2.WG-Σ

「くぉらあっ! いきなりとんでもない動かし方するなぁーっ!」

「るせえっ! 人に命令すんじゃねえ!」


 対峙した敵を恐れさせ、深紺の巨兵ブルーギガンテスと呼ばれるようになった『WGウォーゴッドΣシグマ』のコックピット内に、男と女の大声が響いた。


「……すごいG」


 腰部コックピットに座っている、水色の髪のショートヘアの女の子が、ぼそりと言った。


「ほら見なさいよ、カノンだって驚いてるじゃないの!」


 左胸部コックピットに座っている、自称明るい茶色髪、客観的にみるとオレンジ色の髪をしている活栖いくす杏香きょうかが叫んだ。カノンよりも年齢は上なものの、やはり幼さの残る女の子だ。

 傭兵である杏香はブレイズのように制服は着ていない。かといって、物々しい迷彩服を着ているわけでもなく、半袖Tシャツにキュロットスカートという、カジュアルでシンプルな格好をしている。杏香にとっては一番しっくりきて、動き易い服装だ。


「お前だって何回もやってんだろうが!」


 右胸部コックピットのブレイズも叫んだ。燃え盛るような真っ赤な髪で、同じく燃え盛るような髪型をしている。真っ赤な瞳は怒りで充血し、さらに赤くなっている。

 ブレイズはテルジリア共和国の制服を身に着けているが、一般的な制服とは見た目が全く違っている。ブレイズ自身が適当に裁断し、適当にピンで留めて加工してしまったため、かなり奇抜な見た目の制服になってしまっているのだ。


「あたしは緊急の場合にしかしないわよ! あんたは無駄にブースター吹かしてるだけでしょうが!」

「……二人とも、うるさい」


 カノンがぼそりと呟いた。カノンはノースリーブの白い服と、短めのスカートといった、魔法文明でよく見られるバトルドレスを纏っていて、首には青いスカーフを巻いている。

 バトルドレスは着ているだけで魔力を高めるもので、その名の通り、一般的なドレスを戦闘用に動きやすく、手足の丈を縮めたような洋服だ。なので、ドレスというよりは、肌の露出の多い、ダンサーやアイドルが来ている服に近い印象に、見る人には映るだろう。

 WGウォーゴッドΣシグマの一部の武装に魔力を使うため、主に魔法を担当しているカノンは、その魔力を増強するために、テルジリア共和国においては手に入りにくいバトルドレスを着ているのだ。


 杏香とブレイズは、さっきから口喧嘩を通信機から垂れ流しつつ、ボタンやキーをしきりにいじって操縦系のコントロールの奪い合いを続けてばかりだ。おかげでWGウォーゴッドΣシグマは奇妙な動きを続けている。


「……二人とも?」

「うん!?」


 先に気付いたのは杏香の方だ。


「ああ……ごめん、つい熱くなっちゃったわ。でも、もうここでの戦闘にはひと段落ついたし、戦力も十分奪って、敵機も撤退してんだから、とっとと次のポイントに向かった方がいいわ」


 杏香はそう言いつつも、ブレイズと操縦系のコントロールの奪い合いを続けている。


「まだあんなに敵が居るじゃねえかよ! それにほら! あのオーブ持ってるナイトウォーカー、あいつ、俺のコックピット狙ってきやがったんだぜ、一泡吹かせねえと気が済まねえ!」


 鼻息荒く怒り狂うブレイズの視線は、目の前のナイトウォーカーに釘付けになっていた。そのナイトウォーカーの左脚部からは火花が舞い散り、所々装甲がはがれ、剥き出しになった所からはコード類が雑然と飛び出ている。


「……でも無事だった」


 カノンが言った。


「全くね。装甲貫けるような攻撃じゃなくて良かったじゃない。……ほら、もうあちらさん、後退してくわよ」

「後退が何だ! 俺は後頭部強打したんだぞ!? 俺はあいつだけは倒すんだよ!」


 ブレイズはそう言うと、火器管制系のコントロールを杏香から奪い、ガウスガドリングを発射した。その先には逃げる二体のナイトウォーカーの姿がある。一体は例の右脚部を損傷しているナイトウォーカー、もう一体は、それを抱えているナイトウォーカーだ。


「こらっ! 無駄弾打つなっ!」


 杏香がコントロールを奪い返した。


「おい、何すんだよ! もうちょっとなんだよ!」


 ブレイズも負けじと、更にコントロールを奪い返すと、ガウスガドリングの照準レバーに付いている、同じくガウスガドリングの発射トリガーに指をかけた。


「ああ……もうっ!」


 杏香は、そう叫ぶと、これまでとは違ったボタンとキーの操作をし始めた。


「もー……これやると、あたしが怒られるんだからね、教育はどうなってるんだって。全く、あんたみたいのがいると、退屈しないわ。苦労はするけど……はい!」


 杏香の声と共にガウスガドリングの音は止み、WGウォーゴッドΣシグマは、それまでが嘘のように静まり返った。


「全く……コントロールの強制奪取とか、妙な機能の操作方法だけは覚えてるんだから。嫌になっちゃうわ……」


 杏香はため息を軽く一回ついた。


「あっ! 杏香! ロックかけやがったな、汚ねえぞ!」


 コックピットの中は、相変わらず賑やかだった。ブレイズは、杏香が火器管制のコントロールを奪い返し、さらに操縦系のコントロールも奪ったことに腹を立てている。


「あんたがそうやって暴走するから、あたしとカノンだけしかロック出来ないようにしたんでしょ!」


 杏香は叫んでブレイズに言い聞かせると、ちらりと前を向いた。前には外の風景が広がっている。勿論、それは杏香自身の肉眼を通して見ているわけではなく、拡大、縮小のできる、外付けのカメラを通して見ている風景だ。

 メインカメラはWGウォーゴッドΣシグマの眼の部分に付いている。このWGウォーゴッドΣシグマの開発者が狙ってやったのか何なのかは分からないが、人型のこの機体から何かを見るには一番適している場所には違いないだろう。


「あちらさんは逃げたみたいね」


 杏香の言葉に返したのはカノンだ。


「……罠じゃなかった?」

「かもしれない……っていうか、十中八九、そうだけど、完全に罠じゃないとも言い切れない。今ならあの二機に追いつけるけど……」

「危険」

「そうね。戦力は無効化できてるから、わざわざ深追いしてリスクを冒す必要は無いわ。ここで、あの二機だけに時間を割くのは、このWGウォーゴッドΣシグマの役割には合ってないしね」

「……うん」


 カノンがこくりと頷く。


「くそっ! 理不尽だ! 理不尽過ぎる!」


 ブレイズは、自分で操縦できないもどかしさと、色々な事への怒りで頭が一杯になり、コックピットで暴れ出し始めた。


「なんか、ガンガン鳴ってる」

「例によって例の如く、暴れだしたのよ」


 杏香の言う通り、ブレイズはコックピットで暴れ、そこら中を思い切り殴ったり蹴ったりしている。


「はいはい、そうやってストレス発散してなさい。こっちは溜まる一方だけど……カノン、次の手近なポイントは?」

「D―24地点」

「オッケー、そこに向かうわ」


 杏香は怒り狂っているブレイズを意識の中から除けて、次のポイントを目指してWGウォーゴッドΣシグマを走らせた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます