20 シューとプティ


「プティ。焦って理解しなくてもいいんだぞ」

 シュー・トミトクルが、傍らにいる少女の頭を、ポンとたたく。


 さらりとしたセミロングの黒髪が、少し、くしゃっとなる。


「……難しいですよお、先輩」

 プティと呼ばれた少女の泣き言。


 戦艦ヤンデレンの居住ブロック近くに設けられた、絨毯敷の明るい図書室で、2人は、学習を行っていた。


 ◆


 シューの予想は当たった。


 戦艦ヤンデレンは数名の生徒搭乗者スチューロット候補者の中から、黒髪の少女、プティを見出した。


 その発表の際、プティは、歓喜と、それ以外とが入り混じったような、少女にしては少し複雑な表情を見せた。

 

 発表会場が見下ろせる、少し高い位置に置かれたヤンデレン代表側席から、それを目撃したシューは、人知れず、ほっと胸をなでおろした。


 プティが選ばれた事についてではない。


 ――彼女の表情の中に「責任」の色を見たように感じたからだ。


 生徒搭乗者スチューロット候補生にとっての目標は、隊に見出され、機動哲学先生モビル・ティーチャーへの搭乗資格を得る事であるのが一般的だ。


 ティーチャーはそもそも、「リーダー」を育てる為にの存在であったのだから、これは「栄達」とも言える。その点で喜ぶのは良いだろう。


 しかし、その先に待っている現実。


 それは――


「両陣営のリーダー候補同士の殺し合い」

 

 競争原理とは言え、これはあまりに過酷な道。


 人という種の繁栄の為に、生命をも賭さなければならないのだ。


「焦ってもしょうがないぞ?」

 シューはプティに再度、やさしく声をかける。


「でも、私もせんぱいのように、早く賢くなって、せんぱいを助けたいです」

 プティは顔をくしゃっとして、しかし、シューの方は見ずに、そう言った。


 ――


「お前は、戦場に出なくても良いんだ」

 そう言いたくなる衝動を堪え、シューは、次の言の葉を紡ぎ出した。


「まぁ……分からない事は聞け。それなりに、教えてやるから」


 ◆


 学習中、指揮官のサン・キューイチが、図書室に様子見にやって来た。


 相変わらず、その右手には乳酸菌飲料の紙パックが甘握りされている。


「進んでいるか? チュウー」


「はい、順調に進んでおります」

 シューは、プティから少し離れた所に座って、腕組みをしながらプティの理解状況を観察していたのだが、その椅子から立ち上がり、「おにぎり」の敬礼で上官への敬意を示した。 


 ――プティは書に集中していて、敬礼をしそびれた。


 サン・キューイチは、プティのその非礼については興味が無いようだ。シューに対し、普通に、おにぎりの敬礼で返す。

「そうか。今、どの当たりを学んでいるのだ?」


「はい。我がリバタニア軍の現状と、政治系哲学者についてであります」

 背筋を伸ばして答える、シュー・トミトクル。


「そうか。政治絡みは、訓練時にはろくに教えないからな。はげめよ」

 サン・キューイチはそう言って、右手の紙パックに入った乳酸菌飲料を飲みつつ、左手に下げられたビニール袋を、シューに手渡した。


 シュー・トミトクル用の赤パッケージのコーラと、その後輩、プティ用のミルクティであった。


「良いとんちを生みだすには、糖分が必要だからな。プティはミルクティで良かったか?」

 サン・キューイチが聞く。


 学習に集中していたプティは、その質問に気づくまで、2テンポ程かかった。


「……あっ! あ、はい。ありがとうございます!」

 机から慌てて立ち上がろうとしてアイボリー色のテーブルに軽く膝を打ちつつ、少女は頭をさげる。セミロングの黒髪が勢い良くファサッと垂れ下がり、そして元の位置に戻る。


「差し入れを頂き、感謝致します」

 シューはおにぎりの敬礼で返す。


「堅苦しくしなくていいぞ。戦闘配置でもないんだし。一休みしつつあわてないあわてない、はげめよ」

 そう言い残して、サン・キューイチは図書室から退室した。


 ◆


 現在。リバタニアでは、「リバタリアニズム」が主流になっていた。


 ――あめちゃんをくれるおばちゃんでは バタリアンでもジャイアニズムでも ない。


 リバタリアニズムにおいては、「個人の自由」が優先される。


 それは、かつてのヒューマン哲学者、イマヌエル・カントの「個人の尊厳」を重視する思想も、源流の一つであった。 


 「小さな国家機能」を目指す思考。個人の自由を奪うおそれのある事項が、政治の世界から尽く排除されていった。


 その結果、どうなったか?


 富める者に、ほぼ全てが集中する世界が現出した。


 かつてのヒューマン哲学者に、カール・マルクスという人物がいる。

 「資本主義の終焉」を予言した人物だ。しかし、資本主義は、終わりを告げるどころか、より一層、力を、そして、格差をつけていった。


 かつてのヒューマン哲学者に、ハンナ・アーレントという人物がいる。

 アーレントは、政治の核心は「言葉と説得」であると主張した。また、人が行動する世界を、ポリス(政治)公的領域オイコス(家政)私的領域に分けて考え、その領域を「社会」が侵食「社会領域が、していることを自然的なるものの問題視した不自然な成長を解き放した」

 アーレントはマルクスに対しても、「労働」を人間の本質に置くのは誤りであると主張した。

 いわば、経済活動自体を批判した事になるかもしれない。

 しかし、経済社会の、政治領域や家庭領域への侵食は、より一層、広がっていった。


 そして生まれた世界。


 「社会的な」力を持つ者が、国家が定める法の代替として「実質的なルール」を決める世界。


 「自由な尊厳」に基づく「自由な契約」の名の下に、搾取が進む世界。


 各個人間の力関係は、決して平等ではない。


 国による課税は、個人の財産の自由を侵害する「強制労働」のようなものであると、かつてのヒューマン哲学者、ノージックも述べている。

 契約の「自由」という名の下に、搾取される側の「自由」が奪われる構造となったのは皮肉である。


 そして、地球における、「実質権力者経済社会を握った者」に、当然ながら富が集中する。


 これが、公には『反乱勢力』と呼称され、一般には『網を抜け出た者』と呼称される、「フロンデイア」が設立される萌芽となった。


 ――


 今から60年程前、概念宇宙暦123いい兄さん年。


 新たな資源を外宇宙に求めた人類。


 フロンティア・スピリットを胸に携えて漆黒の空間に乗り出した開拓者エクスプローラーが、辺境の惑星で発見したものが、思考に反応して特性を変える新金属「ニョイニウム」であった。


 しかしそれは、外宇宙で危険を冒した者スペース・エクスプローラーの手には残らなかった。


 外宇宙に出るリスクは、開拓者エクスプローラーのもの。


 得られた資源ニョイニウムは、地球の「実質権力者」のもの。


 これに対して反発が起こるのは、感情としては、自然であったといえるだろう。


 辺境の第三惑星テーラコヤを拠点としていた開拓者エクスプローラーを中心に、「フロンデイア遠征政府」の樹立が宣言されるまで、そう時間はかからなかった。


 惑星名「テーラコヤ」は、当時の開拓者のリーダーであるイトウ=ヒロブミンが、地球テラと、人類を育む学び舎「寺子屋」とを合わせて名付けたと言われている。


 しかし、開拓者共の勝手気ままを認める、リバタニア地球の実質権力者達ではなかった。


 リバタニアにしてみれば、フロンデイアの開拓者どもは、「搾取対象である、辺境の労働者」にすぎない。


 搾取に慣れ、権力、情報を欲しいままにしていたリバタニアは、フロンデイア政府の樹立を公認せず、「異端者の集団」として彼らを扱った――


 ◆


「――どう考える? プティ」

 学習がそれなりに進んだと思われるタイミングを見計らい、シューが声をかけた。


「ええと……リバタニアと、フロンデイア。どちらの気持ちも、分かるというか……」

 プティはそう答えた。


「まぁ……そうだろうな」

 シューは相槌をうつ。


 人には、「欲」がある。


 業と言い換えても、良いかもしれない。


 欲に基づき「コレは俺のだ。既得権を保持し俺のモノを増やしてそれを拡大する何が悪い?」。それは自然な思考だ。


 一方、相対的に不遇な環境に置かれた者が、これに反発する「ずるい! 平等じゃない!」のも自然な思考だ。


 双方、人として自然な思考なのだ。


「何か、両者をまとめる良い方法は無いんですかね……せんぱい?」

 黒髪の少女は、おずおずと聞いた。


「……現実には難しいだろうな……」

 そう答えるシューに、黒髪の少女は表情を曇らせる。


(現実は、甘く無いのだ……)

 シューのその考えは、自らの経験から来たものだった。


 甘い世界。


 現実が、もしそのような世界であれば、あの少女は、何故死なねばならなかったのか?


 の髪の妹、セシルは。


「ふう……」

 シューはため息をつき、自らの過去への思考を、体外に追い払った。


「ティーブレイクにするか。司令官からの差し入れもあるし」

 シューのその提案に、目の前のの少女、プティの顔がほころんだ。


「ケーキもあるんですか? せんぱいお手製の」

 そう言って両手を胸の前で組み、表情を崩すプティ。


「ああ。今回のは、自信作だぞ」

 シューは握りこぶしで、胸をドンと打つ。


「コーラとケーキじゃ、どちらも甘くて、味わかんなくなりそうですね。あはは♪」

 プティはそう言って、声をあげて笑った。


「俺の舌なら、大丈夫なんだよ」

 あまり反論になっていない事を言い捨て、シューは自作のケーキを取りに、部屋の隅の冷蔵ケースへと歩き出した。パティシエ上がりのシューが、戦艦ヤンデレンに無理やり持ち込んだ私物だった。


 ――妹に対して出来なかった事の、代償行為なのかもしれない。


 その認識を顕在意識下に捉えつつ、シューは、自作のホールケーキを切り分け始めた。


 ―続く―


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます