Re-17 ~人間にほど近いロボットとロボットにほど近い人間の物語~

作者 屈橋 毬花

25

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

上記のワードが好きな方なら読むべきです。淡々と、けれどほのぼのとした空気感。
出てくるキャラクターは人数少なめで、名前を覚えられない人も多分大丈夫。舞台はとりあえず今の所研究所の中だけです。非日常的な日常もの。

ここからネタバレ。

人間そっくりのロボットの青年が、全身をロボットにつくりかえる予定の女の子に恋をする話です。一番評価したいのはこういう話にありがちなグロさがないところ。昨今の近未来ものはグロくしたもん勝ちというところがあるので、私は日常を重視し丁寧に描いた感じにすごく好感持ちました。空気感が綺麗です。

イベント参加されているとのことで、星一個減らした理由も述べておきます。近未来、デジタルなものを扱う際は専門書を読み、ディープラーニングやなんやの知識をつけるべきかと思いますが、単語だけを入力し知識が伴わないような、上滑りした感じを受けます。心を持つロボットが出てくる科学力を持った時代の物語なのですから、この話が持つファンタジックな雰囲気を活かすためにも、今ある専門用語を無理に使わず造語なり、ぼやかした表現を使うなりしても良いのではと個人的に思いました。

最初、結構な話数が出ており、章題から展開が読めなかったので敬遠しました。とりあえず3話、と思って読みましたが最新話まで追いついていました。登場人物たちが救われるのかどうかが楽しみです。

★★ Very Good!!

 閉ざされた空間。
 感情のあるロボット。
 彼が見つけたのは、設定上同い年の少女。

 これからどのようにコミュニケーションをとっていくのか。
 この物語はどのように向かっていくのか。

 ロボットというRe-17の設定から幸せな結論が私の中で思い浮かべられません。
 せめて、最後には幸せな記憶を――

 続きお待ちしております

★★★ Excellent!!!

どこか透明な雰囲気が漂っています。
それは病院のような研究所を舞台にした「無垢なロボットX諦観した少女」のドラマだからというだけでなく、作者の文体がこの物語にマッチしているからのような気がします。
人間味のある二人の研究員との対比も効いていますよね。
しかし、主人公の二人が見つめ合って頬を紅く染めるとは……
これからいったいどうなるのか?
悲恋もののフラグも立っているし……
うーん、わからない。今後が楽しみです。