42 提案


 グドオオオオオオオン! ―愚鈍― スラスター 


 オーイ教授が乗る、たてがみを持つ灰色の機動哲学先生モビル・ティーチャー、ギョン。


 その突撃スピードは凄まじいものだった。

 

 あっという間に、プティの操る機動哲学先生モビル・ティーチャーロックウェルの眼前まで迫る。

 

 そして

 

 ニュススッ!

 

 ギョンが持つ両刃直刀クシポスが、ロックウェルの左肩口に差し込まれる。

 

「くっ! 応急処置!」

『承知した』


 ボガンッ! ―分離!― 

 

 ロックウェルは、攻撃を受けた左肩から先を、強制分離。


 ドッシュウーーー! スラスター 

 

 ボッカアアアアン! ―爆発―爆発― 

 

 距離を取り、左腕部の爆発から、からくも逃れるロックウェル。


 一方のギョンは、左腕の丸盾で、爆発のダメージを難なく防いでいた。

 

「はぁ、はぁ」

 命の危機による汗。そして、動悸がプティを襲う。

  

 そこに、追い討ちがかかる。

  

 シュルルルルル ―超速飛行― 

 

 機体の左後方へと隠されるギョンの丸盾。左肩を後ろにさげる反動で、前に出る右肩からニュッと水平に延び行く両刃直刀クシポス。その剣先から放たれたエネルギー弾は、一直線にロックウェルへと吸い込まれ――

 

 ブニョォオオン ―叩き落し― 


 側方から割って入ったデカルトンが、ワレモノ・ブレードでそれを叩き落とす。軌道が逸れたエネルギー弾は虚空の彼方へ。


 シューは、思わず、黒髪の後輩を助けていた。


「大丈夫か! プティ!」

「せ、せんぱい!」

 プティの目にはうっすらと涙が。


 シューの目には、怒りの炎が。

 しかし、その先の展開も読めるだけに、シューのその表情には、困惑の色も混じっていた。

 

<大人しく実験殺し合いに参加するつもりは無いようだね。はぁ。私の機動哲学先生モビル・ティーチャーをも、参加させることになるとはなぁ。まあ、2対1程度では結果が見えてはいたが>


 そこに……

 

 ポーニョポニョポニョッ!  ―ライフルの弾が飛来―  


<ん?>


 ギョンは丸盾の角度を変え、

 

 ポニョニョニョニョニョニョッ!  ―丸盾による防御―  


 飛来したア・プリオリ・ライフルを難なく受けきる。

 

<――3対1か。それ位でなければ、良いデータは取れないかもな……>

 考え事をするように、教授。


「命は、そんな事に使って良いものじゃない!」

 常識的な事を言う、コムロ少年。


『人の尊厳を重視する。それがイマヌエル・カントの思索の根源』

 カントム先生が、これに追随する。


 ◆


 シューは迷った。


 力は不条理。


 自分の力は教授に対して足りない。


 どうすれば良い?


 屈服すれば良いのか? ごまかせばいいのか?


 プティの暴発がなければ、大人しく「力」に従い、フロンデイアの残り1機の機動哲学先生モビル・ティーチャーを叩いただろう。それが合理的。


 しかし、それでいいのか?


 力の足りない状態で抗ってもなんの意味も無い。


 しかし、教授が操るギョンはもう、こちらに向けて攻撃の構えをしている――。


(ええい!)


 葛藤の末、シュー・トミトクルは覚悟を決めた。


「フロンデイアの機動哲学先生モビル・ティーチャー!」

 シューが通信機で呼びかける。


「一時休戦だ! この、ふざけた教授を退けたい! 君の力を貸してくれ!」


 ◆


 ――敵からの提案を受けた少年、コムロ・テツは困惑した。


 今、自分がするべき事は、このまま敵中を脱出し、幼馴染の少女モラウが待つ、戦艦ハコビ・タクナイに帰還すること。


 しかしこちらは、すでに単機。情勢が「2対2」から「1対3」へと悪化した上に、最後に現れた機動哲学先生モビル・ティーチャーは明らかに「強い」事が分かっている。


 まともにやって、勝てる状況でも逃げられる状況でもなかった。


 しかし、理由はともあれ敵が「内輪もめ」している。この機に乗じて、逃げ切れるのではないか?


 その可能性は五分五分。いや、四分六分ぐらいか?


 こちらが逃げる素振りを見せた瞬間、あの、たてがみの機動哲学先生モビル・ティーチャーは行動方針を変えるかもしれない。こちらを「研究対象」と認識しているようだから。


 であれば。

 

「――取らなくちゃな。ヌレギヌさんの、かたきは」


 コムロは怒っていた。


「邪魔だ」という、そんな理由で、ヌレギヌ青年をコムロの目の前で殺した、たてがみの機動哲学先生モビル・ティーチャーに乗る敵に対して。


 コムロは、『ワレモノ、注意』と貼られた機動哲学先生モビル・ティーチャーに乗る青年に、返答した。


「――提案を受諾します。今ここで消えるべきは、あの、ギョンという奴です」


<話はまとまったか? ――では、学ばせてもらおうかな>

 ギョンに乗る「エリート中のエリートを統べる教授」は、落ち着き払って、行動を開始した。


 ―続く―

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます