蜘蛛の糸

作者 川上 神楽

48

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

怒濤の暴れ馬的カオスな日本文学を堪能出来る唯一にして唯我独尊な小説である。
これが途轍もなく面白いのである。どのくらい面白いかといえば、それはもう自分で目撃するしかあるまい。
作者の圧倒的文章力をもってして描かれる「死語の世界」は抱腹絶倒にして感慨深い言葉の世界を堪能させてくれるであろう。