転校生とオーディション

第10話 厭な予感と高い理想

 その日。


 奏は朝から不穏な空気を感じていた。


 厭な予感とでもいえばいいのか。


 奏のカンは、よく当たる。

 以前にも、なんとなく不安を感じて綺音の家に行ったとき、誘拐されかけていた美弦の泣き声を聞きつけることができたのだ。


 奏は隣を歩く綺音を見た。


 数日前から、彼女は機嫌が悪い。


 どうも西澤から現代音楽の課題を出されたことがその原因のようだ。伴奏もない、ヴァイオリン独奏曲。彼女は、その曲がお気に召さないようで、ここを重音にする意味がわからない、とか、ここで三拍も無音にする意図がくめない、とか、ぶつぶつと文句を繰りだしていた。


 優美で華やかな曲を好む彼女からすれば、とても骨ばった、つまらない曲に思えるのだろう。前衛的な曲を、むしろ彼女は嫌う。ぶつ切りで血なまぐさい、というのだ。


「綺音」

 まだ学校は遠い。

「なに、奏ちゃん」


「学校に着くまで、ぼくから離れちゃダメだよ」


 真剣な表情と声に、綺音は驚いたが、彼のカンがよくあたることを知っているので、異論なく頷いた。

「うん。ただ、いつも、そうしてるでしょ」


 奏は少しばかり脱力した。


「いやいやいや、綺音さんは猫を見ると、勝手に駆けだしちゃうでしょ」


 綺音の頬が染まる。


「だってぇ。可愛いんだもん。うち、動物は飼えないし」


 楽器が傷むからだ。

 動物の爪と牙だけでなく、毛も恐ろしい。

 それは、奏の家も同じだ。


「うん、だから、今日は駄目だよ」


「わかった」


 そうして緊張しながら登校した。


 学校に着くと、ようやく安堵する。


「おはよー、綺音、奏くん」

 クラスメイトの咲子と昇降口で会った。


 肩までの黒髪に、まだ小学生かと思うほどの幼げな顔立ちをしている。そう思うのは、彼女の身長が低いせいもあるだろうが。


「おはよ、咲子ちゃん」

「おはよう、中村さん」


 上履きに履き替えていると、後ろから声がした。

「あ、おはよぉー、綺音、奏くん、咲子!」

「おはよ、美月ちゃん」

 既に鞄を教室に置いてきているらしい、てぶらの少女がやってきた。長い黒髪をひとつに束ね、なかなか整った顔立ちをしている。綺音がいなければ、学校一の美少女だろう。


「おはよう、日比野ひびのさん」

「おはよー、美月」


 女子に囲まれるのも、奏は慣れている。

 そのまま四人で教室に向かった。


「ねえ、知ってる?」


 道すがら、美月が楽しげに訊いてきた。


「今日、転校生が来るんだって」


 咲子が首を傾げた。

「なんか、時期外れ」

「そうね。でも、期待して。すっごい美形の男の子だってさ」

 咲子が息をのむ。


「えー、なんで知ってるの?」

「職員室、ちょっとした騒ぎになってたよ。みっちゃん先生や、さやか先生、高見せんせまで、るんるんだったって」


「誰が言ってたの?」


 綺音の問いに、美月が笑って答える。


知臣ともおみくん」


 美月の従兄である、浜崎はまさき知臣は、この学校の国語の教師である。まだ教師になって3年目だ。


「知臣くんから見ても、すごい美少年だったって。美弦くんがいたら、いい勝負になるだろうって言ってたよ」


 綺音たちは中学2年生。美弦はまだ小学6年生だ。当然、学校が違う。しかし、両親が長期不在になるときは姉を迎えに来る美弦は、既にこの学校内でも有名人だ。大人びて、紳士的な態度をとる美弦には、女子中学生のファンも多い。


 その美弦と、いい勝負になるだろう、少年。


 奏は厭な予感が具体性をもってくるのを感じた。

「ふ~ん」


 気のない返事をしつつも、綺音の両眼がきらきらしている。


 彼女は美男美女の両親が憧れで、かなりの面食いだ。


 父親と同じレベルの男でなければ相手にしない、と、明言している。


 奏が想いを抱えたまま秘密にしている理由の一つである。


「まあ、見た目だけじゃね」

「それが、成績もいいみたい。まえの学校では、テストでいつもトップだったんだって。スポーツはあんまりみたいだけど、ピアノの腕前も美弦くん級らしいよ」


「美弦と? じゃあ、コンクールで会ってるかも」


 綺音の顔色が変わる。


「かもね。隣の県から引っ越してきたみたいだから」


 教室に着く。

 綺音の席は、奏よりも後ろだ。窓際の一番端。隣に誰もいない環境をフルに生かして、彼女は退屈な授業のとき、楽譜を読んで過ごしている。


 綺音はヴァイオリンをロッカーにしまうと、鞄から教科書とノートを机にしまい、席に着いた。もうすぐ朝礼だ。


 前の席に着いた美月が、振りかえって、にやりと笑った。


「よかったじゃん、綺音。きっと、美少年転校生は綺音の隣の席になるぞぉ」


 綺音は大きな目をさらに見開いた。


「ええっ?」

「あ~、羨ましい。あたしの隣なんて、藤田ふじただもん」

「悪かったな~」

 隣の席の少年が、ぶすっとして話に入ってくる。

 そうはいっても、誰に対してもフレンドリーな美月は、この少年とも気軽に話ができる。


「ごめん、ごっめん。美弦くん級の美少年と比べちゃ、いかんよね~」

「えっ、なに、榊原さかきばらさんの弟級の美少年? なにそれ。それって女子全員の支配者がくるってことじゃね?」

「アホか。支配されるわけないっしょ」

「ちょっと女子を馬鹿にしすぎかなぁ、藤田くん」


 盛りあがっているところに、奏が近づいてきた。


「おはよう、藤田」

「おう、代崎しろさき

「聞いたか、美少年転校生だってよ」

「うん。ぼくらの受難の時代の始まりのようだね」


 藤田がにやりと笑う。

「まあ、いいんじゃね。うちの学校には、美少女はいても美少年はいなかったもんな。榊原さんの弟も、入学してくるまで一年近くあるだろ」


「余裕じゃない、藤田くん」


「まぁな」


「こいつ、彼女いるから」


 綺音と奏は美月の言葉に驚いた。


「ええーっ、彼女いるの、藤田くん!」

「おまえ、そうだったの!?」


 すると、彼は得意げな表情を作った。両肘で体を支え、のけぞってみせる。


「へへん。同じ小学校から上がってきたからな。登下校も一緒だぜ。ていうか、気がつかなかったん?」


「しらなーい。いがーい。信じられなーい」


 無邪気な綺音の言葉に、藤田が苦笑する。


「失礼なやつだなぁ、いつもながら。それより、お前らこそ付きあってるんじゃないのかよ。毎朝毎夕、一緒だろ」


「あ、それ、あたしも気になってた」


 美月も身を乗り出す。

 けらけらと綺音が笑った。


「ない、ない。奏ちゃんは兄妹みたいなもんだもん。一応、しっかりしてるから、兄として見てあげるかーって感じ。お世話になってるからねぇ」


 笑みを浮かべながらも、奏はしっかり傷ついた。

 ──そんなに明るくキッパリ否定しなくても。


「そうなの?」

「うん。美弦とセット」

 そう言って、可愛らしく笑む。

「そんなこといって、傍にいないとダメな人って、恋人になったりするもんよ?」


 美月が人差し指を立てたが、綺音は眉を顰めた。


「やめてよー。綺音はパーパぐらいの人じゃないとイヤ。奏ちゃんはヴァイオリンでは合格だけど、パーパには遠く及ばないもんっ。それに、奏ちゃんには好きな人、いるみたいだよ?」


「えっ」

「えっ」

「えっ」


 三人の声が重なった。


「は?」

「は?」

「いや……」


 綺音はどこまでも無邪気だ。

「ね? 奏ちゃん。そー言ってたもんね」

 にこにこと訊いてくる。


 美月が気の毒そうな目で、藤田は憐れむような目で、奏を見つめてきた。


(ていうか、それ、綺音のことなんじゃ……)


 美月は喉まで出かかった言葉をのみこむ。


「……まあ、わかる。綺音のお父さん、信じられないくらい超絶かっこいいもんね。あんなひとが四六時中傍にいたら、理想も高くなるもんだわ。まあ、お母さんもスーパーウルトラ美人だけどね」

「え、そうなのか?」


「そっか。藤田は別の小学校だもんね。すっごいんだよ、綺音んちの家族。全員、絶世の美男美女。授業参観で皆、ざわめく、ざわめく。美弦くんなんか、お母さんとウリ二つ」


 それを聞いて、藤田が興奮した。


「まじか。あの顔の母!」


「そう。美しすぎでしょ? 綺音はどっちかっていうと、お父さん似よね。それでも充分美しいか」


「まーね」


「少しは謙遜せんか!」


「だって、ウソつけないもん」


 けろり、と綺音が嘯く。


 3人は苦笑した。


「……とにかく、綺音は理想が高いのよね。噂の美少年転校生が、どのくらい健闘するか、楽しみね」


 奏の厭な予感は、高まるばかりだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます