ひとりごと

作者 新樫 樹

雨のきみ」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 作品にコメントをいただくと、こんな気持ちになります。

    作者からの返信

    来冬さん、いつもありがとうございます。
    ようやく自分の中でひとつだけ前に進めました。
    近日、とても拙いお便りが届くと思いますが、どうか笑ってお受け取り下さい。

    2019年3月22日 11:43

  • 雨が喜んでいます。きっと。雨音はさざめく笑い声。
    そうか、さっきね、雨雲君がジョウロ持ってたんです。
    何するのかなーって思ったら、誰かにめがけて雨を降らせているの。
    きっとね、君の雨は、ぼくの雨。って思わせちゃう魔法。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    あまねさん、ですか?
    あまおとちゃん、でしょうか?
    ふるねくん、かな。
    六月さんのイメージはずっと優しい雨でした。
    六月だからというわけじゃないんですよ。
    引きこもりになってばかりいるわたしに、雨はいつも温かいです。
    籠っててもいいんだよって、言ってくれてるみたいで。
    コメントうれしかったです!

    2019年3月22日 11:40