43 蓄積

 オーイ教授は機動哲学先生モビル・ティーチャーを操縦した経験も浅いのだろう。ギョンの動きは、やや直線的で単調だった。


 しかしながら、教授の思考エネルギーを蓄積したギョンが示すスペックは、コムロが乗るカントムのそれをも凌駕していた。


 ポニョニョニョニョニョッ! ―カントムのア・プリオリ・ライフル― 


 ワレワレハ――! ―デカルトンのワレモノ・ライフル― 


 ボシュッボシュッ!―ロックウェル右腕の白い探求針―


 3機の機動哲学先生モビル・ティーチャーの攻撃が集中する。


 しかし、それを受ける1機の機動哲学先生モビル・ティーチャー、ギョンが持つ丸盾は、あまりに強固すぎた。


 滲み出す、スペック差。

 

 そして――


 シュルルルルル ―超速飛行―  クイッ! ―軌道修正― 


 シュルルルルル ―超速飛行―  クイッ! ―軌道修正― 


 シュルルルルル ―超速飛行―  クイッ! ―軌道修正― 


 ドゴオオオオオオオオオ!! ―爆発―爆発―爆発―爆発―爆発― 


 その、たった1機の機動哲学先生モビル・ティーチャーが行う攻撃が、3機の機動哲学先生モビル・ティーチャーを追い詰める。


 弾速が速いだけではない。その終端で、軌道を変えて爆発する。


<アカデメイアで研究を続ける苦労が分かるか。随一の頭脳を持ちながら、運営資金も減らされ、こんな所まで来なければならない。論文は、先に発表したもの勝ちだというのに。私は、研究がしたいんだ!>


 その癇癪かんしゃくを表現したかのように、ギョンが放つエネルギー弾は、軌道を変えながら炸裂する。


 かわすので精一杯。


 議院議員! ―両刃直刀を受け止め― 


うわっ! byコムロ 

 カントムが、青く光るア・プリオリ・ブレードで、ギョンの両刃直刀クシポスを受けるが、出力が。押し込まれる。


 ボシュッボシュッ! ―同じ事物が在りかつ在らぬことはできない― 

 ロックウェルの右腕から、白い探求針による援護射撃が飛ぶが、ギョンの丸盾にあっさり弾かれる。 


<経験主義系の機体は、火力が貧弱だな>

 教授は冷笑を浴びせる。


「……さすが……教授……っ!」

 プティが感嘆の声をあげる。


 ワレワレハ――! ―デカルトンのワレモノ・ライフル― 


 ワレワレハ――! ―デカルトンのワレモノ・ライフル― 


 ワレワレハ――! ―デカルトンのワレモノ・ライフル― 


 そこにデカルトンが、ライフルを乱射する。


 プティが乗るロックウェルの一撃が効かない時点で、デカルトンの射撃ではダメージを与えられないだろうことは、シューには分かっていた。


 ギョンが丸盾を構え、さらりと受け止める。


 ――ギョンが防御行動を取っている時間を利用して――


「プティ、いつも通りで良い。思考をニョイニウムに溜めるんだ」

「えっ? ……はい! せんぱい!」


「フロンデイアの! 俺と2人で一斉射撃。時間稼ぎ、やってもらえるか!?」

「あっ、了解! コムロです。僕は」

「よろしく頼むコムロ君! 俺はシュー・トミトクル。もう一人はプティだ」

「わかりました。よろしく!」


 連携。


 コムロとシューは、プティの斜め前方へと機動哲学先生モビル・ティーチャーを移動させつつ、灰色、もじゃひげの機動哲学先生モビル・ティーチャーギョンに対して交互に射撃を叩き込む。


 彼らが搭乗するカントムとデカルトンは、その相互間距離を近づけたり離したりしながら、角度を変えた十字砲火を浴びせる。大きな丸盾を持つギョンを、防御行動へと可能な限り奔走させる。


 ギョンは、いや、その搭乗者であるオーイ教授は、防御から攻撃へと切り替えるタイミングを、図りきれずにいた。機動哲学先生モビル・ティーチャーの操縦経験の弱点がチラリと顔を出した。


 そしてプティが、自らの思考 ―力― を、白い機動哲学先生モビル・ティーチャーロックウェルを構成するニョイニウムに、溜め始めた。


((


       知性の探求は楽しい。


         目指すは、人間の真知の起源、絶対的確実性と、範囲を探求し、        あわせて信念・臆見・同意の根拠と程度を    探求すること。


         「完璧主義者の問題」は知性についても        同様で、出来る範囲で行えばよい。


         心は、推理能力を働かせる材料としての        観念を与えられて理知を使えるようになる。        命題を知って、同意できるようになる。


         例えば味は経験しなければわからない。        「甘い」が人に生得的に備わっているなら、        経験せずとも共感できるはずなのに。    そうではない。


         故に、全ては経験から生まれる。


    感覚と、反省。        つまり、感じて、内なる心の作用を知覚する。


       白紙の心に、経験を通じて、        観念を書き込んでいく。それが人間の知性。


       では、私はこの経験から、        何を観念として知覚するんだろうか?


         それが知りたい!(知覚の知覚)


))


 プティの思考がエネルギーとなって、機動哲学先生モビル・ティーチャーロックウェルを構成する金属、ニョイニウムへと注入される。


「せんぱい! 溜まりました!」

「よし! 撃て!」


 前衛で足止めを引き受けていたデカルトンとカントムは、ロックウェルの射線を確保するように、より左右へと散開しつつ、援護射撃を続けた。


「ロックウェル先生! 探究針を前方に! 全力で!」

『承知した』

 ロックウェルは、蓄積されたありったけの思考エネルギーを詰め込んだ、その一撃を放った。


 ―続く―

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます