第11話 記録の景色

 そのとき、白衣の黒猫がぜえぜえと息をきらしながら駆けつけてきました。

「ああ、クーボー博士。ご無沙汰しております」

 山猫が云ひました。

「挨拶してゐる暇はないぞ。大変なことになつた。よだかが一羽、この街の構成炉に飛び込んだんだ。まもなくこの空間は消滅するぞ」

「なんですつて」

 山猫は驚いたやうに云ひました。

「すぐに逃げるんだ。ほら、あなた達も」

 さう云つてクーボー博士は、出口に向かつて走りました。山猫も、ペンネン技師もそれを追ひかけました。ハルとシュラの金属球もそれを追ひかけました。

 入り口の扉を出てまつくらな回廊に戻ると、クーボー博士の手があはてて扉を閉めました。中でどうん、どうんという爆発音が聞こえて、扉ががたがたと揺れ、それからすうつと静かになりました。

 しばらくして、クーボー博士が扉の隙間をちらと開けて中を覗きますと、さつきまであれだけ明るかつた鳥の街は消え去り、このまつくらな回廊よりも、何十倍もまつくらになつていました。生き物の焼け焦げた臭ひが少しだけ回廊にただよつてきました。

 三疋の猫たちはいつせいに大きなため息をつきました。

「また駄目だつたか」

 クーボー博士はさう云つて肩を落としました。

「何度やつても、うまくいかないねえ」

 ペンネン技師が云ひました。

「やはりこれは、ほんたうに面倒な裁判ですよ」

 山猫が云ひました。

「では、我々はもう次の次元に向かはないといけない。裁判長もあとで来たまへ」

 クーボー博士はさう云うと、ペンネン技師とふたりで、まつくらな回廊を奥の方へ歩いていきました。

 山猫はハルとシュラの方を見てぺこりと頭を下げると、

「どうもお手数をおかけしました。お二人の意見をお借りすれば、あるいはこの住民たちが上手くやる道を見つけられるのではないかと思つたのですが」

 と云ひました。

「いいえ、お役に立てずに申し訳ありません」

 とハルが云ひました。

「ぜんたい、この空間は何なのですか。あなた方はぼくたちに何を見せてゐるのですか」

 とシュラが云ひました。するとハルは、

「シュラ、だから云つてゐるだらう。かれらは人間なのだ」

「ハル、人間はあのやうな姿をしてはゐないよ」

 すると山猫は云ひました。

「むろんその通りです、シュラさま。しかし、それはわれわれの感覚器官の問題にすぎません。私たちが目の前の風景や人物といつたものを、感覚器官を通して認識するやうに、記録や歴史といつたものも、そのときの感覚を通じてしか認識できないのです」

 さう云うと山猫はくるりと振り向いて、

「では私はこれにて失礼致します」

 と云つて、回廊をつかつかと奥の方へ歩いて行き、やがて見えなくなつてしまひました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料