41 反抗

「ふ……ざけんなよ! 何で、そんな理由で戦わなくちゃいけない!」

 稲妻のマークの入った機動哲学先生モビル・ティーチャーデュイエモンのコックピットで、それまではのほほんとしていた青年、ヌレギヌが吠えた。


<何を怒ることがある? 先程までの戦いを、続ければいいだけだ。解決すべき問題は、何も変わっていないだろう?>

 オーイ教授の口調は淡々としていた。


課題解決学習 ―デューイ― においては、という主張だな』

 ヒューマン哲学者デューイをベースにしたデュイエモンが、声変わりして10年ほど経過したようなガラガラ声で、そう答える。


「みんな、人生を背負ってんだ。それを……研究データだ?」

 ヌレギヌが駆るデュイエモンが、ライフルを構え――


<うるさいな。実験の邪魔だ>

 たてがみを持った機動哲学先生モビル・ティーチャーから、両刃直刀クシポスが突き出される。その剣先から更に、エネルギー弾が飛ぶ。


 シュルルルルル ―超速飛行―  クイッ!―軌道修正―


なっ!byヌレギヌ


 ドゴオオオオオオオオオ!! ―着弾―爆発―爆発― 


 肩に黄色い稲妻を備えたデュイエモンは、わずか一撃で、あっけなく爆散した。 


「ヌレギヌさん! くそっ! なんてことだ!」

 コムロの悲鳴。


道具主義プラグマティズム機動哲学先生モビル・ティーチャーは、スピードが無いな。無礼者を排除だ>

 蚊でも潰したかのような口調で言う、オーイ教授。


<若輩者が、人生などを語ろうとするからだ。学問の厳しさも知らぬひよっ子が>

 教授の、冷徹な査定が下される。


(この敵は……強い……)

 オーイ教授が乗る機動哲学先生モビル・ティーチャーのスペックに、驚きを隠せないコムロの手は、震えていた。 


 それに感応した、カントムを形成するニョイニウムが、ブルブルブルブルーという音を立てる。


<低スペックのデータに意味は無いから、サンプルを1つ、排除させて頂いた。我が機動哲学先生モビル・ティーチャー、ギョンの手によってね>


「――ギョン……」

「――ギョン……?」

「――え?……えっと……」


 コムロ、シュー、プティの3人。そのいずれもが、その名に見当をつけかねていた。


 イマヌエル・カントをベースにした「カントム」、

 ルネ・デカルトをベースにした「デカルトン」、

 ジョン・ロックをベースにした「ロックウェル」、

 そして、爆散してしまった、デューイを思考ベースにした「デュイエモン」。


 ギョンという名に関連するヒューマン哲学者について、皆一様に、思い当たる節がなかったのである。


<あ、ああ。言っていなかったな。この機体は特注でね。古代リシャ・ーロッパ系のヒューマ哲学者の3人。ソクラテス、プラトン、そしてアリストテレスを、思考ベースにしてある>


「そんなことができるのか……」

 コムロは、驚愕と、それを上回る程の自己の好奇心を、知覚していた。


 ――言わば、往年のカセットタイプのゲームソフトを30本プリインストールした「クラシック」筐体のような。


 ――先生が先生に搭乗する「マトリョシカ」構造のような。


「どういうこと?」

 疑問で、生徒搭乗者スチューロットスーツの頭上に「?」が浮かんだままの、プティ。


「哲学者を3人もだと! ……まともに制御 ―対話― できるわけがない……」

 かく言うシューは、デカルトン1人との対話にも、未だに苦労しているのだ。


<私にしか満足に操れない ―対話出来ない― 、ピーキーな機体では、あるがね。その分、スペックは折り紙つきだ>

 教授は、「オーイの微笑」を見せた。


<さて……残った3機で、殺しあって頂こう。有意なデータを期待している>


 ◆

 

 ――

 

 ――

 

「せんぱい。私、嫌です。そんな理由で戦うの。私達は実験材料じゃない!」

「……プティ」


 プティの白紙の心―タブラ・ラサ―には、青さが滲んでいた。


<その白い機動哲学先生モビル・ティーチャーの女性は、わかっていないようだ。君たちは「実験材料」なんだよ。より効率的にニョイニウムの力を引き出し、応用力を高める方法を探る、その実験の>


「それは違うわ!」

「ちょっと待て! プティ」

 無力の辛さを知るシューは、後輩の生徒搭乗者スチューロットを制止しようとしていた。

 

 オーイ教授が駆る、たてがみの機動哲学先生モビル・ティーチャー、ギョンは、明らかに「格上」であるのがシューには分かる。


 力においても、権威においても、今は従ったフリをするのが得策であると、シューの頭脳が告げていた。


 感情的には不本意極まりないが、2対1の優勢な状態で、フロンデイアの機動哲学先生 ―モビル・ティーチャー・カントム― を倒せば、それでこの場は収まるのだ。

 

 しかし――

 

「だって! おかしいでしょ、せんぱい! 私達は、戦争を終わらせる為に、戦っているはずなのに!」

「それはそうだが……」


<意志では、力には勝てない。そんな事も理解していないのか? これだから、青二才は>


「ふざけないで!」

 プティは、ロックウェルの右手を上げ、探求針を発射させようとする。

 その目標は、本来は友軍であるはずの、たてがみの機動哲学先生モビル・ティーチャー


「待て! それはマズイ!」


 シュド……スラスt……

 シューは慌てて、プティの乗るロックウェルを止めようとするが、間に合うものではない。


 ボシュッボシュッ! ―ロックウェルの白い探求針― 


 ロックウェルが放った、宙を駆ける探求針 ―攻撃― を、教授の機動哲学先生モビル・ティーチャーギョンは、回避するそぶりすら無い。


 着弾。


 ロワワワアアアアアン!


 爆煙が上がり、そして消える。

 

 その中から、丸盾を構えた、たてがみの機動哲学先生モビル・ティーチャー

 

 ――まったくの、無傷であった。


<聞き分けの無い観測対象だな。では、違う実験に切り替えるとするか>


 教授はそう言うと、フットペダルを軽く、クッと踏み入れた。


 ―続く―

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます