ひとりごと

作者 新樫 樹

おもう」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 「わたしの懊悩はいつしかだれかの心を晴らす」
     そうです。どこかにきっと、この物語を待っているひとがいるんです!

    作者からの返信

    来冬さん、いつもありがとうございます!
    そう願って書き続けようと思います。
    自分に足りないものばかり目についてしまいますが、それに負けないで、前を向いていこうと思います。

    2019年1月30日 14:51

  • 思い悩み、自分を奮い起たせる!
    子育てと人間関係など、辛かった時期を思い出します。
    この言葉を当時に貰っていたら、心は軽くなっていたでしょう。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    頑張っている先輩たちからは、言葉にしなくても伝わってくるものがあります。
    Kokekkoさんの姿で、きっと励まされているひとは多いのではないでしょうか。わたしもそのひとりです。
    いつかわたしも、そんなひとになれたらいいなぁ。

    2017年2月1日 16:29