続々・おめでとう、俺は美少女に進化した。

作者 和久井 透夏

835

290人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

いや、すばるがというのが本人の主張でしょうけど。
将晴の状態でも十分思考が女の子だと思うんですよ。
だんだんと周りの人の暗躍する魔の手が……、いろいろ男女逆転してしまいそうな、恋愛観とか、あれ? そうだっけ? いったん考えちゃうけど、愛があればね。ラブコメですから!
個人的には百舌谷夫妻の感覚は結構好きですね。それも愛ってやつなんだと思いました。

★★★ Excellent!!!

とっても可愛い女装男子すばるの受難譚の続々編です!

このシリーズの何がすごく面白いかとういうと、すばるの女装をめぐるトラブルや登場人物たちの恋愛のトラブルが、息つく暇もなく哀れな悲劇のヒロイン(笑)・すばるに次々と襲いかかることだと思います。

ひとつの問題が解決したと思ったら、思わぬ方向から新たなトラブルが発生し、「どうしよう!」と頭を抱えているところにまたまた新たな事件がすばるを襲い、すばるも読者もパニックになってしまいます(笑)

一度走り出したら前のめりで全速力! 止まりたいのに止まれない! ていうか、さらに加速して新たなトラブルへとGO!
それが美少女に進化した主人公の運命なのですっ!
ラブコメとはまた違った意味でドキドキしっぱなしです(*^^*)

でも、今回の続々編では、いろんなキャラたちの「愛」について大きく踏みこみ、恋愛物としてもかなり面白い展開になっています。

特に驚いたのが、主人公にとって恐怖の存在だった雨莉の本心が明かされて、彼女の可愛い部分や恋する女性としての悩みなどを垣間見ることができたことですね。書籍版の1巻を読んだ時点では「とんでもねえクレイジーサイコレズだ……!」と思っていたのが、今回のお話でかなり認識を改めることができました。

……そして、さらに驚かされたのが、鰍(中島かすみ)がとんでもないく可愛いにゃんっ!!
ま、まさか、あんな甘々なシーンが見られるなんて……! きゃっ、恥ずかしい!(n*´ω`*n)
すばる(将晴)に甘えてくる鰍の可愛さは破壊力抜群ですので、みなさんも心してご覧ください(^ω^)

ああ、鰍をイラストで見たい……みわべさくら先生のイラストで……! 鰍かわいいにゃーーーん!(≧▽≦)

★★★ Excellent!!!

シリーズ3作目。
安定した波乱と混沌と面白さ。
その進化は止まりません。

この面白さの正体はどこにあるのでしょう。
それは、性別の壁を大胆に取っ払うことで、恋愛の自由度を極限まで高めたからではないかと、私は考えます。

それでいて、こんな複雑に恋愛感情の矢印が蔓延るキャラクターたちの関係性を、完成度の高いラブコメとして成立させてしまう作者の手腕に感動です。

なんて、真面目に考察してる暇はありませんにゃん。
なぜなら、おめ俺にはなんと、番外編が存在するらしいからですにゃー。
読みに行かなくちゃにゃぁ!

にゃーん。


★★★ Excellent!!!

三度登場した人気の女装喜劇。個性あふれるキャラたちと次々と訪れるトラブルが巻き起こす面白さは、常に新しい化学反応を見ているようです。
この作品の凄いところは、小説のみならず漫画・アニメ・ドラマ・映画などすべてのメディアミックスに即対応が可能な汎用性だと思う。
作者はきっと、これから面白い物語を魅せてくれるはず。今、リアルタイムで作品、作者ともに成長と発展に立ち会える読者たちは自慢してヨシ。

★★★ Excellent!!!

女装モノの作品が好きで、ふと目に留まったので読んでみるとこれがまた面白い!!
文章も固くなく、スラスラ読めてしまい、2日で最初から最新エピソードを読んじゃいました。
自分もコスプレしてたし、現在は女装もしているので、主人公の心理とか手に取るようにわかる。
女装バレ即人生終了とかwww
もうハラハラドキドキしっぱなしです。
初めてメディアミックス化してほしいと思いました。
漫画やアニメや実写映画化されたら、より楽しそうで(^◇^)

★★★ Excellent!!!


前々作からはまりにはまり、追いかけている作品です。

この物語の凄い所は、とにかく面白い事!
魅力的なキャラクターと予想がつかない話の展開に、ぐいぐいと引き込まれていきます。
是非、最初から一読してほしい作品です。

ちなみに私の一押しのキャラクターは鰍さんです。
彼女の独特なキャラクターはもちろん、将晴との恋の行方で見せる可愛らしい一面に心が打たれました。


★★★ Excellent!!!

私はこういう女装主人公で一番の醍醐味は女装バレ又は正体バレだと思っています。なのでその瞬間を今か今かと待ち構えてます。そろそろあとに引けなくなってきたスバル君。死に戻りも出来ない彼は、果たしてどう収拾をつけるのか!
もし正体バレした場合は人間関係が激変すると思うので、そこに期待ですね。

★★★ Excellent!!!

女装ものはニコイチとフダンシズムを読んでいたことでイメージが出来てより楽しめた。
『俺はひっそり女装コスプレを楽しみたかった』
って稲葉に自分からバラしておいてよく言う。

途中、もう男の娘だよね、と思い
最終的に稲葉がすばるでいいと妥協したので
稲葉(美咲)の資金力によりある日起きたら女の子になってる未来しか見えない。

主人公は女装だとバレると人生終わると思ってるが、バレたらブランドもどろヌマも大打撃な時点でもう雨莉の命令にそこまで従わなくても良さそうな気がする。

★★★ Excellent!!!

シリーズ、どれも楽しく読ませてもらってます。
過去どのシリーズでも修羅場がありましたけど、今回はマッハで登場してくるあたり、稲葉さん仕事しすぎです。開始速攻修羅場という小説が他にあっただろうか?(いや、ない。)
そして久しぶりな感じの雨利ですが……だいぶまともに見えてしまった。何故だ。鰍とかしずくちゃんとか千秋さんのせいなのかな?
ともかく、おめ俺は絶好調です。