誓約神意ディバイオス ~Myth of those who Lovecraft.~

作者 雪車町地蔵(そりまち じぞう)

36

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

クトゥルフテーマの学園ロボットもの。

少し暗めの設定ながら、キャラクター達が陽性なので極端に重い雰囲気にはならない、絶妙なバランス感覚が好印象。
個性的なキャラクターと血湧き肉踊るメカアクション、独特の文章表現が素晴らしい、クトゥルフロボの最前線とでも呼ぶべき、非常に完成度の高いエンタメ作品でした。

序章は読み飛ばし可とありますが、恐らくは作者さんの照れ隠しと思われるので、しっかりと読んであげましょう。

続きが楽しみです。

★★★ Excellent!!!

アグレッサーと呼ばれる侵攻者によって滅亡の危機に瀕している人類。生き残った人類は、生存の切り札たる天使――七型決戦人型兵器(セブンス)に搭乗して日夜アグレッサーとの戦いに暮れる。

読み飛ばし可能と書かれた序章だが、これがものすごく読ませる上にロボット魂に火をつける。序章だけでお腹いっぱいになれるほどのロマンがつまっているので、ぜひ読み飛ばさないで読んでほしいと思う。

本編は少年少女たちが通う学園が舞台で、ロボット学園もののお約束がふんだんに詰まっている。キャラクターも魅力的で、模擬戦のセブンスによる戦闘シーンも面白く、どこか得体の知れない主人公の玖星アカリも気になる。

物語終盤で色々と解明されるのだが、そこはまだ第一部と言うことでまだまだ判明しない謎も多い! 何より、タイトルのっ、タイトルの――ディバイオスううううう!!

そんな感じで続編を楽しみに待ちたい。


PS 作者の近況ノートに改稿の段階で没になったキャラクター『流星☆没キャラガールズ!』が登場するのだが、人気があれば本編に登場するということなので、ぜひとも気に入ったキャラがいたら応援してあげてほしい!

小林がんばれー☆

★★★ Excellent!!!

オープニングから、絶望的ともいえるような、強大な敵の出現と、それによって巻き起こされた最悪の状況でスタートするが、登場人物は極めて個性的で、元気があり、翳りを感じさせない。そのため、そのようなストーリーであっても、鬱ゲーっぽくなく、ライトな感じで読んでいける作品。また主人公が、劣等生かと思わせて、実は戦略構築は優れている設定で、いざという時には頼りになる点も、自分としては好み。

★★★ Excellent!!!

いきなり拘束された主人公。これだけでもインパクト大です。
そして学園に偽装した軍事施設での個性的なキャラの登場、そしてドラマ。続けて謎の敵との戦闘。これでお腹いっぱいですはい。
果たして敵の正体とは? ディバイオスとは? 散りばめられた謎を含んだ学園ロボットストーリー、目が離せません!

★★★ Excellent!!!

 クトゥルフとロボットという最高のジャンルが二つ合わさってしまった素敵な作品です!
 学園ものの雰囲気で始まった物語は途中から一転し災厄と狂気の世界へと加速し始めます。
 かの有名なニャルラトホテプと思しき機械神や、ヨグ=ソトースの血族による人世界への侵攻、そして魔界と化したドリームランドなど見逃せない要素が沢山で、大好きな人にはたまらない一本となっております!
 みなさんもぜひこの物語を追いかけてくださいね!

★★★ Excellent!!!

 謎の侵略者アグレッサーに脅かされ続ける地球で、天使の名を冠する機動兵器で戦い続ける少年少女…絶望的なまでに作り込まれた世界観の中、魅力的なヒロインや学園ドラマの要素を上手に取り込んだ注目作です。謎の生徒会長と黒き天使など、これからの展開を否が応でも期待させてくれる内容に興奮!書き慣れた雰囲気を感じさせる文章も達者で、とても続きが楽しみですね!