暁のアルヴァスレイド

作者 並兵凡太

43

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

熱く、愚直なまでに真っ直ぐで、それでいて戦いや仲間との交流を通じてパイロットとしても人間としても成長していく主人公。世界観や諸勢力の設定描写、メカニズムも見事ですが、作品の「人」の面がしっかり描かれており、応援したくなる主人公や登場人物たちが、本作最大の魅力ですね。

今後の展開が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

まだ第二章までの読了なのでまだまだ全貌が掴めていませんが、まずはここでどうしても言いたくなったことを!!!

とにかく戦闘描写がスピーディーで情景がありありと伝わってきます!

平時では改行のテンポが若干速く、心理的な独白と地の文の区別が付き辛い点があるのですが、逆にこれが戦闘となるとビシビシはまる!短文でひたすら次へ次へと読ませていく手法はとても参考になりますね!

続きも読ませて頂こうと思います!!

★★★ Excellent!!!

 清く正しい者たちを導く御使、天使…その天使たちに滅ぼされようとしている人類の戦いを綴った、新たな物語です。少年少女は生き残るため、堕天機と呼ばれる機動兵器に乗って戦う。敵は摂理か、それとも神の意志か…不思議な原体験を胸に戦う主人公には、特別な翼が力として宿るのだった!まず、今時ちょっと見ない「お行儀よくない、物分りよくない主人公」に好感を持ちました。ちゃんと我が強くてスタンドプレー、怒られてもやれると思っている感じ…いいですね、主人公してますね!こういう子の成長を楽しみにさせてくれる物語に、これからも期待です!