猫は下着なんて穿きません!

作者 沙漠未来

64

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タイトルを見た瞬間、えっちぃ系かなぁと正直思いました。しかし、いざ読んでみれば、迫力満点のアクションシーン。猫達が抱える葛藤と主人公の男らしさ。いやぁ夏梅君、キミ最高!いい意味でタイトル詐欺でした。

僕は猫アレルギーなんですが、ルナちゃん達を愛でるためなら、そんなの気にしないね!いくらでも撫でたるで!そんな男心を鷲掴みにさせてくれる、素晴らしい作品でした。

★★ Very Good!!

異能力バトルもの。

他の方のレビューにある通り、この作品はある意味タイトル詐欺です。いやタイトルから下ネタ系と思われがちですが、中身は迫力のあるシーンが連続するバトルものでした。(もちろんお色気シーンもあります)この予想をいい意味で裏切る展開は個人的に好感が持てました。

派手なシーンが多いので、コミカライズしたら絵が映える作品になると思います。気になる人は是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

エロ可愛い猫ちゃんのガチンコバトルよりも、終盤の夏梅くんのイケメンっぷりに惚れ惚れ(*´艸`*)猫好きだからか?女神さまが選んだからか?

一番の猫好きは、女神さまだろうけど(*´艸`*)

下着穿いてなくても、気にならなかったのが憎いです。

★★★ Excellent!!!

タイトルに騙されることなかれ!
この小説はかなり真面目な小説です。
人間と動物との接し方、あり方がありありと描かれています。
更にはバトル部分もあり、見ごたえある構成です。
そして個人的に面白いなと思ったのが、ヒロインについてです。
小説の最初と最後で「色々と違います」。

この意味はぜひとも本文を読んでみてください。

面白かったです。

★★★ Excellent!!!

まずタイトルのインパクトにやられて拝読させて頂きましたが、期待した以上の面白さでした!(……何を期待したかって? それはもう、皆さんと同じですよ!)

読みやすい文体もさることながら、簡潔にまとめられた設定、個性的なキャラクター、ストーリーの組み立て方など、エンターテインメント作品として必要なツボをちゃんと押さえているように感じました!

特に、続きを期待させながらも、このお話だけでもちゃんとした読了感が得られるというという部分は、個人的に高く評価したいところです!

また、作品全体のコミカルなティストの中に、ちくりと仕込まれた針のような描写、設定も、この作品の良さではないかと思います!

★★★ Excellent!!!

お馬鹿シナリオかと思えば、真面目だった……

スーが可愛いですね。
ただ、特筆すべきは主人公がイケメンなところでしょうか。
闘う理由や、オチ、話の流れとコンテスト用の文字数でよくまとまっている作品だと思いました。一番重要な所だと思います。

最後に
裸Yシャツは最高だぜ!

★★★ Excellent!!!


いきなり隣で裸の女の子がもにょもにょ♡ という、インパクトのある出だしに、僕の心は鷲掴みされてしまった。

そんな読んでいるこっちが動揺するような展開にも、主人公の夏梅は動じない。

そして始まる、女神のチカラによって、止まった刻? の中でのキャットファイト♡
いや、♡なんて付けてるけど、殺し合いですからね!



とまあ、そんなバトル要素はともかく、重要なのは次の台詞だ。

「気を使わなくていいわ。猫は下着なんて穿かないわよ?」


そう!
この話に登場する猫ちゃんは女神の力によって擬人化し、しかも猫の頃と同じで下着を穿かないのだ!

ヤバい!
漫画化したら絶対にヤバい!

是非とも全年齢向けで、されど思春期の少年達がやたらと隠れて購入するようなコミックに仕上げて欲しい!!

★★★ Excellent!!!

 目が覚めたら猫耳としっぽつきの美少女が隣りに寝ていたら?
 そして、同じ猫耳少女と時間が停まった世界でお互いの願いごとをかなえるために、バトルを繰り広げる。なんともそそられる設定とストーリーです。
 彼女たちの正体は? なぜ戦うのか。秘められた彼女たちの過去は?
 全裸にYシャツ、それにミルクでびしょびしょ。マニア心をくすぐる美少女たちの戦いの行く末を本編で確認してください。

★★★ Excellent!!!

猫が恩返しする小説は数あれど、こんなキュンキュンさせてくる猫ちゃんは珍しいと思います。
もう、戦わないで!
と懇願したくなるくらいのキュートさ。
まず、最初の戦闘シーンの直後がまずまずヤバい、まずい(笑)
牛乳、かぶっちゃうんですね。そうなんですね。
年頃の男子なら、想像しちゃいますよ、そうですよ、どうします?
責任とれますか!
……とれます。やりますよー!
みたいに勢いのある小説なので、必見です。


夏梅の周りの猫たちがアクティブで動きがあるのが特徴なので、僕もなんとなくアクティブなレビューにしてみました。

最終話まで読ませていただきました。
ラストシーンの持って行き方にぐさりとやられてしまいました。
ちょっと物足りなさを感じていた自分に刺さる描写とオチ、素晴らしい読後感を与えてくれました。
そのラストに敬意を表して、☆2から3へ変えさせていただきます!
完結、おめでとうございます!