第4話 その5

 トイレの室内が光り、やがて消え、珠美さんがトイレから出てきました。


「ちょっと長くなっちゃった」


「いいですよ、好きなだけ使ってください」


「やっぱり私、この部屋、居心地いいわ」


「それは何よりです。だけど、ちょっと失礼しますよ」


「え?」


「いえ実は、我慢していたもので」


「ああっ、ごめんなさい」


「いえいえ」


 僕は入れ替わりでトイレに入りました。


 やれやれです。勇者を召喚するという僕の任務は、これをもってスタートを切ったというところでしょうかね。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます