第2話 その3


 今日のパンゲアの夕暮れは、それは綺麗なオレンジ色の夕焼けです。


 野外訓練場に長くのびた騎士の影。マリさんと、ショーンくんは、互いに剣を持ち、間合いをとって向き合っています。


 マリさんは訓練用の軽装備、ショーンくんは全裸に腰タオルです。……服を着させてもらえなかったのですね。かわいそうに。


 ひゅるりと風が吹きます。夕方ともなれば、少し肌寒く感じるでしょう。誰か、ショーンくんにタオルを……投げたら「負け」になってしまいますね。ショーんくんは、タオル一枚で戦わないといけません。


「いざ!」


 マリさんが、細身の剣を構えました。ショーンくんも中段に構えます。


「くらえっ! 乙女の純情斬りッ!」


 いきなりの攻撃です。乙女の純情を笠に着るとは、これは太刀打ちしようがない。


 ショーンくんは剣で受け、横に流しました。


 その後も繰り出される攻撃を、ショーンくんは器用にかわします。しかし体勢としては、不利です。なにせ彼は、タオルがめくれないように時々手で押さえないといけません。そうでないと、剣を振りながらチンも振ることになります。下半身ときたら、素振りと空振りばかりです。素振りチンに空振りチン。


 圧倒的に、不利です。


 まさに、不利チン。


 辛うじてタオルの中身が見えることはありませんが、観客の女騎士の間からは、きゃーきゃーという黄色い声が飛んできます。


 何のショウなんでしょう。


 などということに気をとられていますが、試合はいたって真剣です。リーチの差があるので、マリさんは剣を振るものの、ことごとくかわされてしまいます。形勢としてはマリさんが押しているのですが、片手でこの状態を維持できるというのは、ショーンくんは相当の腕なのでしょう。


 そうでした。合コンに出ていたのは、全員武闘大会の予選通過組でした。ショーンくんも、予選を通過する腕を持っているのです。


 ……おや?


 マリさんの剣が鈍っています。どんどん力任せに振るだけになっていますね。


 カンッ、カンッ、カンッ!


 あ。


 ショーンさんの剣が、マリさんの剣をからめとり、飛ばしました。


 数メートルは離れた場所に、マリさんの剣が落下し、マリさんはその場にしゃがみこみました。


「ひどいよ……、ショーン」


「聞いてくれ、マリ。俺は本当に、彼らを止めに行ったんだ。決して覗きじゃないんだよ」


「でも、覗いたんでしょ?」


「見ていない! 断じて見ていない! そういうのは……け、結婚してからだって、思っているから」


「ショーン」


 結婚ですってーっ!


 珠美さんの心の声を代弁してみました。


 涙を流しながら、マリさんは顔をあげました。彼女の前に立つ男、その名はショーン・チェック。聴衆の間にも、自然と感動の波が広がっていきます。


 その時、小さな風が吹きました。熱くなった訓練場の空気の中に、一筋の涼しげな風です。


 ハラリ。


 ショーンくんの腰のタオルが落ちました。


 彼の腰の前には、マリさんの顔があります。


 真正面です。


 風が吹きました。


 揺れました。


 悲鳴が上がりました。


 マリさんの全力の正拳突きが、目の前の物体を叩き潰しました。


 いや、潰れていなかった。セーフ。


 倒れましたけどね、ショーンくん。




 疲れた顔をして、珠美さんがトイレから出てきました。


「男子って、やーね」


「僕も男子ですが」


「シンちゃんは、別よ。だいたい、自分のことを『俺』って言う人って、なんか怖い」


「そんな人、いっぱいいるじゃないですか」


「そうよねえ。だから男の人って、基本的に怖いのよ」


「そういうものですか」


 よっこらしょっと座った珠美さんは、あぐらです。僕は、目の前であぐらをかく女子が怖いです。目のやり場に、なんか困るから。


「女同士が楽しいと思う。私はね」


「いいんじゃないですか。僕も男友達と遊ぶ時間と、珠美さんと遊ぶ時間の両方があって楽しいですから」


「女の団結力はすごいのよ? 女の子の集団って、なんか家族みたい」


「女子だけの姉妹の家って、大変そうですね」


「だけど、楽しいと思う」


 珠美さんにとって、騎士団はとても大切な仲間なようですね。


「ところで珠美さん。そろそろ、僕のことを名字で呼ぶのをやめてくれませんかね?」


「なんで? シンノだからシンちゃんでいいじゃない」


「こう見えても、友達からはダンちゃんと呼ばれています」


「ウルトラセブン?」


「違います」


「ふうん」


 珠美さんは、ごろんと横になりました。おへそが見えそうなのが、とても気になります。


 くすり、と、笑いました。


「どうしました」


「友達の恋バナ、思い出しちゃった。実るといいなあ」


 僕も、くすりと笑いました。


 そうですね、マリさん、幸せになるといいですね。


 ショーンくんも、幸せになるといいですね。


 もう一度僕は、くすり、と笑いました。


 珠美さんもつられて、くすりと笑いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます