第19話 お願い、部長!

 曲目が決まってきたところで、練習の話になった。


「学校でやれば? 皆で通して練習する必要も あるんだし」


 奏が言ったが、晶人は首を横に振った。


「新入生たちに、耳新しい音楽を聴かせたいのだろう? 学校で練習したら、皆に聴かれてしまうよ」


「じゃあ、どうするの?」


 美月が答えを想像しながら問う。


「ここをお借りできないかな」


 やっぱり、と奏と美月は思った。


「うち?」

 綺音が無邪気に喜ぶ。

「いいよ。音楽堂でレッスンするのと同じだもん。西澤先生にも聴いてもらえるだろうし」


 奏は頬が強ばるのを感じたが、どうにもできなかった。

 嬉しがる綺音の輝く笑みに、雲を飛ばすようなものだ。明るい笑みに影が差すところは、見たくなかった。


「西澤先生?」


 晶人の問いに、綺音は頷く。

「わたしのヴァイオリンの先生。室内楽のレッスンもしてるから、今回の練習の先生としてはテキニンだと思うわ」

「それは、ありがたいね」

「うん!」


 微笑み合う綺音と晶人に、奏の胸が縮む。こんなに心の狭い人間だったろうか、と彼は自嘲した。綺音を独占してきた今までが特殊だったのだ、と自分に言い聞かせる。


 恋人でもないのに。

 家族でもないのに。


 ぱん、と美月が手を鳴らしたのに、奏は我に返った。


 彼女は綺音と晶人に向かって指示をだす。

「じゃあ、いくつか練習しておいてね。アンコールもあるかもしれないから、準備しておくように!」


「ええ? あるかなぁ、アンコール」

 美月は澄まして答える。

「藤田にさせるわよ」

「うわぁ。策士だぁー」

 珍しく、咲子が明るくおどけた。その調子っぱずれな音程に、思わず綺音は笑いだす。つられて皆も笑った。奏も、咲子も笑う。


「じゃあ、アンコール曲も決めないとね」


 綺音の視線に、晶人が頷いた。


 その優しい笑みに、綺音はどきりとする。


 ──好き。


 唐突に、そう思った。

 この笑顔を、もっと見ていたい。

 ずっと近くで。

 ずっと自分だけが。


 そんな気持ちは、はじめて抱く。

 綺音は頬が火照って、思わず手のひらで顔をあおいだ。


「そういえば、さっきの歌曲は? あれ、いい曲だよねぇ」


 咲子が頬杖をついて、皆を見回す。奏が小さく吐息を放ち、

「残念だけど、曲として長いんだ。短く編曲するのも難しいから、『若草祭』では諦めたほうが無難だよ」


 綺音も晶人も頷く。

「わたし、あの曲を短くはしたくない」

「たしかに残念だけど、相応しくないだろうね」


「じゃあ、さっきの曲は全部、却下ってわけね。仕方ないか。やっぱり、アンコール曲だからって、長くは出来ないものね。他の部の発表を邪魔するわけにはいかないもの」

 美月が腕を組んで言う。


「たしかに」

「そうだね」

「そうなると、一分弱の曲がいいだろうね」


 コンパクトディスクのジャケットを見ながら、奏が呟いた。

「ある? そんな、都合のいい曲」

「んー、クライスラーの、『美しきロスマリン』は?」

 言いながらも、あまり気乗りしていない、奏の声。


 綺音が首を横に振った。

「ダメ。アンコールなのに、盛り上がりに欠ける。手拍子してもらえるような曲がいいよ。『チャールダーシュ』みたいに」

「そっか、そうだよな」

「じゃあ、どっちかかなぁー」


 真理絵がディスクを両手で見比べながら、ひとり言のように言う。

「え? どれどれ?」

「12のバガテル、作品13。第9番。『蜜蜂』」


 真理絵からディスクを受けとった奏が、プレイヤーにそれを入れて曲を流す。

 素早い動きの羽音を思わせる音型が流れた。


「……これぇ?」


 綺音が、つまらなそうに言う。

 たしかに技巧的で、弾く分には面白そうだ。しかし、クラシック音楽に身近でない生徒に訴えかけるには、すこし弱い気がする。迫力がいまひとつというか、物足りないというか。


「いや、難しい曲だとは思うけど、手拍子くるかな。もっとノリのいい曲がいい」

 真理絵と美月が顔を見合わせて苦笑する。

「まあ、綺音からしたら、そうだよね」

「じゃあ、こっちかな」


 真理絵がもう一枚のディスクを奏に渡す。

「八曲目ね」

「うん」


 再生ボタンを押した途端、綺音の目が輝いた。


「これがいい」


 やっぱり、と真理絵が笑う。


「ちょっと長くなっちゃうんだけどね。手拍子ももらえそうだし、私たちもタンバリンやカスタネットで参加できそうだし、いいんじゃないかな」

「部活紹介を手短にすれば、アンコールの分も時間はとれるよね」

「どうかな、部長」


 咲子、奏が美月を見やる。


「うーん」


 美月は少しのあいだ、考えた。


「……美月ちゃん。お願いっ」


 両手を合わせた綺音が拝む。

 再生されている音楽が高まっていく。目を閉じて考え込んでいた美月が、ぱちりと目を開いた。


「ん~……まぁ、そういうことならっ」

 ぽん、と綺音の肩を叩く。


「そうね。一曲くらい、あたしたちも参加できた方がいいもんね! この曲にしましょう、アンコール!」


 一気に綺音の表情が華やぐ。


「うわぁ、本当! やったぁ!」

 喜ぶ綺音を奏も晶人も微笑んで見守ったが、真理絵と咲子はちらり、と視線を交わしあった。


 ──でも、それって全員、練習の負担が増えるってことだよね。


 奏も美月も、それについては気がついていないようだった。まだ、今は。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます