加算代入演算子をもちいて🌞数値1と2と3の総和🌞を求めるプログラムを考察してみましょう。


ソーラー「加算代入演算子をもちいて


1と2と3の総和を求めるプログラムを観察してみよう。」


#include <stdio.h>


int main(void){


int sum=0;


sum+=1;

sum+=2;

sum+=3;


printf("%d\n",sum);


return 0;

}


コンパイル結果


ソーラー「このプログラムを実行すると


1と2と3がたしあわされて


その

総和が表示されるんだ。


そのとき


その総和は変数sumに格納されているよ。」


アレサ「変数sumに


総和が格納されるようプログラムが構成されているのですの。」


ソーラー「アレサ そう


変数sum🍎🍎🍎🍎🍎🍎🍎🍎🍎🍎🍎🍎


総和が格納されるようプログラムが構成されている


のがポイントかな」


ソーラー「アップルがあふれちゃってるね。」


ソーラー「このプログラムでは


最初に


int sum=0;



sumの変数宣言が行われているね。


そうすることにより


まず


1と2と3をたしあわせたときの総和を格納する


変数sumを用意したんだね。


このとき


変数sumは数値0で初期化がおこなわれているね。


つまり


この状態では


変数sumに格納されている


数値の総和は0ってわけなんだね。


そして


次に


sum+=1;


が実行されるわけだけど


sum+=1;




      いま🐤🐤



変数sumに格納されている数値0に1を加えたものを


変数sumに格納しなさいという



命令文なんだよね


だから


sum+=1;


が実行されると


変数sumに格納される値は


0から1になります。


次に


sum+=2;


が実行されるわけだけど


sum+=2;



      いま🐤🐤



変数sumに格納されている数値1に2を加えたものを


変数sumに格納しなさいという


命令文だから


sum+=2;


が実行されると


変数sumに格納される値は


1から3になるんだね。」


アレサ「そして


sum+=3;


が実行されると


sum+=3;



      いま🐤🐤



変数sumに格納されている数値3に3を加えたものを


変数sumに格納しなさいという



命令文ですので


sum+=3;


が実行されると


変数sumに格納される値は


3から6になり


printf("%d\n",sum);


が実行されると


コンパイル結果




コマンドプロンプト画面に表示されるのですね」


ソーラー「そうなんだね😊


ということは


数値

1

678901234

5

6

8

10

という数値を


加算代入演算子を用いて足し合わせたかったら


次のようにプログラムを構成すればいいんだね。」


#include <stdio.h>


int main(void){


int sum=0;


sum+=1;

sum+=678901234;

sum+=5;

sum+=6;

sum+=8;

sum+=10;

printf("%d\n",sum);


return 0;

}


コンパイル結果

678901264


ソーラー「足し合わせたい数値を


sum+=8;


のように記述するだけで


どんどん


変数sumに


        いま🌞🌞



格納されている数値に


何かの数値を加えたものを


変数sumに格納できるんだね。


とっても便利だね。」



アレサ「ソーラーさん


冴えっ冴えっ(*^▽^*)ですの」










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます