38 横槍


 ワレワレハ――! ―デカルトンのワレモノ・ライフル― 


 ボシュッボシュッ! ―ロックウェルの白い探求針― 


 スサッ! ドッチュウウウウ! ―カントム、回避しつつ反撃― 


 ビカチュウウウウ! ―デュイエモンの、いなずまのようなこうげき― 


 2対2の銃撃戦。


 互いの遠距離武器の軌跡が、「ねじれの位置」ですれ違う。


 それぞれ、相手の攻撃を避けつつ、さらに銃撃で応戦する。


 ――


 中肉中背の青年、ヌレギヌが駆る、藍地に稲妻模様の機動哲学先生モビル・ティーチャー「デュイエモン」は、他の三者であるカントム、デカルトン、ロックェルには有意に劣るが、それらに迫るスペックを見せた。


 かつてのヒューマン哲学者「デューイ」をベースにしたこの機動哲学先生モビル・ティーチャーデュイエモンは、いわゆる「仮説検証機」タイプの機体だ。


 デュイエモンの創造的知性をもって、敵への効率的な対処方法についての仮説を立て、それを試行錯誤することにより、検証し、徐々にスペックアップを図る。

 敵であるリバタニアの言葉で表現すれば、「PDCAサイクル」と言われる機関を、ぐるぐると回す。


「敵味方のスペックがトータルでほぼ近似、数も同数ならば、コツは、さっさと敵を減らして、数的優位に立つことだ、コムロ君」

 補給基地でのクレーンゲームと同様、自らが見出してきたコツを披露する、ヌレギヌ。


「どちらを狙いますか!」

「そうだなあ。あの、『ワレモノ注意』ってシールが、貼ってあるやつからだ」

「了解しました!」


 シューが乗る機動哲学先生モビルティーチャーデカルトンは、またしても、『ワレモノ注意』のシールを剥がし忘れたまま戦場に来ていた。


「どうやら、そいつの方が上位っぽいからな」

 ヌレギヌは、機動哲学先生モビル・ティーチャーデュイエモンの中で、戦況をそう看破していた。


 威力はともかく、デカルトンの射撃と回避運動の方が、ロックウェルの機動よりも、「経験による練り」を感じさせたのだ。


 また、デカルトンは、ロックウェルを庇うようにやや前方に位置取りをし、援護射撃を多くしていた。


 このような場合、デカルトンという護衛がついたままの相手ロックウェルを、短時間で倒しきるのは、難しいかもしれない。


 護衛を倒すことができれば、その先は2対1だ。雌雄は決するだろう。


 その理は、証拠立てたものではなかった。


 ボサボサ髪のヌレギヌ青年の、これまでの試行錯誤の積み重ねが、その判断をさせた。


 その理で、要は、勝てれば良い。


 ――Aを信じることが人間にとって有用性があるならば、Aの真偽によらず、Aは真理である。


 それが、かつてのヒューマン哲学者「デューイ」が掲げた「道具主義」。

 哲学思想を、問題解決の為の道具として使う考え方である。


 ヌレギヌが駆る機動哲学先生モビル・ティーチャーデュイエモンの参戦によって、この場の戦力は拮抗、長期戦の様相を呈し始めていた。


 リバタニア軍の2機の機動哲学先生モビル・ティーチャー、デカルトンとロックウェルは、互いをサポートするように、息の合った攻撃を見せた。


 一方のフロンデイア軍は、カントムと、試行タイプの機動哲学先生モビル・ティーチャーデュイエモン。

 急ごしらえのユニゾンではあった。しかし、積み重ねた経験と試行錯誤を活かしたヌレギヌ+デュイエモンの機動に、コムロ+カントムが「合わせる」形で、攻防のバランスを取っていた。


「コムロ君、スイッチ!」

「了解です!」


 クレーンゲームでUFOキャッチャーが横にシフトするように、カントムとデュイエモンは互いの位置をシフト。


 思考のニョイニウムへの蓄積と、その出力――射撃武器としてあるいは防御や回避として――を交互に行っていた。


「敵も……やるな!」

 機動哲学先生モビル・ティーチャーデカルトンの中で、シュー・トミトクルは、熱いものを感じていた。


 言わば、好敵手との熱戦。


 ――乱戦では、他の機動哲学先生モビル・ティーチャーの攻撃なども飛んでくる。


「せんぱい! 3時の方向、来ます!」

「俺が止める。プティは前方の敵のケア!」

「朝飯前です! せんぱい!」

「3時はおやつだろ!」

『15時とおやつの因果関係は疑わしいので排除せねばならない ―デカルトン― 

『経験から生ずる、15時という単相観念 ―ロックウェル― と、おやつという単相観念の結合による複合観念 ―ロックウェル― だな』


 互いに連携によって戦線を維持する、2対2のモビル・ティーチャー達。


 ――


 ――


 しかしながら、徐々に、デュイエモンのパワーダウンが見え始めていた。残り3機の機動哲学先生モビル・ティーチャーに、ついて行けてないのだ。


「チャンスだぞ、プティ」

「はい!」


 ワレワレハ――! ―デカルトンのワレモノ・ライフル― 

 ボシュッボシュッ! ―ロックウェルの白い探求針― 


「なんとな!」

 狙い撃ちにあったデュイエモンと、その生徒搭乗者スチューロットのヌレギヌは、これをかろうじて回避。


 しかし、デュイエモンが態勢を立て直す前に、また、コムロとカントムが援護する前に、デカルトンとロックウェルによる追撃が――


 ――


 ――


 ドドオオオオオオオオオオオオ!


 突如、黒い帯が、知恵を持つムチのように延び、宇宙空間の、瞬く星の一部を遮った。


 ――デカルトンやロックウェルの、さらに背後から。


「なっ!」

 驚くコムロ。


「なんだよ! 今の!」

 ヌレギヌの、コーシ君のような笑みが凍りついた。


「味方の一撃か!?」

 コンソールで確認する、シュー。


 ドバアアアアアアアアアア!


「うわうわうっ」

 2つ目の黒い帯に当てられ、左腕の一部を損傷したのは、プティが駆る白い機体タブラ・ラサ、「ロックウェル」だった。


「プティ! 大丈夫か!」

「どうにか! せんぱい!」

 機体の爆発には至らない。


「戦闘中の味方を、巻き込むとは!」

 憤る、シュー・トミトクル。


 凄まじい出力が、その黒い帯には込められていた。


 超長距離からを放った存在。


 その光点が、4機の機動哲学先生モビル・ティーチャーのもとに、近づいて来た。


 ―続く―

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます