第5話 寂しい夜にはチョコレートを

「あ、そういえば、おじさんは?」


 デミグラスソースの付いた口を拭い、奏が訊くと、結架が小さく微笑んだ。すこし寂しげな笑みだ。


「あら、綺音から聞いていなかった? 昨日から、アメリカに行っているのよ。」

「そう、そう。パーパのことは言ってなかった。ボストンだっけ? マンマ」

 ロールパンをちぎりながら、綺音が訊く。

「それと、シカゴとニューヨークよ」

「帰ってくるのは、3週間後だよね」


 早々と食べ終えた美弦が、大好きな紅茶を手に、おっとりと言う。


黒っぽい茶色の髪が、さらさらと揺れた。姉のカールした髪とは全く違う毛の質だ。


 結架が空になった美弦のカップに紅茶を注ぐ。


「そうね。長いわね」

 ため息をつく結架を前に、3人は顔を見合わせる。


「大丈夫よ、マンマ。パーパのことだから、しょっちゅうメールを送ってくれるわ」

「電話もあると思うな」

「3週間なんて、あっという間ですよ」


 かわるがわる言葉をかけると、結架は大きな目を細めて笑顔になった。


「ありがとう、3人とも」


 そして、奏の母から渡されたという彼女お手製のロールパンを山盛りにした籠を手に、

「みんな、お代わりは?」

 3人は、いっせいに、首を横に振った。

 既に3人とも、腹八分目を越えている。奏などは、ハンバーグを3つ、スープを2杯、サラダを1皿、ロールパンを4つも食べているのだ。完全に満腹だった。


「あら、そう?」

 細い身体でハンバーグを3つ、スープを2杯、サラダを大皿で1皿、ロールパンを6つ食べ終わっている結架が小首をかしげる。彼女の燃費はどうなっているのだろうかと、奏は疑問に思った。


 食欲も結架似の美弦だが、さすがにもう一口も入らないようで、小さな空気を口から吐きだした。


「そうそう。百合香さんから、アップルパイもいただいたのよ」

 3人は、もう一度、顔を見合わせた。


「マ……マンマ! わたし、アップルパイは明日に食べたいわ!」

「あら、そうなの?」

「西澤先生の大好物だから、明日、一緒にいただきましょう」

 奏が援護する。

 結架が無垢な笑顔を浮かべた。


「そういえば、そうね。じゃあ、そうしましょう。バニラアイスを用意しておくわ。となると、今日のデザートは、ソルベでいいかしら? ラズベリーがあるわ。それと、ピスタチオのアイスクリームも」

 まずい、と綺音と奏は焦る。

 すると、紅茶をなんとか流しこんだ美弦が穏やかに言った。


「僕、お風呂上りに食べたい」


 その言葉に、2人も飛びついた。とにかく今は、もう水もお腹に入りそうにない。


「それ、いいわね!」

「ぼくも、そうしたいです」


 追随した姉と幼馴染みにちらりと視線をよこした美弦が、沈黙して母親を見上げる。

 ロールパンの籠を手にしたまま、結架は答えた。

「わかったわ。そのころに用意するわね。じゃあ、さきに宿題を済ませてしまいましょうか」


 綺音の表情が翳ったが、奏が笑いかけたので、その強ばりはうっすらとなった。


 綺音が立ち上がり、皿をもちあげる。

「あら、いいのよ。片づけは、私がするわ」

「じゃあ、キッチンに運ぶだけ」

 広い食堂を横ぎり、綺音がキッチンに向かう。同じように皿を持って、奏と美弦も続いた。


「あー、危なかったわ」

「毎日、こんな感じなんだっけ」

「うん。マンマのごはん食べなさい攻撃。もう慣れたけどね。毎朝毎夕だもの」

「大変だな」

「最近、マンマの食欲が以前まえより凄いのよ。だからかな、わたしたちにも、もっと食べなさいって」


 小さくため息をついた、その響きに、奏はどくりとする。


 小声でこそこそと話していると、後ろから手押し車ワゴンを押して結架がキッチンに入ってきた。

「シンクに置いておいてくれればいいわよ」

「はぁい」

「はい」


 慌てて内緒話を中断する。


 細い指さきでパセリを皿から摘まみ上げ、綺音が生ごみポットにそれを落とす。彼女は食べ物の好き嫌いが多い。パセリはビニールのようで厭なのだそうだ。


 対照的に何でも食べる美弦は、空の皿をシンクの中に置いた。軽く水をかけて、汚れをざっと落とす。


「奏、お皿ちょうだい」

「お、ありがとう」

 美弦が奏の分の皿にも水をかけた。


「マンマ。僕、宿題ないから、洗い物やるよ」

 既にスポンジを手にした美弦が言う。

 結架が嬉しそうに微笑んだ。

「まあ、ありがとう、美弦。それなら、お願いするわね」


 美弦は家族思いだ。

 いつも、家族の誰かのために何かをしようとする。

 すこし不器用な綺音のために、ヴァイオリンの弦の張り替えもマスターしたほどだ。父親のために、オーボエのリード作りもこなす。


 その綺音は、奏とともに宿題をするため、大きな机のある楽譜庫へと向かった。

「休んでて、マンマ」


 そう言ってから、美弦はスポンジに洗剤を含ませた。この家は食洗機を置いていない。食器乾燥機はあるが。それは、結架の主義だった。

 さすがに結架は首を横に振る。


「ありがとう。でも、ソルベの準備をするわね」

 棚からラングドシャーの箱を取り出し、調理台の上に置く。そして、食器棚から白いデザートプレートを出してきて、冷凍庫の中に入れた。ソルベをすくうためのスプーンも、ラップフィルムに包んで一緒に冷凍庫に入れる。柄の部分が木製なので、使うときに手を傷める心配はないだろう。


 そして、夫のコレクションが並ぶ大きな紅茶の収納庫を開けた。アメリカに出発する前に封を開けたばかりのセイロンティーがいいだろうか。それとも、ダージリンだろうか。迷った結架が美弦に声をかけると、彼は短く即答した。


「ケニルワース。ストレートで」


 紅茶については、父親からいろいろと講釈を受けている美弦のことだ。ラズベリーとピスタチオのソルベに合うだろう。


 結架はポットとティーカップをセッティングしながら、夫のことを思いだした。どうしても銘柄を決められないときは、セイロンにするといい。彼は、そう言っていた。


「マンマ」


 美弦が濯いだ皿を手にして呼びかけてきた。


「水の用意は、僕がするから」


 空気をたくさん含んだ水が紅茶には適している。彼は、父親が常備している白神山地の水が好きだが、そのボトリングされた水では、空気の含有量が足りないと言い張る。そこで、ボトルを振って空気を含ませる作業をするのだ。それは、美弦の気が済むまで。


 結架は頷いた。

「ええ、よろしくね」

「うん」


 最後のグラスを洗い終えて、食器乾燥機にセットしてスイッチをオンにする。手をタオルで拭うと、美弦はチョコレートを選んでいる結架の隣に立った。


「ホワイトチョコレートがいい」

「そうね。ホワイトチョコレートが合うわね」


 板チョコレートを溶かす準備と、絞り袋の用意をする。

「刻む?」

「ええ。粗めでもいいかしらね」

「お湯を沸かすね」

「まあ、ありがとう」


 ガスコンロに鍋をかけて、火をつける。

 美弦は火加減を見ると、満足げに微笑んだ。


「僕も刻みたい」


 ホワイトチョコレートをナイフで刻む結架に、美弦がせがんだ。


「二人でやれば、早いわね」


 小さなナイフとカッティングボードを戸棚から出してきて、結架はチョコレートの塊とともに渡した。

 しばらく二人でチョコレートを刻む。二人とも、無言になった。


「できた」


 先に終えていた結架がお湯の温度を測っていると、クッキングペーパーの上にチョコレートを集めた美弦が声をかけた。


「マンマ。ボウルに入れるよ」

「ええ、いいわ」


 結架はお湯を張った大きなボウルを調理台に運ぶ。そこに、別のボウルに入れた三分の二の量のチョコレートを美弦が持ってきた。ボウルを重ね、チョコレートをあたためて溶かす。湯気や水蒸気が入らないように注意しながら、チョコレートをへらで混ぜていく。結架がその作業をしているあいだに、美弦がさらに別の大きなボウルに氷水を用意した。


「ありがとう」

 チョコレートが四五度になったところで、結架は湯せんを外し、残りのチョコレートを加え、空気を含ませないように混ぜていく。なめらかでダマのなくなった状態になるよう混ぜながら、温度計の表示が下がっていくのを見つめる。美弦の用意した氷水にチョコレートのボウルをつけて、二六度になるまで冷やした。


 この作業は、チョコレートの艶と濃度を一定に保つために必要な工程で、テンパリングという。


 結架のもとに、美弦が大理石のカッティングボードとパレットナイフを持ってきた。それを受けとり、結架はチョコレートをすくってみた。しばらくおいてしっかり固まるのを見届け、結架は頷く。


「うまくいったわ」


 大理石のカッティングボードの上にクッキングシートを広げ、絞り袋に入れたチョコレートを流して模様を描いていく。ソルベの飾りにするのだ。円形に絞りだしたチョコレートは、台座にする。結架が器用に絞りだすのを美弦はキラキラした瞳で見つめた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます