第4話 どんぐりの裁判 2

 山猫が困つたやうすで金属球のほうに目を向けました。するとハルが、

「かれらはいつたい何を云つてゐるんだい。水に水銀が含まれてゐるわけがないだらう。水といふのは、水素と酸素でできてゐるのだ。これらの元素と云ふのは、原子核と電子と云ふものでできてゐる。その原子核と云ふものは、中性子と陽子が」

 といつて、宇宙を構成する物質の成り立ちについて説明をはじめました。山猫は、いちいちふむふむと頷いて聞きました。

 それからステッキで、どんどん、と地面をたたいて、いかにも気取つたやうに云ひました。

「しづかにしろ。いいか、ここにおられるかの銀河鉄道の構成AIがかう仰せだ。まづ、水といふものは、原子核と電子と云ふものから出来ておる。水銀や硫黄や塩といつたものも、原子核や電子からできておる。つまりこれらはみな水を構成してゐると云ふことだ。皆の者、さういふわけだから、いつまでも争つておらず、いゝ加減になかなほりをするがよい」

 するとまた、青いずぼんを履いたどんぐりが「いえいえ、われわれの祖先が」と云ひ、赤いずぼんを履いたどんぐりが「いえいえ、われわれの神が」と云ひ、がやがやがやがや、もうなにがなんだかわからなくなりました。

「このとほりです。どうしたらいゝでせう」

 と山猫がまた困つた顔でこちらを見るので、シュラは

「それなら水に電気を流してみると良いですよ。電流によつて水は水素と酸素に分解されます」

 といつて、それから簡単な電気分解の構成を説明しました。すると、

「なるほど。ではこの案件はそのやうにいたしませう」

 と山猫は納得したやうすで手帳と万年筆をとりだして、シュラの説明をせはしそうに書きつけていきます。そのあいだにどんぐり達は、赤い方と青い方がぶつかりあいの喧嘩をはじめてしまいましたが、山猫はそれを気にかける様子もなくメモをつゞけました。

「ありがたうございます。では、次の裁判に行きませう」

 と云つて、山猫はふたたび来た道を戻つていきました。ハルとシュラは山猫について行きながら、途中ちらりとどんぐり達の方を振り返ると、まだぶつかりあいの喧嘩をつづけてゐるやうでした。

 回廊に戻ると、山猫はドアを閉め、それからドアの横にある青いラムプのガラスを開いて、ふうと息を吹きかけて火を消しました。あたりはふたゝびまつくらになりました。

「しかし何だか滑稽だねえ。水が何で出来てゐるかなんてことは、科学に属する問題だ。裁判で争うやうな事ではないだらう」

 とハルは云ひ、

「さうだ。つまらないからやめろ、と云つてやればいい」

 とシュラは云ひましたが、山猫は暗い顔をして、

「彼らはそうすることで、ほんたうの幸ひに近づけると信じてゐるのですよ」

 と答へました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!