07 え、マジ? アンタが行くの?



「マイケノレ・サンデノレ隊は、敗北したらしいですな」


 戦艦「ヤンデレン」の簡素な一室。

 起動哲学先生モビル・ティーチャーデカルトンの生徒搭乗者スチューロットであるシュー・トミトクルが、議論の尖兵を送り出した。


「中央を突破され、撤退したそうだ」

 指揮シートに座ったサン・キューイチは、特に表情も変えずに返す。


「犠牲を最小限におさえる、迅速な撤退指示、と評すればよいですかね。ゴクリ」

 シューは指揮シートの右横に立ち、透明なプラスチック製コップに入ったコーラを、くいっと飲んだ。脳への糖分補給だ。


「数で押す。合理的な戦法だったがな。チュー!」

 上官であるサン・キューイチは、乳酸菌飲料を愛飲している。白地に肌色の柔らかいパックには、ストローが刺さっている。彼は炭酸が苦手であった。


「戦いには、やはり数の側面はあります。機動哲学先生モビル・ティーチャーとの意思疎通がスムーズである点も、マイケノレ隊の戦術は好ましいです。しかし、事前に討論を済ませた場合、戦場での思考チャージが減るデメリットがあります。ゴクッ」

 シューは、長いことしゃべった後、コーラをさらに一口。シューの喉を炭酸がシュワーと刺激する。


「これまでの敵であれば、十分に、数で対抗できたのだがな。チュチュー」

 サン・キューイチは、順調に飲み進める。


「マイケノレ・サンデノレ隊は、安定した武勲を立てていました。半包囲作戦も、敵の機動哲学先生モビル・ティーチャーと力が拮抗していれば、有効であるとは思います。チビッ」

「今回は、敵が強すぎたな。チュー、シュゴゴゴ」


「予想外だったでしょう。カォロッカォロッ」

 シューは、中味の減ったコップを回した。氷の音が、プラスチックのコップの中で鈍く響いた。


「お前が、撤退の憂き目にあう程の、相手だからな。ペコッ! シュゴゴゴ!」

 サンは、乳酸菌飲料のパックを潰して斜めにし、残った液体をパックの隅に集めると、一気に吸い上げた。


「……申し訳ありません。次こそは。しかし、このコーラ、炭酸が強いですな」

 シューはコップをテーブルに置くと、部屋の出口へと、颯爽と歩き始めた。


「追撃か?」

 サンは、シューには目もくれず、飲み干した乳酸菌飲料のパックを、近場の大型ゴミ・ボックスへと放り投げた。やや狙いが外れたが、ゴミ・ボックスからの自動吸引により、パックの軌道は修正され、見事ボックスの中に取り込まれた。一瞬だけ、嬉しそうな顔をみせる、サン・キューイチ。


「食材と同様、鮮度は命ですから。それでは、行ってまいります」

 パティシエ上がりの青年、シュー・トミトクルは、そういってサンへと向き直り、敬礼を行った。両腕で三角形のおにぎりの形を作る。


「ふむ。しっかり考えて、しっかり戦え」

 上官であるサン・キューイチも、指揮シートに座ったまま、上半身だけを右にくいっと反転させ、両腕で三角形のおにぎりの形を作る。


 ……


 シューの去り際に、サン・キューイチが、肩越しに話しかけた。

「しかし、その『強い敵』の情報、マイケノレ隊に教えてやればよかったかもな」


「ははっ。どこにだって、あるものですよ。『企業秘密』というものは」

 シュー・トミトクルは、そう言い残して部屋を後にした。


 ◆


「修理と、新たな武器の整備は、どうなっている?」

 シュー・トミトクルは、機動哲学先生モビル・ティーチャーデカルトンの格納庫に到着するなり、近場の整備員にそう尋ねた。


「ハッ! 順調に進んでおります!」

 おにぎりの敬礼をビシッと返す、薄い灰色の、つなぎを着た整備兵。


「かのヒューマン哲学者、ルネ・デカルトは言った。『我思う、故に我あり』と……」

「は、はあ……」と返す、整備兵。


「……貴様に議論をしかけても無駄か。学習が足りないぞ」

「至らぬ点、申し訳ございません」

 整備兵は、ぺこりと頭を下げた。


「例えば、貴様。俺の存在を否定できるか?」

 シューは、挑戦的な表情でそう聞いた。

「シ、シュー殿は、存在しているであります!」

 緊張で、カチコチになっている整備兵。


「身も蓋もないことを言うなよ」

 シュー・トミトクルは笑った。

 その笑いにつられ、整備兵の緊張もとけたようだ。見るからにかたく上がっていた整備兵のいかり肩が、なで肩へと下がる。


 シューは話を続ける。

「『俺が存在しない』とは、俺は言えないだろ? もし俺がいなかったら、俺の、この思考は、一体なんなんだ?」

「は、はあ」

 整備兵は、シューの話を一生懸命聞こうとしている。それは、整備兵の伸びた背筋を見れば分かった。しかし、シューの話を正しく理解できている表情ではなかった。


「まあいい。これでも読んで勉強しろ」

 シューはため息をつきつつ、白いコック服の腰のあたりから、携帯機器を取り出すと、画面を何度かタップ&スワイプした。「.epub」形式の電子書籍データが、整備員の持つ携帯機器へと、無線通信ネットワーク経由で飛ぶ。


 シューは、整備兵の携帯機器から「バブン!」と、ダウンロード完了音がするのを確認してから、話を続けた。

「今送った電子書籍は、『コックでもわかる哲学入門』だ。俺が書いた本だから、複製権の侵害にもならない。整備の合間にでも、読んでおけ」


「了解しました!」

 と、律儀に返す、つなぎ姿の整備兵。


 整備兵との議論に飽きたシュー・トミトクルは、格納庫に鎮座する、巨大な金属を見上げた。機動哲学先生モビル・ティーチャーデカルトンだ。荒い多角形ポリゴンを呈する「ルネ形態」の金属。その右手には、巨大な棒状の物体が握られていた。


 ――この棒状武器の存在については、シュー・トミトクルとデカルトンとの間の対話も、完了していた。


「我思う故に我ありの真理を、そのまま武器とする。我の得物エモノ。すなわち『ワレモノ』」

 シューは、両手を腰に当ててそうつぶやく。


「……真理を司る武器だ。その威力たるや、恐ろしい物があろう」

 シューのそのつぶやきを受けて、先程の整備兵が、おずおずとした態度で報告を始めた。

「シュー殿。ブレード状態にしたワレモノの、あまりの切れ味の為、整備用の作業ランチが、バッサリと切れてしまいました。2時間ほど、前のことです」


 シュー・トミトクルは怒鳴った。

「何をやっているんだ! 危ないから、『ワレモノ注意』のシールを貼っておけ。黄色の地に、黒字だ!」


「ハ! 承知しました!」

 と、おにぎりの敬礼をする、整備兵。


 それを見届けたシュー・トミトクルは、棒状の武器「ワレモノ」を見上げながら、自らに向けて小さくつぶやいた。

「さぁ――行くか」


 ―― 敵に、絶望を喰らわせるために。

 ―― より絶望的な、絶望を。


 ********


 ……パカッ!


 宇宙を行く戦艦「ハコビ・タクナイ」の下部ハッチが、もったいぶった様に開いた。


 戦艦が迎え入れようとしているのは、機動哲学先生モビル・ティーチャー「カントム」と、それに搭乗する少年、コムロ・テツであった。

 

 敵の機動哲学先生モビル・ティーチャー、「マイケノレ・サンデノレ」の大軍を、中央突破戦法により退けたカントムは、母艦への帰投シーケンスに、優に30分以上を費やしていた。


 ――運びたくないのかもしれない。可能な限り。


 ウアーンオウチカエルー!コムロの逡巡音


 ウアーンオウチカエルー!コムロの逡巡音


 ……


 ……


「コムロ、お疲れ様!」

 無事帰投したカントムから降りるコムロ・テツ少年を、幼馴染の少女、モラウ・ボウが出迎えた。


 彼女の左手にはニョイ・ボウ。

 右手には、アイスミルクティーの白い紙コップが握られていた。シュガー・ポーションが2つ贅沢に投入された「甘め」に仕上がっている。たくさん思考を回したコムロの「脳への栄養」を補給するためだ。


「……」

 コムロは何も言わず、紙コップを受け取り、一気に飲みほす。

 コムロの体に、冷たい感触と、糖分が染み渡る。


「ありがとう」

 空になった紙コップをモラウ・ボウにつっかえすと、彼は艦内を歩き始めた。


「ちょっと! コムロ!?」

 コムロは考え事をしている。幼馴染のモラウにはそれが分かった。モラウは黙ってコムロと一緒に歩き始めた。


「コムロ、よくやったぞ!」

「すごいじゃないか!」


 戦艦の通路で出くわすクルー達の表情は、総じてにこやかだ。

 どこに行っても、賞賛の嵐。


 ――それはそうだろう。


 元々、コムロ・テツ少年は軍人ではない。

 父親は軍属ではあったが、息子のコムロは、ただの「哲学好き」に過ぎなかった。

 それが、「戦う金属」であるカントムと対話し、圧倒的多数の敵部隊を一蹴したのだ。


 しかし、コムロは終始、うつむき加減で艦内を歩きまわっていた。


 そこに出くわしたのが、艦長のキモイキモイであった。

 キモイキモイは、戦闘配置が解除されたので、ブリッジの指揮権を一旦、他の者に預け、自室で休息を取ろうとしていた。彼の部屋では、41度を超えるお風呂が待っていた。


 コムロの表情と、その横のモラウ・ボウの表情から、キモイキモイは状況を察した。


「コムロ。お前はよくやった。だが、悩むなら、せめてBPC(プレイン・パワー・チャージャー)の中でやってくれ」

 艦長の、冷徹な指示が飛ぶ。


 確かに、先の戦いで消費したニョイ・エネルギーを再び蓄積するには、膨大な思考量がいる。

 どうせグチグチと考え事をするなら、チャージャーの中で悩んで、カントムの蓄積エネルギーへとそれを転換した方が、効率的だろう。

 キモイキモイの指示は、合理的であった。


 ――艦長は、ただのキモい人ではないのだ。


 カントムのエネルギーを蓄積する為のBPC(ブレイン・パワー・チャージャー)は、マンガ喫茶のブースを、広くしたようなスペースだった。

 一人カラオケで訪れた、カラオケボックスの5人部屋程度の広さである。

 薄暗い部屋の奥の、黒いフラットシートにバタンと倒れこみ、寝っころがって悩み続ける、コムロ少年。


 ~~~~ぽわーんわんわんわーーんもっくもっく 小難しい話が続きます ~~~~


 カントム先生とは、戦闘中に対話した。

 かつてのヒューマン哲学者、フッサール的な解釈について。


 ――エトムント・グスタフ・アルブレヒト・フッサールは、オーストリアの哲学者であり、数学者だ。寿限無・寿限無ではない。

 フッサールは、全く新しい対象へのアプローチの方法として「現象学」を提唱した。この現象学は、ハイデガー、サルトル、メルロー=ポンティらの後継者を生み出して現象学運動となり、政治や芸術にまで影響を与えたと言われている。

 要は、「俺、実は、水槽の中に浮いてる脳なんじゃね?」という疑いを否定できないので、原子だとか、物理法則だとか、そういうのは「思い込みにすぎねぇじゃん!」と考えた人物である。


 敵の弾丸を、仰け反ってかわしそうだ。


『前方に敵の大群が居ると、コムロがだけじゃね? ホントに居るとは限らないんじゃね?』

 マイケノレ・サンデノレ隊の大群に突入すべく、スラスターを噴射する前のカントム先生は、このことを言っていたのだ。


 そして、その後。


 敵に肉薄にくはく――いや、金属薄きんぞくはく――し、敵の中央を、高速で突破した時。

 その時確かに、コムロの心を、一瞬の高揚感が突き抜けた。

 

 しかし、その高揚が収まってみると、彼は後悔を感じずにはいられなかった。


 コムロの脳裏には、あるシーンが甦る。

 敵のマイケノレ・サンデノレが、カントムのア・プリオリブレードで、「プニョンプニョーン!」と、真っ二つに切断されていく様。


 ヒューマン哲学者、フッサールの言に従えば、それはあくまで、コムロの脳が見せている幻なのかもしれない。「現実では無い」という可能性は否定できない。


 でも、自分は確かに、人の生命を奪ったのだ。コムロはそう感じた。

 自分の認識では、そうなのだ。


 (僕は――あの時、あの行動で良かったのか?)


 敵の集団に突撃する前に、カントム先生が与えた「もう1つの問い」が、今になってコムロを苦しめていた。


『その行動の動機は、であると言えるだろうか?』

 カントム先生は、そう問いを発していた。


「自律こそが、人格と物とを隔てている」  こむずかしい事を言っている  

 それが、かつてのヒューマン哲学者、イマヌエル・カントの思想。


 人間の理性の尊さに繋がるもの。  ぐちぐちと  それが「自律」。  考えている   


 (僕の行為は尊いのか?)


 (自律ではなく、他律にすぎないのではないか?)


 (敵の彼らも人間だ。理性を持った人間だ)


 (理性は、尊重されるべきである、という、カントの教え)


 (自分は、それを尊重したといえるのか? 生命を奪っておいて……)


 ~~~~ぽわーんわんわんわーーんもっくもっく 小難しい話、あと少しです ~~~~


 コムロは、いつもは22時半頃には寝る。

 そんな彼が、夜の0時をまたいでも、一睡もできずに、ただ壁を見つめて、膝を抱えて、考え込んでいた。

 カントムのエネルギーを蓄積する為の装置、BPC(ブレイン・パワー・チャージャー)の部屋の中で。


 大量の思考エネルギーを送り込まれているカントムは、堂々めぐりなコムロの思考に感応して、一周まわって戻ってくるのような形態になっていた。コムロの苦渋の心を反映した、コーヒー色の。


 (人とは何だ?)


 (尊厳とは?)


 (その尊厳を踏みにじる、戦争とは?)


 (敵を倒す事を是とする、国家とは?)


 (ルソーによれば、国家なんて、社会契約により出来た存在にすぎないのでは、なかったか?)


 困った時に、ついつい、余計な事まで考えてしまうのが、哲学好きが備える気質である。


 ――コムロは、思考の泥沼へと入って行った。


 ◆


 朝が来た。


「おはようございます、艦長。……カントムのエネルギーゲインが、凄まじいことになっています」

 ブリッジにいる、当直の男性オペレーターからの無線通信。


「コムロは、相当悩んでいるようだな」

 艦長のキモイキモイが、ベッドで軽く伸びをしながら、通信機越しにそう返す。


 キモイキモイは、寝巻きから、白い地に理性を司る「青」をあしらった制服へと素早く着替えると、足早にBPC(ブレイン・パワー・チャージャー)のブースと向かった。コムロの様子を見るのだ。


 戦艦は大きい。艦内移動にも時間がかかる。

 その為、一部の士官には、高速移動用のキック・ボードが支給されていた。

 

 キモイキモイのキック・ボードは、機能美を追求したオーソドックスなタイプのものであった。艦長なのだから、少しはデザイン的に凝った物を選ぶ事ができたのだが、彼にはそういう趣味が無かった。ボードの裏に、黒い油性マジックで、「艦長用」と大きく記載されているのが、通常の使用状態で、これの文字が人目に触れることはない。

 

 キモイキモイがキック・ボードで、BPCブースの前までたどり着く。

 そこには、イライラしたような表情のモラウ・ボウが、壁にもたれて座っていた。


 モラウの左手に握られたニョイ・ボウが


 ニョイーーーーン


 ニョイーーーーン


 と、断続的に音を立てながら、リラックスの為のα波を発生させている。


「コムロが、ブレイン・パワー・チャージャーから、全く出ないんです……」

 と、モラウ・ボウが言う。 


 モラウはどうやら、コムロに朝食を運びに来たらしい。

 しかしコムロは、まったく食べる気配もなく、ずっと考え事に時間を費やしているとのことだ。


 キモイキモイが、ドアの外から小窓越しにBPCの中を覗くと、コムロはヒザを抱えたままであった。

 入口付近におかれた朝食トレイには、ホワイトシチューに、パン、タマゴ入り野菜サラダに、ホットコーヒーが載っていた。

 しかし、シチューもコーヒーも、既に湯気を発してはいなかった。


 いつもならばすぐに激高するモラウ・ボウも、今の状態のコムロには、かける言葉が見つからないようで、モラウとキモイキモイは、ただ外から心配げに見守るしかなかった。 


 無言で、モラウ・ボウの肩をポンポンと叩く、キモイキモイ艦長。


「うわ! セクハラ! キモいキモい! 艦長!」

 そんなくだらない事を言う心の余裕も、モラウ・ボウには無いようであった。


 ――


 ――


 モラウ・ボウは、物事を単純に理解する。

 難しいことはモラウには分からない。コムロが今、何を考えているかも分からない。


 しかし、おそらく――


 「敵を殺した。その後悔で、いろんな事を考えてしまっている」

 そういう状態に有るのだろう、という事だけは、モラウには推測できた。


 昔、学校に入りたての頃から、コムロは一人、考え事にふける事が度々あった。 

 その時のコムロは、こうべをたれ、モラウが何を話しかけても、返事は帰ってこない。それほどの集中力。

 そして彼は、しばらく経った後、ふと気がついたように、思考の世界から現実へと戻ってくるのだった。


 それを待って、モラウ・ボウは、もらい物のダイコンやゴボウで、味噌汁を作ってコムロに飲ませる。

「あったかいな」

 コムロは、ぼそりとそう言う。


 それがいつもの事だった。


 壁際にもたれて座ったまま、モラウ・ボウは、思わずつぶやいた。

「早く――戻って来なさいよ?」


 その時だった。


 フィーーーヨン! フィーーーヨン! フィーーーヨン!


 敵襲を示すサイレン。


「コムロ!」

 モラウが大声でコムロに呼びかけるが、コムロは気づかない。

 

 見かねたキモイキモイ艦長が、BPCのハッチをドンドンと叩いた。


「敵襲なんだぞ!」

 と怒鳴る艦長の声に気が付いたコムロは、怒っていた。


「人を殺せっていうんでしょ!」

「コムロ! お前がやらなきゃ、こっちがやられるんだ!」

「わかってますよ! でも、人を殺して良いっていんですか! 尊厳に値する、人の理性を!」

「そんな難しい事は、後で考えればいいだろう!」

「簡単には行きませんよ! そんな他律的な行動!」


 ……BPCのハッチは、内側からロックされていた。


「だめだ! 取り付くしまがない」

 そう判断したキモイキモイ艦長は、BPC内にいるコムロを小窓越しににらみつけながら、インカムを操作し、当直中のブリッジへと指示を出した。


「戦艦ハコビ・タクナイ、急速後退だ! とにかく、後退して時間を稼げ!」

 

 ――しかし、ブリッジから帰ってきた報告は、恐ろしい事態を告げていた。


「艦長! 敵のスピードが異常です! 単機と思われる光点が、先の戦闘で撃退した大軍の、およそ3.14倍のスピードで接近します!」


「円周率かッ! 小数点以下は切り捨てればいいのにッ! くそッ! こまかい!」

 キモイキモイ艦長は、右足の軍靴で床をドンッ! と蹴りつけた。


 ――戦いの最中だからこそ、「ゆとり」は大事なのだ。


 ドーン! (モラウの激高音)


 α波発生のための、ニョイ・ボウのニョイーーーーン音は、響かなかった。


 その代わり――


 ダダダダダッ!ダッシュ音


 フオーー! ゴロゴロゴロ!


 キモイキモイが乗ってきたキック・ボードが、動き出す音がした。


「お、おい!」

 キモイキモイが振り返ると、キック・ボードの上には、モラウ・ボウが居た。


「おい! モラウ君、どこに行く! それは棒じゃないぞ!」

「艦長! 借ります!」


 そう言ってモラウ・ボウはキック・ボードに乗り、急速に遠ざかる。キモイキモイの制止は間に合わなかった。


「――コムロにばかり、任せてちゃダメ! 行動しないと! 私が!」


 モラウ・ボウを乗せたキックボードは、格納庫へと向けて疾走した。


 ―続く―

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます