幼馴染と隠しナイフ:原罪

作者 ∀zl

30

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 100万文字超の超大作! 読みごたえのある文章量ですが、読みやすいレイアウトでスラスラ読めます。
 登場人物は、どれも魅力的に書かれており、時にシリアスに、時にコミカルに、まるで生きているかのよう。
 緻密な設定と深い謎、魅力的な登場人物が中だるみさせることなく、物語を盛り上げてくれています。

★★★ Excellent!!!

 まだ途中ですが、レビューさせてもらいます。
 ※進行によって内容は改変される予定です

 まさに特異すぎるキャラたちがごく普通の日常を演じるような万国変人ショー!(違w

 謎かける最初のオープニングのエピソードが残酷でサイコな内容ですので、そこで退避される方も多いと思います。

 ですが、そこを通り抜ければ意外にも、場面は日常風の楽演劇へと移ります。

 最初は学校の特殊な状況(キャラクター)を説明するシーンなのかと思いましたが、ユニークなキャラたちの掛け合いが楽しめます。
 決して大きな爆笑ではありませんが、要所要所のピリッとした表現がいいスパイスでクスクス笑いを誘います。
 さらに、学校もののドタバタ劇も内包されており、様々な要素が詰め込まれた贅沢な内容にニヤニヤが止まりませんw

 あとは、レビューに憶測を書くのもどうかと思いますが、この作品は謎が多い分、あれこれと考えさせられます。

 ――あれ? あの場面の語り手ってもしかして主人公?

 ――なんかみんな本心じゃなくて裏の顔で話してるような……?

 部分的な記憶を喪失した主人公。

 軍用機械のような幼馴染の女子高生。

 特殊性癖をもつ同級生。

 妹を亡くした親友の女子高生。

 彼らは今後、何を魅せ、何を語ってくれるのか?

 先が気になります!

 ある程度、前述の描写に耐性のある方は是非一度ご覧ください!
 ……最後まで読んでないので保証は致しかねますが(ぇw

★★★ Excellent!!!

連続少女誘拐殺人事件。登場人物全員がその事件の関係者。
彼、彼女らはそれぞれトラウマとも云える深い傷を負い苦しんでいますが、それでも前に進もうとする姿勢が細かく、そして繊細に描かれています。
お互いを思い合い、支え、未来へ向かおうという心理描写が丁寧で、ミステリーというジャンルでありながらどこか現代ドラマの風を感じることができます。
100話近い話で長く、まだ途中ですがそれだけ読みごたえは抜群で、読めばきっと夢中になること間違いなしです。