第4章 素晴らしきお仕事(ワンダフル・ワーク)

 ― 1 ― ボヘミアン・ボランティア

 三日間の奉仕活動ボランティア

 気分で決められたとしか思えない判決であったが、ナオミ・デリンジャーに不服はあまりなかった。


 無罪放免がベストだけれど、禁固刑や鞭うちといった実刑を打たれるよりは一〇二四倍はマシだ。現状に文句をつけるだけでは何も解決しない。何事も前向きポジティブに考えなくては。


(……どうせドブさらいか、ゴミ捨て場の掃除か、看護婦の真似事でもやらされるだけでしょ。楽勝楽勝!)


 空元気からげんきを充填しようと、そんな事を考えたナオミだったが、やはりしこりは残る。


 責任感旺盛な彼女は、自分の事ではなく、サーカスの興業を案じていたのだった。

 エンターテインメントに携わる者なら知っている。客入りは初動がすべてなのだ。


 今日は金曜。明後日あさっては日曜日。神が定めた安息の日。

 つまりいちばん動員が期待できる日だった。


 これを逃すとまた一週間も待たなければならない。平日に興業をスタートさせたところで、お客の入りは目に見えて鈍る。過去の苦い経験がそれを教えていた。

 交渉次第だけれど、市内の広場をステージとして貸してもらえるのはせいぜい二日が限界。こっちは貧乏な移動サーカス団だ。資金に余裕なんかあるわけない。


 予定では土曜に開幕して、日曜に力を入れるつもりだった。そうやって銭を稼ぎ、女の子たちにたまっているお給料を払い、余裕があればもう数日の興行権を買うという青写真を描いていたのだ。


(……予定は未定。どうも計画はダメみたい。このままじゃ封切りが火曜か水曜になってしまうわ。来週の土日まで待つ? 冗談じゃない。荒野で一週間も野宿をさせたら、プリティ・ズーの女の子たちはみんな逃げてしまう。自由奔放ボヘミアン自転車経営シューストリング・オペレーションはこういう時に大変よね。今は悩んでも仕方ないか。まあ、お金はクルップ爺さんがうまくやってくれる……と思う)


 一抹の不安を抱くナオミだった。経理を一手に引き受けるクルップ爺さんだけど、最近はどうもどんぶり勘定しかやっていないようなのだ。


 心配しても始まらない。そうは思うが、心には暗雲がたちこめていく。

 内心げっそりしつつ、ナオミは南部峯ナンブミネ憲治郎ケンジロウの背中を追って四角堂スクウェア――執政議事堂の通路を歩いていた。


 向こうは少女の歩幅に合わせる気遣いなどさらさら持ち合わせてはいないらしく、勝手にずんずん進んでいく。ついていくのが大変だった。


 背筋の伸びきった広すぎる背中へと、ナオミは問いかける。

「私はどこで何をすればいいのですか?」


「そなたの体は身元引受人ギャランティに一任する。詳しくは直接聞くがよい。過度なまでに働き者ゆえ、もう出仕しておるはず」


 出演料ギャランティという単語にナオミは機敏に反応した。逮捕されるとき、耳に優しいその響きを聞いたような気がする。


「ミスター・ナナブミネ。それってもしかして……」

南部峯なんぶみね

「失礼。噛みまみた。正確にはナブブナネ?」

「NANBUMINE、だ」

「……発音が難しいからケンと呼んでいいかしら?」


 一瞬だけ相手の肩が動くのをナオミは見逃さなかった。

 動揺してる、動揺してる。


「舌の矯正でもせぬかぎり、そなたに正確な発音を求めるのは間違いなのであろう。よい。ならば温情深く、ケンと呼ぶ許可を与える」


 随分もったいぶった言い草だった。

(変な名前のそっちが悪いんじゃない。東方から大洋を渡ってきた民の一族だろうけれど、生粋の英語圏の人間に読んでもらうには異質すぎるネーミングよ)


 そんなことを考えながら追いかけていくと、南部峯は勝手口のような小さいドアを開け、中庭に出た。さっきの白州とは違い、花壇と泉水が美しい西洋風の庭園だ。四隅を建築物で囲まれており、出入口はここだけらしい。


 その一角にある螺旋階段に向かった南部峯は、小走りにそれを駆け上がっていく。ナオミも急いで続いた。彼は二階の出入口にさしかかったとき、不意に足を止めた。


 異常に気づくナオミだった。そのドアは封印されていたのだ。

 木材がいくつも不格好に打ち据えられ、ノブには何重にも鎖が巻かれ、大きな錠前が三個も取りつけられている。嵐に備える準備みたいだった。


「これだ。これが恵殿エデンの現状なのだ」

 なぜか無念そうに南部峯はつぶやいた。

「二階は余と幕僚スタッフが詰める執務場となっているのだが、先月、そこが荒らされてしまった」


「狼藉者が殴り込んだというわけですか?」


「左様だ。そなたが逃がした月下の騎士がな。二度と同じ錯誤エラーを繰り返してはならぬ。修繕を荒っぽくし、不格好にしているのはいましめのため。もっとも予算不足という切実な問題もあるが」


 征督府長官コンスルという役職にある男は、まだ花の多く咲き誇る中庭を見下ろしながら、

「そなたにもわかっておろうな。この街は不格好でいびつな平和を手にしているにすぎぬ。四方を城壁で囲い、出入りを厳しくしているのは、市民に取りあえずの安寧を提供するため。余とて無粋な境界線ディマケイションなどない方が望ましい。しかしこの世に楽園ユートピアなど存在しない以上、どうしても防御措置は必要なのだ」


 ナオミはちょっと驚いた。相手は自分が管理する街の現状を理解しているのだ。


「政治家とは医者に近い。街という病んだ患者を癒すためには、スピード感溢れる治療が必要となる。それが余の理念だ。

 ここ執政中央府には、恵殿エデンにおける台閣だいかく司法しほうの最高機関が集中しておる。隣に市議会を増築し、三権分立制度の砦として機能させるつもりだった。

 行政府は街の頭なり。その神経の役目を担う組織は密集していなければスマートな運営などできぬからな。

 だがそれも無期延期となった。警備上の観点から実現化には問題があると判断されたのだ。万一にも同様の事件が発生したなら、余が斃れるだけでなく、市議の重鎮が全滅する可能性もあるではないかと言われては反論できぬ。それもこれもすべて忌々しき月下の騎士ナイト・アンダー・ザ・ムーンのせいだ」


 ナオミは言葉を選びながら反論した。

「物事は両サイドから見なくてはいけないと思います。月下の騎士を一方的に凶漢扱いするのはどうでしょう。彼の名は西部の随所に鳴り響いています。福音をもたらす好漢として。もし根っからの極悪人なら、支持など集められるわけがありません」


 政治家はすぐさま言い返す。

民草たみくさの無知にも困ったものよ。奴がほんの少し小銭を撒いたくらいで救世主扱いだ。しかもそれは盗んだ金品なのだぞ。我々がどれだけ福祉に予算を投入しても、足らん足らんしか言わぬくせに。

 経済もまた永遠の病人なのだ。奇策を講じて表向きの具合を良くしても、病巣はより深くなるばかりだ。いまは完治よりも寛解を目指さなければ」


 南部峯は首を横に振りながら、なお続ける。


「残念ながら世界はユートピアではない。それゆえか、暴力こそが社会を変える有益な手段だと誤解する輩もいる。この封印は余の焦りの現れなのだ。だからこそ法律と監獄が必要なのだ……」


 彼はそう言いながら螺旋階段を昇り続けた。二人はすぐ三階へたどりついた。頑丈という単語をを具現化したらこんな感じになると思われる豪奢なドアがナオミを待ち受けていた。

 南部峯は腰につけていた鍵束を外すと、片っ端から鍵穴に差し込んでいく。その数、なんと一三個。火事や地震が発生したなら、とても逃げ出せないだろう。


 ドアが開け放たれた。

 防犯用の鉄格子がはめられた窓がいくつもあり、燦々さんさんと朝日が差し込んでいる。長い廊下がライトアップされていたが、その造りは意外にも質素に思えた。


「ここがそなたの戦場となる。余の私邸だ。三階すべてがな」

 ここに連れてこられた意味を理解し、目が点になるナオミであった。

「そう驚く必要はなかろう。征督府長官コンスルとしての使命を果たすためには、執政中央府と直結している場所に居を構えるのが妥当。東部で発明された電話網の整備が進めば、いずれどこでも仕事ができるようになろうが、それまでは距離こそが迅速な決裁の敵となる」


「……いえ、そうじゃなくて、つまりここで奉仕活動ボランティアをやれという意味なの? 四角堂スクウェアの三階で? あなたの家で?」

「いかにも。ここも市内には相違なし。では職務に励め。子細は身元引受人ギャランティに聞け」


 背中を押されるようにして廊下に歩を進めたナオミは、そこでスカートを翻しながらやって来る女性と鉢合わせした。


 非の打ち所がない正装をしたメイドであった。

 顔を見て驚いた。意外すぎる人物だった。

 衣装は違いすぎたが、見間違えるわけもなかった。


「こんにちは。またお会いしましたね」


 ナオミの身元引受人ギャランティに立候補したホテル〝蒼ざめた馬パール・ホース〟の女主人グッドワイフ――ソフィー・ホチキスは、そうつぶやいてから、不敵な笑みを浮かべたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料