第36話 人間の絆

「え、殺さへんの?」

「……」


そう言われて石戸は、ベッドに腰掛ける栞の前にひざまづいていることに気づいた。拳銃は床に投げ出されている。


千春を撃ったのは1発。

いまはベッドの向こうに倒れているはずの馬亭には……何発かわからないが、とにかく夢中で撃った。

銃にまだ弾が残っているのかどうかはわからない。


とにかく今夜、石戸は二人を殺した。

いたいけな少女と、さっき会ったばかりの、鼻持ちならない男を。

二人……は人間なのか? もしくはアンドロイドなのか?

今となってはもうどうでもいいことだ。


「なんで殺さへんの?」と栞。「銃、カラッポなん? 銃がのうても、刃物で刺すなり手で首締めるなり、なんなりと殺りかたがあるやろ?」

「なあ……」しわがれた声が出た。「……これで、元どおりや」


見上げると、きょとん、とした顔で栞が自分を見下ろしている。


「元どおり? なんのこと?」

「これで、俺らはもう二人っきりや。二人の死体をどこかに片付けて、部屋をきれいに掃除して、前みたいにふたりでやりなおそう」


沈黙。

千春の表情に変化はない。


「ここは、おれと君、二人の部屋や。千春もいない。あの馬亭とかいう男も、もうおらん。なにもかも忘れて、一からやりなおそう。千春のことも忘れる。君が、あの馬亭とかいうやつと、このベッドでやってたことも、すっかり忘れる……君も言うとったやろ? 人間は、未来を選べる。それと同じように、過去も自由に選べるんやって……そうやろ?」


栞が笑った。

くすり。


「あんた、そんなにまでしてうちと暮らしていきたいわけ? ……このままずっとここで?」

「そうや。それがおれの望みや。それだけや」


とにかく、言いたいことはすべて言った。

生まれてからこのかた、これほどまでに自分の思いを言葉にしたことはない。

これほど自分のなかに、言葉が潜んでいたとは。

いつも言葉は、石戸の胸のなかで渦巻いているだけだった。

それが口から放たれることはなかった。

自分は、何からも自由な人間のはずなのに。


石戸は栞の返事を待った。

意地悪そうでもない、小馬鹿にした調子もない、その笑顔を眺めながら。


ようやく、栞の唇が動いた。


「あほちゃう?」


と、突然、栞がしなやかな脚を伸ばして、石戸の首を挟み込んだ。


「ぐえっ!」


両脚の踵で後頭部を蹴られ、さらに太ももの奥に引き寄せられる。

太腿がものすごい力で、首を締め付けてくる。

ぐっしょりと濡れた栞の入り口が、石戸の鼻を押しつぶした。


「ははははは! あほか! あほやろ? ほんまもんのあほやろ、あんた?」

「ぐえっ! うぐっ! ぐううっ!」

「それはあんたの夢やろうが! うちの夢とちゃうわ! ははははは!」


鼻といい唇といい額といい、濡れた栞の秘所にいやというほど押し付けられ、石戸は溺れそうになる。そして、首を絞め付ける太腿の力。

意識が遠のいていく。

あっという間に、視界が白くなっていく。

しかし栞の声は聞こえた。


「あんたあほやろ? 腹たつやろ? さんざんコケにされて、バカにされて、それでもぜんぶ忘れてうちと暮らしていきたい? アホか! 人間なんやろ? あんた人間やろが! それでもあんた、人間のつもりか? なんでうちを殺さへんの? さっき殺したい、ちゅうたとこやろ? あんたそれでも人間なんか? 」


遠のく意識のなかで、石戸は悟った。

“もうこの現実には、自分を繋ぎとめておくものはなにもない”

そう。自分は孤独な男なのだ。

この世界で、たった一人で暮らしている、どこにでもいるような男。

1ヶ月前、栞と出会うまでの自分がそうだったように。


もううめき声さえあげられなかった。

視界は白く飛んでいる。

それでも石戸は、床を探った。


そして、その重い塊をなんとか拾い上げ……その先端を斜め上に向けて、引き金を引いた。


バン。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!