 部長宣言。


 椅子を片づけると、綺音は皆を玄関まで見送りに出た。


「あれ? 晶人くんは帰らないの?」

 靴を履かない晶人に、美月が声をかける。


「ああ。僕は、まだ約束があるから」

 えっ、と皆は目を見開く。


「そう。約束があって」

 にっこりと笑む綺音に、誰も何も言えなかった。


 奏は顔の筋肉が強ばるのを感じたが、どうすることもできない。


 いや、落ちつけ、と、彼は思った。

 綺音のことだ。

 まだ、練習したいと言い張ったのかもしれない。


 そうすると、晶人はここで夕食を摂るのだろう。いつも、奏だけが享受してきた幸福を、彼も受ける。

 胸が痛んだ。


 しかし、綺音は無邪気に、

「わたしのオムライスを食べてもらうんだ」

 衝撃が、皆のあいだを走った。

「……いつのまに、そんなに仲良くなったの」

 咲子が小さく問う。

 綺音は首を傾げた。

「そりゃ、一緒に演奏してれば仲良くなるよ? ね、晶人くん」

「そうだね」

 やわらかな微笑をたたえて晶人が答える。


 奏の胸の痛みは、表情を歪ませそうなほどになった。


「皆にも今度、御馳走してあげる。けど、いくらなんでも全員分をつくるのは、ちょっと大変すぎて無理だから、順番にね」


 奏の心痛にはまったく気づくことなく、綺音は朗らかにそう言った。

「うわ、楽しみ」

 美月も無邪気だ。

 真理絵と咲子は顔を見合わせた。ふたりは奏の気持ちを察し、なにも言えないでいる。


「……じゃあ、失礼しようか、皆」

 なんとか奏はそう言った。

「う、うん」

「そだね」

「うん。邪魔しちゃ悪いしね」

 美月の言葉が奏の胸に突き刺さる。


 ──美月ちゃぁん。容赦ない……!

 咲子などはそう思って身震いしたが、やはり口に出しては言えなかった。


 そうして4人が帰っていくと、綺音はキッチンにひとりでこもり、晶人は結架と美弦とともにトランプに興じた。


 結架は手伝おうかと申し出たのだが、綺音が気位たかく拒んだのだ。すべて自分1人で作りあげてみせる、と。

 ババ抜き、7ならべ、豚のしっぽ、神経衰弱、とゲームが進んでいく。そして、もう一度ババ抜きをしようと美弦が言ったとき。綺音が居間にやってきた。


「できたわよ」


 得意げに宣言する。


 食堂に行くと、オムライス、エビとアボカドのサラダ、野菜たっぷりミネストローネが並んでいた。


 オムライスは、薄焼き卵でチキンライスを綺麗につつんだタイプのものだ。


 思ったよりも、仕上がりが美しいのに、晶人が感嘆の息をもらす。


「すごい。本当にひとりで作ったんだよね」

 えっへん、と言いたげに、綺音は背を反らした。

「もちろん」


 ケチャップで全員のオムライスにハートを描いてある。

 そのハートの意味に気がついた結架は微笑んだ。しかし、口に出しては何も言わない。かわりに言ったのは、


「随分、頑張ったわね、綺音。この短時間で、これだけ仕上げるのは、大変だったでしょう?」

 綺音は得意げな声で「そうでもないわ、マンマ」と答えた。


「美味しそうだね」

「そうだね」


 美弦と晶人がテーブルに近づく。

 結架もそのあとにつづいた。


「ごはんはマンマが炊いておいてくれたから、そんなに待たせなくてすんだわ。ありがとう、マンマ」


「あら、いいのよ。そのくらい」


 母娘は微笑み合う。


 美弦がさっそく席について、ナプキンを膝に広げた。


「じゃあ、あたたかいうちにいただこうよ」


 三人は美弦に同意し、席に着いた。


「いただきます」

「いただきます」

「いただきまぁす」


 4人は食卓を囲んで、スプーンを手にした。

 一口、頬張って、

「美味しい」

「ほんと!?」

 晶人の一言に、綺音の両眼が輝く。その光は彗星よりも強かった。


「本当に美味しいよ」

 頬を染めて、綺音は微笑う。

 その笑顔を見て、結架も美弦も微笑んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます