21 出撃

 基地に収容された、数々の艦艇。

 その中に、戦艦ヤンデレンもいた。


 基地の式典用会場は屋内にあった。


 やや暗めに調光された空間には、1ブロックを10x10の正方形に区切って、パイプ椅子が窮屈に並べられていた。そこには、サン・キューイチ、シュー・トミトクル、プティの姿も見られた。


 国家「自由・自主・尊厳」が流れだす。


「総員、起立!」


 ガタガタガタガタッ!


 総員が、パイプ椅子から起立し、直立の姿勢をとる。


 一際明るい壇上に、基地司令が登壇する。


 よくありがちな、長々しい演説。


 敵のフロンデイア軍――辺境の労働者ども――の無法、暴虐を非難し、その精神を徹底的に貶め、そして、これを排除すべきという主張。


 この場に居るにとっては、それは軍の士気を高め、兵士をして「自らが正義である」と認識せしめる意図を持って、発せられている事が、理解できていた。


 私語を発するものは皆無。


(相変わらず、くだらない演説だ)

 シューはそう思いつつ、特に反抗の素振りは見せなかった。


 戦果を上げるには、そのように士気を鼓舞、あるいは扇動し、「殺人」という行為について疑問を持たせない事は、有効な方策だと、論理的に理解できる感情は別よ?からだ。


(俺は違うぞ。おそらく、プティも)


 扇動は麻薬である。知らず知らずのうちに刷り込まれ、いつの間にか、それに気づかなくなることもあり得る。


 シューは時折、「俺は違う」と心の中でつぶやき、判断能力を保っていた。

 

 そもそも、機動哲学先生モビル・ティーチャーに搭乗する生徒搭乗者スチューロットは、判断能力を失ってはならない。


 なぜなら、機動哲学先生モビル・ティーチャーを形成する金属「ニョイニウム」は、人の思考によって力を発揮するものだからだ。


 その意味では、今、この場で行われているような「演説」の場に、生徒搭乗者スチューロットはいるべきではないのだ。本来は。


 しかし一方で、「規律」というものがある。


 シューがこの規律に従い、気持ちはどうあれ、おとなしく着席したままで居るには、もう一つの理由があった。


 それは、「監視の目」。


 判断力を失った兵士達そのものが、「相互監視カメラ」となるのだ。


 ――

 

「――出撃せよ! 栄誉ある、人類の為に! リバタニアの為に!」

 基地司令の号令。


 ズザザザザザザザッ!


 おにぎりの敬礼が一斉に行われる。


 さながら、おむすびの里。


 きのこの山でも、たけのこの里でもない。おむすびの里だ。


 いや、里ではない。宇宙基地だ。


 ◆


「正三角形の敬礼って、面白いですよね」

 戦艦ヤンデレンに戻る道すがら、傍らのプティが、シューに言う。


 正三角形ではなく二等辺三角形だ、と言いたくなるのを堪え、シューは

「そうか?」

 とだけ聞いた。


「だって、両手を上げる必要性が、特に無いように思うんです。先日勉強した、かつての世界では、右腕だけで敬礼していたようですし」


「3という数字は、有意な数なのだ」

 と、振り返りもせず言う、少し前を歩く391サン・キューイチ


「ええー? それも三角形ですよね?」

 と、口答えをするプティ。


「ん? まぁ、そうだが」

 プティの非礼をさらりと流す、391。


 ――3と言う数字は有意だ。


 三位一体。

 東方の三賢者、マギ。

 司法、立法、行政の三権分立。

 「大島」「上杉」「柴崎」の第1期WANDS。

 「木村」「上杉」「柴崎」の第2期WANDS。

 「木村」「和久」「杉元」の第3期WANDS。


 ゆとり教育の、およそ「3」。


 このように、各概念領域において、「3」は特別な数字なのだ。


「本来は、どんな三角形でも良いんだ、兵士が皆、同じ行動を、同時に取れさえすれば」

 シューが歩きながら言う。


「チュオー」

 サン・キューイチは会話を部下に任せ、自分は乳酸菌飲料のパックを取り出して飲み始めた。


「フーコーですね」

 少し目を大きくして、プティが言う。


「っ!……その通りだ」

 シューは、後輩生徒搭乗者スチューロットの理解の早さに感嘆した。


 ――ミシェル・フーコーは、かつての地球、フランスのヒューマン哲学者であり、『監獄の誕生』を著述した。

 

 「最大多数個人の最大幸福」を唱えたのは、かつての地球、イギリスの、「功利主義」ヒューマン哲学者、ジェレミ・ベンサムであった。


 そのベンサムが弟に示唆を受け、設計した刑務所の構想を「パノプティコン」という。


 パノプティコン ―全展望監視システム― は、収容者の個室を円形にぐるりと並んで配置し、その個室同士をブラインドで区切って、収容者が他の収容者を見えないようにしていた。


 バウムクーヘンのあちこちに、チョコチップ ―収容者― が入っているようなイメージだ。鼻血デール。


 円の中央の看守塔にいる看守は、収容者チョコチップから見えないように設計される。つまり、看守は各収容者チョコチップの全てを見渡すことができるが、収容者チョコチップは、看守を見ることができず、他の収容者チョコチップを見ることも出来ない。いわば「蠱毒ビターチョコ」の状況に配置される。


 そのように、効率的に収容者チョコチップ管理溶けないようすることで、運営の経済性 ―安ウマ― 収容者の福祉チョコ溶かさないを最大限両立させるというのが、ベンサムの功利主義的な発想であった。

 

 一方、ミシェル・フーコーはこの「パノプティコン」の「常時監視見る見ると自己規律化見る見るE」の点に着目した。


 「常に監視されているのだから、正しく振る舞おう」と、収容者チョコチップに思わせる事が勘所かんどころ


 この、「常時監視」は、実際の監獄だけではなく、社会ので見られる、というのが、ミシェル・フーコーの考え方である。


 監視カメラ。


 「せんせぇー、きのうぅー、たなかくんがぁー、下校途中にぃー、買い食いしていましたぁー」と、学級会でのたまう、メガネの学級委員長。

 

 


 ――監視のシステムを実現できない、リバタニアではなかった。


 ◆


 乗組員を収容した、紅い戦艦「ヤンデレン」の心臓部。推進機関に火がともる。


 広大な宇宙に出た後も、「監視」が無くなるわけではない。


 シューは息苦しさを覚えつつ、BPC(ブレイン・パワー・チャージャー)で思考を練りながら、ヤンデレン発進の時を待つ。


(プティは、リバタニアとフロンデイア ――― 互いに争う者 ――― を打ち倒す、リヴァイアサン ――終末の獣―― になるかもしれない)

 そんな考えが、シューの頭にもたげる。


 ――かつてのヒューマン哲学者、ホッブスは、国家とは「個人の自由を放棄して手に入れる安全保障システムである」と唱えた。


 利己的な人間。


 自然状態では人は殺しあう。


 力が均衡しているから争う。


 だから、争わないよう、みんなで支配者(国家)を作る。


 争いを打ち倒す巨大な獣人が抗い得ない、絶対的な恐怖の対象。リヴァイアサン。


 ゴゴゴゴゴゴ


 ヤンデレンの発進を示す振動が、シート越しにシューに伝わる。


 パティシエパの上がりのシューは、後輩である聡明な黒髪の少女プティに、コンプレックスコンの存在すら、自覚していた。


 ―続く―

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます