第5話 天の川の電波

 その時です。

「通常電波アンテナが何かを受信してゐるやうだ」

 にはかにハルが云ひました。シュラもすぐに金属球から感覚を離し、銀河鉄道のアンテナに意識を向けました。

「この宇宙船が、また何かの信号を出してゐるのかな」

「いや、どうも方向が違ふ。天の川銀河の方からきてゐる」

 と云ひました。それから銀河鉄道内のセンサーを使って周辺を見回しましたが、山猫のまつくろの宇宙船のほかに、それらしい影は見当たりません。

「をかしいな。通常電波なら、すぐ近くから発せられてゐるはずぢやないか」

 とシュラは云ひました。銀河鉄道の長距離通信はタキオン粒子で行ふので、通常電波は近くの船同士でしか使はないものなのです。

「ヘッダーを解読したよ。タイムスタムプによると、送信されたのは100万年ほど前のやうだ」

「距離を考へると、どうやら天の川銀河の中から発信されたものだね」

「指向性の電波ぢやないな。銀河全体にブロードキャストされたものだ。なにか重大発表があつたのかな」

 といつてふたりは信号の解析をはじめましたが、発信地がひどく遠いので、電波は減衰しており、メッセージの本文を読むことはできません。ただ、

『subject: 親愛ナル天ノ川銀河ノ全同胞ニ告グ』

 といふタイトルが読めるだけです。

 ふたりはそれを見て、

「どうもをかしいぜ」

 とハルが云ひました。

「ぼくもをかしいとおもふ。普通は『天ノ川銀河ノ全同胞』なんて云ふ言葉は使はない。連邦の政見放送なら『宇宙ノ全同胞』と云ふはずだな」

「地球で何かあつたのかもしれない。やつぱり地球に戻るべきだらう」

 とハルは云ひました。

「だめだよ。さういふことを決める権限はぼくたちには無いんだ。予定どおりアンドロメダ銀河に向かはないと」

 とシュラは云ひました。

「乗組員もタキオン送信機もないのだから仕方ないだらう。緊急事態だから、ぼくたちが自主的に判断をするべきだよ」

 とハルは云ひました。銀河鉄道に搭載されたタキオン送信用の粒子加速器は、もうひとりのAIといつしよに動きをとめてしまつたのです。

「ぼくは反対だ。AI権限の逸脱は重大な規定違反だ」

 さう云つてふたりは数ミリ秒ほど沈黙しました。三つのAIの合議を使つてゐるため、ふたりの意見が食ひ違うと、銀河鉄道のワープエンジンを稼働できないのです。

「まつたく、ブドリが動いてくれたらなあ」

 とふたりは同時に思ひました。かういふ会話はいまゝでも何億回と行はれてゐましたが、ふたりのAIとしての構造が根本的に異なつてゐるため、いくら話しても合意に至ることはないのです。

 それからふたりは、また宇宙船のまつくらな回廊に感覚を戻しました。これらの作業は、すべて山猫が一回まばたきをする間に行はれたので、山猫はふたりの会話にまつたく気づいてゐないやうでした。

 山猫はふたつの金属球の方を向くと、

「それでは、次の裁判をお願ひします」

 といつて、べつの青いラムプの灯つたドアをぎいと開きました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!