09 我思う、故に我あり。その外側とか


 ぽにゅにゅにゅーん!  強・斬撃  


 ポーロリー!


 デカルトンの、宇宙を切り裂くような斬撃により、カントムの右腕が切り落とされた。

 

『ぐえええええ!』

 起動哲学先生モビル・ティーチャーであるカントムも、デカルトンと同様に、「やられた」という概念を有していた。


「キャアアア!」モラウ・ボウの悲鳴が響く。


「モラウ!」

 戦艦ハコビ・タクナイのブリッジにいるコムロも、叫んでいた。

 コムロの手はきつく握られ、ぷるぷると震えていた。

 

 ―仮に、ニョイ・ボウを握っていたとしたら、どのような音が出ただろうか?


「最後まで調理してやる! 投降する気が無いならな!」

 敵軍の起動哲学先生モビル・ティーチャー「デカルトン」に乗ったシュー・トミトクル。その頭のノーマル・コック・ボウが、少しだけ前にずれた。


『ブオン』

 ぽにゅーん! 斬撃 


『ブオン』

 ぽにゅーん! 斬撃 

  


「どうだ! 死に至る病の味は!」


「またそれ! 絶望っていうんでしょ! 私は絶望なんかしてない!」 

 精一杯の強気で返す、モラウ・ボウ。


 シューは、一笑に付す。

「学習レベルの低い奴め! 自分が絶望していることにすら気づかないとは! 『弱さの絶望』如きが!」

「何言ってるの!」


 ドーン!


 ドーン!


 ――かつてのヒューマン哲学者、キルケゴールは、絶望には3種類あると唱えた。

(1)絶望して、自己をもっていることを意識していない場合

(2)絶望して、自己自身であろうと欲しない場合

(3)絶望して、自己自身であろうと欲する場合


 モラウは(1)の状態にあると、シューは指摘しようとしていた。

 「絶望の真の観念までは持っていない状態である」と。


 当然ながら、小難しい事を言われたモラウは激高する。

 しかしその感情は、思考を回すものではない。戦況に何ら変化を及ぼすことは出来ない。


 彼女のテンションとは裏腹に、カントムの出力は、じわじわと下がっているように感じられた。


 片腕を落とされ、出力もさらに低下し、カントムは窮地に立たされていた。


「さて、投降する気が、ないのなら!」

 デカルトンが、その右腕に持った「ワレモノ・ブレード」を構える。

 居合い抜きのように、左の腰部のあたりにピタリと止まる、ワレモノ・ブレード。


 その、つかの先端の所に、黄色地に黒字の長方形シールが貼り付けられていた。


「ワレモノ……注意……」

 呆然と、そう口にする、モラウ・ボウ。


 ――シュー・トミトクルが整備員に命じたシール「ワレモノ注意」。

 出撃準備中に貼られたものと思われた。


「……え? 整備員め、貼るのは帰艦後で良かったのに! 『我の、得物エモノ』でワレモノだ! 問題あるか!」

 シュー・トミトクルは、気恥ずかしさのあまり、早口になった。


 それを感知した、デカルトンを構成するニョイニウムが、


 オロシタテシャッタグ―!


 と、恥ずかしい音を発した。


 ◆


「我の……得物エモノ……」

 戦艦「ハコビ・タクナイ」のブリッジで、コムロ少年は考えこむように、ブツブツと言い始めた。


「我……思う……故に……我あり……、デカルト……はっ!」


 ピカカキ!


 コムロに天啓が訪れた。


 コムロはインカムに向かって語り始めた。

 論戦の相手は――敵の、機動哲学先生モビル・ティーチャー


「汝! おそらくはデカルトベースの汝!」

『……うむ?』


「やはりそうか!」

 コムロは、予想が的中したことを悟った。


 (デカルトなら――いけるかも――しれない!)


「かのデカルトは、『我思う故に我あり』と語ったという! そこに論点が2つある!」

『論点……?』

 デカルトンが振り回していたワレモノ・ブレードが停止した。


「お、おい! デカルトン先生!?」

 シュー・トミトクルは慌てた。

 しかし、デカルトンは、コムロの言葉に、興味を持ったようだ。


『どのような、論点だというのか?』

 デカルトンは、その場に停止しながら聞く。


「我思う故に我あり――それは真理と言っていいだろう。疑わしきものを全て捨て去った後に、残った真理」

 コムロが、彼にしては低く、お腹から出るような声で、語りかける。


『その通りだ。その真理を否定できない』

 デカルトンは、心持ち胸を張ったように見える。


 コムロは、デカルトに対する「自らの疑問」を口にした。

「では、第1に、その真理の適用範囲は? 捨て去った多くの事項に対しても、その真理は適用できるのか?」

『うむ?』


「第2に、疑わしきものとして、かのデカルトが捨て去ってきた事項。その中に、真理が存在しないと言いきれるか?」

『ううむ……それは……』


「デカルトン先生! 敵の論戦に巻き込まれないで下さい!」

 デカルトンの中で、慌てるシュー・トミトクル。


 しかし……


『我の思考の、ベースの1つに関する論点なのだ……』

 悩み出した途端に、その動きが止まる、デカルトン。


「せ、先生! 考え事をしている場合では!」

『重要な示唆を、今、得たところなのだ、しばし、思索にふけらせてくれ』

「な、なにをいって……」


「いまだ! モラウ! 急速後退!」

 コムロの鋭い声がインカム越しに響いた。


「え、え? うん! カントム先生! 急速後退!」

『……承知……』


 ドシュウーー!

 モラウの指示に沿って、一直線に後退するカントム。デカルトンとの距離が開く。


「待て! 追撃・・・って、動いて! デカルトン先生!」

 シュー・トミトクルは操舵レバーをガチャガチャ、フットペダルをフミフミするが、デカルトンは動かない。


『ぬうう……、うーーむ……、しかし……、この観点からすると……』


『数学と同様、真理の土台をまず発見し、そこから出発するという着想には、問題が無いが……』


『その土台が適用できる範囲は……』


『除外した部分には……』



「……だめだ。完全に、思考モードに切り替わってしまっている……これだから哲学者は!」

 シュー・トミトクルは苛立ち、右手の握りこぶしで、自分の太ももを何度も叩いた。


 そこに、追い打ちのように、戦艦「ハコビ・タクナイ」から、レーザー砲が斉射された。


 シュワーーーーーー!

 シュワーーーーーー!

 シュワーーーーーー!

 シュワーーーーーー!


「……このままではやられるな。しかたない、引こう。デカルトン先生! 戦艦に戻って、じっくり考えれば良いです」

『……それならば、承知した』


「……まったく、扱いづらいなぁ……」


 カントムに合わせて、デカルトンも後退を始めた。


 こうして、モラウ・ボウを載せたカントムは、片腕を失いつつも、戦艦ハコビ・タクナイへの生還を果たした。


 ―続く―

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます