グリムノーツ 「それぞれの玉手箱 ー 浦島太郎の想区にて」

作者 Zhou

10

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

浦島太郎の想区を描いた、視点人物を一人称でくるくる交代していくスタイルの作品。
以前、私がPBWのライターをやっていた頃に、描写の均一性を確保するために編み出した手法と同じで、親近感が湧きました。
シェインの熱い想いは代用ウミガメで代用してあげて……あ、ディフェンダーだからシェインはセットできないや。
コンテスト応募作として見ると、絶対に省略不可な新規の登場人物が浦島、乙姫、潮と三人もいるため、この点は厳しそうですね。

★★★ Excellent!!!

各キャラの一人称視点で描いていくという手法が面白かったです!
また、各キャラの個性が出ていたのも良かったと思います!

全体的にコミカルでありながら、締めるところはきちんと締めてメリハリがあり、最後まで楽しく拝見させて頂きました!

特に、ワイルドな浦島太郎のキャラ良かったです!

回転寿司の下りも無理がなく、とても上手いなと感じました!
戦闘への流れや、話の展開もとても自然だと思います!