第24話 意外なエピソード

 結架お手製のラザーニャは、とても美味しかった。

 ジューシーなミートソースに、コクのあるホワイトソース。柔らかく、しかし絶妙な歯ごたえを残したパスタ。


「美味しいです」

 連発する晶人に、結架の微笑みが柔らかく向けられる。


 美弦の作ったサラダも、姉弟が言っていたとおり、さっくりとしたロマネスコがいい歯ごたえで、オリーブオイルと塩だけの味つけながら、生ハムとブラックオリーブのコクが効いていて、とても美味しかった。


 綺音が手伝ったという枝豆の冷製ポタージュも、上品な味つけで、豆が苦手な晶人にも、意外なほどに美味しい。


 晶人は見ていて気持ちがいいほど、ぺろりとたいらげた。


「……皆さん、料理上手なんですね」


「家族共通の趣味みたいなものよね。綺音も美弦もよく手伝ってくれて、助かるわ」

 結架がミネラルウォーターを口にしながら、微笑む。

 この家では、食事時、必ずミネラルウォーターを飲む。料理の味を楽しむためだ。そして、食後は集一と美弦の希望で紅茶を飲むのである。和食のときは集一のこだわりの日本茶のときもあるが。


「綺音なんて、ストレスがたまると魚をさばきたがるよね」

 何気ない美弦の言葉に、綺音は慌てふためいた。思わず声が揺れてしまう。

「みっ、美弦! それ、セグレート!」

「あ、ごめん。内緒だった?」

 猟奇的な話じゃん、と、綺音は泣きたくなった。

 ストレスを魚にぶつけるみたいで、印象が悪い。

 しかし、晶人が小さな声を立てて笑ったので、頬を赤らめながらも、綺音はそれ以上、美弦に何も言わなかった。


「意外ですね。綺音さんが魚をさばくなんて」

 結架が手を組んで、

「そう? 私のほうが苦手なのよ。綺音は上手に三枚おろしもこなすわ。本当に助かるの」


「うちでは、切り身で買ったことないよね。全部、綺音が綺麗におろしてくれるから」

「大きな魚以外はね」

「鱗をとるのも苦手ね」

「苦手っていうより、短気だからね。面倒なんでしょう? いつも、僕がやってるもん」

「美弦ぅ。それも、セグレートぉ」


 ──晶人くんの前で、マイナス要素の話はしないでよう。

 しかし、晶人は楽しげにしている。

 綺音は複雑な気分を抱えて、水をぐびぐびと飲んだ。


「マンマが仕事でいないときは、相馬の小母さんが料理してくれていたんですけど、綺音もときどき、オムライスを作ってくれましたね」

 遠い目をして、美弦が水に口をつける。


 オムライス。


 それは、小さいころから綺音の大好物であり、得意料理でもあった。

 相馬の小母さんに教えてもらった、料理。

「そうね。オムライスだけは、私のものより綺音のものを美弦も好きだったわね」

 ふふふ、と結架が笑う。それは嬉しそうに。


 綺音は首を傾げて言った。

「オムライスだけはねぇ。食べなれちゃったのかな?」

「綺音が作ってくれるときは、いつもオムライスだったね」

 姉弟が思い出に浸る。


 晶人は、つい、言葉を漏らしていた。


「いつか、僕にも食べさせてほしいです」


 綺音が目を見開く。

 かあっと、その頬が紅潮した。


「あら、じゃあ、今晩、いかが? ね、綺音」

 おおらかに結架が言う。

「えっ、えっ?」

 くすくすと美弦が笑いだした。

「僕も久しぶりに食べたいな。綺音、どう?」

 滅多にない綺音のもじもじしたところを見られて、結架も美弦も忍び笑いをこぼす。


「ええと……い、いいよ?」

「じゃあ、帰りは、相馬さんに送ってもらいましょうね。遅くなってしまうから」

「すみません。よろしくお願いします」

 妙に遠慮をしない晶人は、するりするりと懐に入りこむ。


 綺音は頬をあおいだ。


 ──料理を食べさせてくれだなんて、まるで……。


 プロポーズみたい。


 にへらっと綺音は笑む。


 それを見た美弦が、声を出さずに笑った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます