08 カントム、枯渇。もっと思考を!

 イマヌエル形態から戦闘形態へとモーフィング変形しつつ、ベルトコンベア式床を移動する、カントム。


 そこに向かっているのは、少女、モラウ・ボウだった。


 艦長から拝借したキック・ボードは、戦艦の遠心重力ブロックまでの使用だ。

 キック・ボードを駐輪スペースにガチャリと係留したかったが、あいにく全て埋まっていた。


「ごめんなさい!」

 モラウはそう言って、艦長から拝借したキック・ボードを、他の駐輪済みキック・ボードの間に突っ込んで、置き去りにする。


 ―自転車ならば、違反で撤去の後、1000フィロソ〜5000フィロソの罰金、もしくは、どこかに売り飛ばされる運命をたどる行為である。しかし、今は非常時。


 無重力ブロックに入ってからは、基本は地面を蹴って移動。移動用の射出棒もうまく使う。


 戦艦のクルー達は、早朝の敵襲に慌てていたようだ。疾走するモラウ・ボウに奇異の眼差しを向ける者もいたが、それぞれ、自分のタスクで手一杯であった。


 モラウ・ボウはそのままカントムのコックピットに潜り込み、火を灯す。


「!! カントム、起動しました!」

 オペレーターからの報告をインカム越しに受け取った艦長、キモイキモイは、モラウを追う途中の通路で目を丸くした。


「誰が動かした!?」

「カントム内モニター確認……モラウ・ボウです!」

「なんだって!」


 一度火が入ってからのカントムは、本来ならば、動き出すまで時間がかかる。

 機動哲学先生モビル・ティーチャー生徒搭乗者スチューロットの議論シーケンスが含まれているからだ。

 しかしモラウは、その手順をショートカットしてのを試みているらしい。


 自らの足で走りながら、ブリッジ経由の通信を使い、カントムの中にいるモラウとの対話を試みる、キモイキモイ。焦りで、息がハアハアと荒い。


「モラウ! 危ないだろう! カントムから降りるんだ! ハアハア!」


 ――息遣いこそ多少キモいが、発言は正論だ。


「コムロが貯め込んだエネルギーがあるんでしょ! 私の方が、カントムと話が噛み合ってるし!」

「そんなに簡単じゃない! 操縦だって初めてだろう! ハアハア!」

「コムロの近くで、訓練を見てたわ! それに、自動操縦モードもあるんでしょ!」

「それはそうだが! ハアハア!」


 艦長の静止を聞かず、モラウボ・ボウは、戦艦から急速発進していった。


 ――戦艦ハコビ・タクナイ自体は、発進シーケンスはスムーズであった。

 ――運びたく、ないのであろう。


 ◆


 モラウ・ボウの出撃から2分前――


(社会契約説だというなら、戦争で人を殺すのも、契約のうちなのか? そんな合意、僕ははした覚えは無い。そもそも、僕が生まれた時から、社会があったじゃないか。どうやって、生まれる前に契約できるっていうんだ……)


「コムロ! モラウがカントムで出撃しようとしている! ハアハア!」


 BPC(ブレイン・パワー・チャージャー)の中に、キモイキモイからの通信が響く。


 ――「ハアハア!」の部分が、最もハッキリ聞こえた。


(!! モラウが!?)

 コムロはガバッと飛び起きる。


 ビヨ〜ン! 警告  ビヨ〜ン! 警告  ビンヨヨヨ〜ン!   警告   

 

 そのとき丁度、BPC(ブレイン・パワー・チャージャー)のアラームが鳴った。チャージャーと、カントムの機体との接続が、解除された事を示すアラームだった。


(しゅ、出撃? 本気か!?)


 コムロは慌てて、チャージャーの内鍵をアンロックすると、通路に踊り出て走り始めた。

 

 コムロが射出台の近くに着くと、カントムが発進したちょうど後だった。

 ドシュウウウウウ! というスラスターの軌跡が、虚空に消えていく。


 すぐそこには、いまいましげに右手の拳で、ハンマーのように壁を叩く、艦長キモイキモイが見えた。


「艦長?」


 キモイキモイはコムロに気づくと、つかつかと歩み寄り


 バシーン!


 コムロの左の頬が叩かれた。


 コムロの脳内には、小さい頃にモラウと遊んだゲーム「ウニウニパニック」が走馬灯のように去来していた。

 

キモイキモイ艦長のビンタは、「イテーッ!」と言ってウニが後退する、素手ハンマーの勢いを超えるほどであった。しかし、素手でウニを叩いたら、叩く側も「イテーッ!」となるのは自明である。


 ―他者を攻撃するとはそういうことなのだ。


「貴様がモタモタと考えているから、こんなことになったのだ!」


 コムロは黙って、右側の頬を差し出した。

 非暴力・不服従。


 バシーン!


 今度は、コムロの右の頬が叩かれた。


 コムロの脳内には、小さい頃にモラウと遊んだゲーム「ウニウニパニック」が走馬灯のように去来していた。


 キモイキモイ艦長のビンタは、「イテーッ!」と言ってウニが後退する、素手ハンマーの勢いを超えるほどであった。しかし、素手でウニを叩いたら、叩く側も「イテーッ!」となるのは自明である。


 ―他者を攻撃するとはそういうことなのだ。


「艦長――僕は、どうすれば?」

「とりあえず、私とブリッジに来い。モラウを説得して、帰還させるんだ。その後に艦を急速後退させる」

「わ、わかりました」

 そう言って、二人はブリッジに急いだ。


 ◆


 発進と同時に宇宙空間に放り出されたモラウ・ボウとカントム。乗った生徒操縦者スチューロットが耐えられるように、カントムは自動制御になる。


「……自動で動けるのは、正直助かるわ」

 全て手動で操るのは、熟練の生徒操縦者スチューロットであっても困難であろう。その自動操縦の程度を、設定で変えられるようになっていた。


 発進して1分後――


 スヌーズ機能が働き、機動哲学先生モビル・ティーチャー生徒搭乗者スチューロットとの議論シーケンスが再び始まった。


『我は何者ぞ』 

「ロボットでしょ? それ以外のなんだっていうのよ」

『我は、単なるロボットではない』


 ドーン!


 ドーン!


「知らないっての! ロボットとして行動して! ロボットなんだから!」

『……承知した』


 ――どうやら、カントムの問いに対して、「哲学的ゾンビ」というキーワードを提示しなくても、それなりに行動はしてもらえるようだ。


 ◆


 そこに、マイケノレ・サンデノレ隊のおよそ3倍のスピードで接近する敵。


 ノーマル・コック・ボウをかぶった青年、シュー・トミトクルが駆る、機動哲学先生モビル・ティーチャー、「デカルトン」であった。


「見つけたぞ! この前の借りを、返してやる!」

 シュー・トミトクルは、そう言ってカントムへ向かい突撃してきた。


「はっ! 敵?」

 左斜め前方からの接近を知らせるカントムのアラームが、ダッフン! ダッフン! と響いた。

 

「カントム! 迎撃! 突撃してくる相手を、この前の、一番硬いボウで!」

『この前とは?』

「アプリなんとかってのがあったでしょ! 覚えてないの?」

『ア・プリオリ・ブレードのことか?』

「それ! それを出して、それで敵を斬る! 真っ二つに!」

『それは、自律的な行動とい……』

「ごちゃごちゃ言わずに行動する!」


『……それは、自律的な行動と……承知……』


 ◆


「うお! 敵もなかなか、対応が早いな! 機動哲学先生モビル・ティーチャーとの対話が、スムーズに進んでいるのか!」

 デカルトンを駆るシュー・トミトクルは、そう言って感嘆した。


「しかし……この遠距離でブレードとは! 敵の生徒搭乗者スチューロットは、戦いを知らぬようだ」

 そう嘲笑しながら、シューは、自らが乗る機動哲学先生モビル・ティーチャーに対して、対話を開始した。


「デカルトン! ワレモノを、相手に向けて発砲!」

『ワレモノとは、我そのもの、のことか?』


「……そっちじゃなくて! 我の『得物エモノ』の方! 射撃武器としての我!」

『ワレモノ・ライフルのことだな』

「わかってるじゃないか! それ! 敵に向けて撃ちまくりつつ肉薄!」

『肉とは? 前方にいる対象は、肉ではなく金属で組成されているようだが……』

「ああもう!」


 遠距離でのワレモノ・ライフル発砲を試みたシュー・トミトクルのあては、外れた。


 疑い深いデカルトンとの意思疎通をどうにか確立している間に、デカルトンとカントムの距離は接近。すでに、射撃用武器から、接近戦用武器の間合いへと移行していた。


「しょうがない! ワレモノを、斬る為の武器として用途変更! つるぎとしての我だ!」

『時に、我がスチューロット、シューよ。実存と、本質では、どちらが勝るのだろうか?』

「こんな時に、サルトルかよ!」


 ―かつてのフランスのヒューマン哲学者、ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトルは、「実存主義」を唱えた。

 

 実存と本質とは、どちらが先か? という問いだ。


 例えば、はさみは、「切る」という用途が先にあって、その機能を実装するために、はさみが製造される。


 つまり、はさみの場合、「本質」が「実存」より先にあるのだ。 小難しい話、始まりました 


 一方、人間はどうだろうか?


 先に、「用途」が定められて、生まれてきたのだろうか?


 我思う故に我ありの「ワレモノ」の場合は、どちらが先だろうか?


 少なくとも、用途が変わるこの武器は、が先と言えるかもしれない。

 


「カントム先生! 応戦!」

『……承知……』


 ぷにょっ!斬撃

 コムロの夜通しの蓄積思考エネルギーが載ったア・プリオリ・ブレード


 vs


 ぽにょっ!斬撃

 サルトルの「実存主義」についての考察エネルギーが載った、ワレモノ・ブレード


 ぷにょーん! 剣の一合  ぷにょーん! 剣の一合  ぷにょーん! 剣の一合  ぽわわっ! 押し返し  反町ィィッ!ツバ迫り合い


 ドシュウーー!スラスター開放 ドシュウーー!スラスター開放 にゅぽっ! 弾き返し 


「なんという出力だ!」

 驚くシュー・トミトクル。


 カントムとデカルトンは、互いのブレードを3合程、打ち合わせた後、スラスターによる押しあいへと移行した。

 

 ズドドドドドドドドドドドド!


 ズドドドドドドドドドドドド!


 しかし、蓄積した思考力から生じる、出力に差があった。カントムの方が、スラスターからの推進剤の噴射を頑張ったのである。


「ぐ、ぐううう!」

 ジリジリと押されるデカルトン。

 

 押しこみあいで優勢なのは――カントム。


 デカルトンを操縦するシュー・トミトクルは、カントムのブレードに込められた力を、斜め右上へと受け流した。


 シュドオオオオ!脚部スラスター前方噴射

 後退するデカルトン。


「押してる! カントム先生、追撃!」

『……承知……』


 ドドドドシュウー!《背部スラスター開放》


 少し距離が開いたデカルトンへと突進し、間合いを詰めるカントム。


 モラウは、全てをカントム先生に任せた。

「このまま追い返す! この、目の前の敵を!」


 ◆ 


 ハア! ハア!


 息を切らせながら、戦艦「ハコビ・タクナイ」のブリッジに戻った、艦長のキモイキモイと、その後に続くコムロ・テツ少年。


「艦長!」

 ブリッジのクルーに、安堵の表情が満ちた。


「遅くなってすまなかった!」

 そう言うキモイキモイは、ブリッジを離れていた間も、オペレーターの報告を通信機経由で聞きながら、クルーに指示を出していた。


 すなわち、


 ・カントムからの距離が離れすぎない程度に遊弋。

 ・防御の態勢を整えること。特に、前方からの攻撃に備える。

 ・カントムへは、継続的に帰艦を呼びかける。

 ・カントムを収容し次第、撤退する。交戦を避けて態勢を立て直す。


 以上のような方針だった。


 ブリッジのクルー達の目が、気になるコムロ。


(僕が出撃していれば、モラウを危険にさらすことも無かったのに……)

(考えすぎていたのか、僕は……。しかし、人を殺める事は……)


 ガシッ!

「良いか? コムロ君」


 自分の思考の世界に行こうとするコムロの肩を、両手でがっしりと握ったキモイキモイの手には、大きさと、力強さがあった。


 キモイキモイ艦長は、コムロの身長に合わせてすこし頭を下げ、コムロの両目をまっすぐに見つめた。


「今、君の思考は、カントムのエネルギーチャージに何ら貢献しない」

 ゆっくりと、力強く、コムロに染み込ませるように話す、キモイキモイ艦長。


「考え事は、後からゆっくりでも良いんだ。だから今、君のその優秀な頭脳は、『これからどうすべきか』に使うんだ」


 ブリッジに居るクルーも、艦長とコムロの方を見つめている。

 小さく首を縦にふり、頷くクルーもいた。


 一方、クルーの一部には、そんな艦長たちから目を背けている者もいた。

 実際、カントムは敵モビル・ティーチャーに対して、目下、優勢であるように思えわれる。「このままで良いのでは?」という見方も、あり得るのだ。

 カントムを形成するニョイニウムの原理を知らされていないクルーにとっては、むしろその方が自然な理解だ。


「僕は……」

 コムロは呟く。


 コムロがカントム先生から問われた、「自律」と「他律」の問い。


 その答えは、まだ出ていない。


 でも、今、優先すべきことがある。


 モラウを安全に、戦艦ハコビ・タクナイまで帰艦させること。


「……通信士用のヘッドフォンを貸して下さい!」

 コムロはそう言って、ヘッドフォンを借り受けた。頭に装着する。


「僕が、彼女とカントム先生を誘導して、連れ戻します!」


 ◆◆


 ドドドドシュウー!


「帰りなさい! ここから!」

 モラウの声に応じて、繰り出されるア・プリオリ・ブレード。 


 突進の勢いも、ブレードに乗っている。


 必殺の一撃!


 ――に、なるはずであった。


 ぷにょ? 剣の一合  にゅぽぽおいおいっ! 弾き返し 


 ア・プリオリブレードが、デカルトンの「ワレモノ・ブレード」によって弾き飛ばされる。


「どういうこと!?」

 モラウ・ボウは困惑していた。


「は! パワーダウンか!」

 俄然、勢いを取り戻す、シュー・トミトクル。


 先刻まで押され気味であったシューの引きつった表情には、笑みが戻った。


 ぽむっ! ぽむっ! 


 デカルトンの強烈な前蹴りが、カントムに2回ヒット!

 

「キャアアアア!」

 後ろに吹き飛ばされたカントムの中で、モラウが悲鳴を上げた。


「よし! 距離が開いた! 前進!」

 ドドドドシュウー!スラスター開放


 前蹴りによって後方に飛ばされたカントムを追うように、距離を詰めるデカルトン。


「ワレモノ・ブレードで斬撃!」

『ブオン』


 ぽにゅーん! 斬撃 


 デカルトンが、耳元で囁かれたら耳が妊娠してしまうかのような声で発声した「ブオン」という音とは異なり、実際の斬撃音は、ぽにゅーんと響いた。


 ―機動哲学先生モビル・ティーチャーを構成するニョイニウムは、鉄などの通常の金属とは異なるのだ。


 ◆


「カントムの戦況は!?」

 戦艦ハコビ・タクナイのブリッジで、キモイキモイ艦長が、鋭く状況確認の指示を出した。


「押されています! 直前までは圧倒していたのに!」

 男性オペレーターの悲鳴のような報告。


「敵の攻撃をかろうじて回避しつつ、カントムは後退中! しかし、後退速度が遅くなっています!」

 別の女性オペレーターの報告。


「蓄積した思考エネルギーが、枯渇し始めたんだ!」

 キモイキモイ艦長は、状況が切迫している事に気づいた。


 ―これは、BPC(ブレイン・パワー・チャージャー)の中で、コムロが夜通し悩んでニョイニウムに蓄積したエネルギーが、切れ始めた事を意味する。


 カントムを形成する金属である「ニョイニウム」は、生徒搭乗者スチューロットの思考に基づいてエネルギーを生みだす。


 思考の注入無しでは、ニョイニウムは「ただの金属」に成り下がってしまう。


「まずい!」

 ブリッジの傍らでコムロはそう言いながら、右手の親指を思わず噛んだ。彼の小さいころからの癖だった。


 ――親指は、若干の塩味だ。



 キモイキモイ艦長の鋭い指示が3つ飛ぶ。


「砲手! 敵にピンポイント攻撃! 当たらなくていい! 牽制だ! 今すぐ!」


「モラウ君! カントムのエネルギーが足りない! 考え事をしつつ後退! 戦艦に帰還せよ! レーザー射撃で援護する!」


「コムロ君! モラウ君に思考をさせるんだ!」


 間髪を入れず、


「ラジャー!」

 砲手が即座に対応する。


「えっ? は、はい! わかりました!」

 ピンチになったモラウも、艦長に従う。


「了解です!」

 コムロは元からそのつもりだ。


 シュワーーーーーー!

 シュワーーーーーー!

 シュワーーーーーー!

 シュワーーーーーー!


 戦艦ハコビ・タクナイから4門のレーザー砲が発射された。


「うおっと! 当たるか!」と、シュー・トミトクル。

 大した回避運動も必要とせず、デカルトンの横を通過していくレーザービーム。

 

 当然だ。このデカルトンとカントムの距離で、デカルトンだけを狙い撃ちするなど出来ない。


(レーザーによる牽制をしながら、後退の為に、カントムに可能な限りの思考エネルギーを稼ぎだす――)

 コムロ少年は、キモイキモイ艦長の指示を正しく理解していた。


「モラウ! カントム先生と、議論するんだ! エネルギーを溜める!」

 インカム越しに、そう叫ぶコムロ。


「そんな小難しい事できない!」

 そう、慌てるモラウ。


「いつも僕の話を聞いてるだろ! 何でもいいんだ! 考えろ!」

「わかんないよ!」


 モラウのポケットに小さくまとまったニョイ・ボウが、困惑を示す「モゲゲゲゲー!」という音を発した。


「モラウ! それだ! 君にとって、ボウってなんだ!? いつも貰う、ボウの共通点は!?」

「えっ! わかんないってば! ボウはボウなの!」

「長ければボウなのか! 硬さは? ダイコンは本当にボウか? ボウを並べてくっつけたらボウか? 面か?」

「小難しい話しないでっ!」


 ドーン!


 ドーン!


 ドーン!


 ニョイニウムへの思考注入が上手くいかず、減速するカントム。


 デカルトンは、その隙を逃さない。


 ――肉薄――


 いや、


 ――金属薄――


「死に至る病を、喰らえ!」

 シューの、勝ち誇る声が響く。


『ブオンブオン』


 ぽにゅにゅにゅーん!  強・斬撃  


 デカルトンの、渾身の一撃が、カントムに舞い降りた。


 ―続く―

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます