トップページにすごく違和感を感じます。新着にもっと機会を与えるべきなんじゃないでしょうか?

作者 天魔 虹龍

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

こればかりは運営さんの考えですからね。
12月のジャンル改変でどのくらいトップページも変わるのか楽しみです。

現状ですと新着が全く機能していない。
5分~10分したらすぐに新しい小説で埋め尽くされてしまう。

必然的にチャンスはなくなりますものね。

また、レビュー規制も厳しすぎるのも同感です。
確かに作品を書けるのは筆者のみ――

しかし、ダメな部分・誤字脱字の指摘が許されないってのは……。
ちょっと違うと思うんですよね。
あまりにも厳しすぎる。

レビューは書き手にとって原動力です。
私は読んだ作品には出来るだけレビューしたいと思っています。

中には3回から4回読まないと書けないほどの濃密な作品も“カクヨム”に潜んでいます。

読み手側にもっと気軽にレビュー出来るシステムを用意して貰いたいですね。

★★★ Excellent!!!

 ランキングを重視するのは、それが理由ではないかと。カクヨムにはこんなスゴイ作品があるんだぞ! おまえら知ってるか! みたいな。ラノベ業界ぽいと言えば、ぽいです。人気作品をアニメ化するんじゃなくて、アニメ化して売る、とかね。今のところ、ランキング重視で人気ブレイク作品を生み出す作戦は、さて……。まあ、まだ今年の二月に始まったばかりですから。コンテスト受賞作品が出版されるのも、これからですし。その売れ行きを見てからですね。て、俺はべつに運営でもなけりゃ、カドカワの社員でもねえから、関係ないんですけどね。
 新着を重視すべし、という意見には、最近になって私も、なるほどな、と思いました。そもそもネット投稿からブレイクした作品というのは、地道に定期更新を続けて、ジワジワとファンを増やしていって、そのうちに話題になってブレイク、みたいですね。私はネット投稿はまだシロウトなので、絶対か! と言われると困りますが。読み専の方たちの中に「なんでカクヨムの仕様は短編有利なんだ。これじゃ人気作品が育たない」という人がいますが。そういう理由からか、と気づきました。なろう、って良くできてるんだなあ、と。けど私も、カクヨムの文字が大きくてカラフルな仕様は、実は好きなんです。これから良くなっていくことを、期待しましょう。