06 圧倒

『……我が生徒操縦者スチューロット、コムロよ』

 機動哲学先生モビル・ティーチャー、カントムは、コックピットに座ったコムロ少年に語りかけた。


「先生?」

『我が認識する世界における、あたかも前方に存在するかに見える多数の機動哲学先生モビル・ティーチャー群の、その中央をめがけて、最大速度で移動すれば良いのだな?』


「やっっっと伝わった! そうです! お願いします!」

『ふむ。時に、コムロよ。その行動の動機は、であると言えるだろうか?』


「もう! カントの動機の解釈については、今はどうでもいいです! 他律でも良いから! 移動してください!」


 ◆


 ドーン!


 ドーン!


 ドーン!


「また! 難しい事を!」 

 戦艦『ハコビ・タクナイ』のブリッジでは、コムロの幼馴染で、通信士の少女、モラウ・ボウが、怒りを露わにしていた。


「哲学者の悪いクセが出たな。行動そっちのけで、動機についての話を始めた」

 そう嘆息するのは、戦艦の艦長、キモイキモイ。


 ニョイーーーーン


 ニョイーーーーン


 ニョイーーーーン


 ニョイーーーーン


 ニョイーーーーン 


 ――激高したモラウ・ボウが、その手のニョイ・ボウを何度も握る。詳細は省略するが、結果的にはアルファ波の発生により、モラウの激高は抑えられた。ウルトラリラックス。

 

「自律とか、他律とかは、ちょっと難しいから、後で説明するから。な? モラウ」

「……私にも分かるように説明してよ?」

 通信機越しに、そう会話する、カントム内のコムロ・テツ少年と、戦艦内のモラウ・ボウ。


 「自律」も「他律」も、かつてのヒューマン哲学者、イマヌエル・カントが「人間の尊さ」を考える時の、重要な要素である。

 カントの小難しいこの概念を、モラウ・ボウが理解できる日は、果たしてやって来るのだろうか。今はただ、ニョイ・ボウを握るのが吉であると言える。今日のラッキー・ボウは「うまい」である。


『……議論は後の楽しみとするのだな?』

 カントムは、ようやく哲学的思考を、思考の外に置いた。


 オイトイテーーーーッ!


 思考を脇に置き、敵へと意識を集中するコムロ。その思考に感応したニョイニウムが、そんな、激しい音を発した。


 ドシュウーーー!


 カントムの背面スラスターが、今度こそ現実に、火を噴く。


 ズドドドドドドドドドドド! 急加速―急加速―急加速―急加速―急加速  ドシュゥーーーー!  等速直線運動  


 ようやく行動を始めた機動哲学先生モビル・ティーチャーカントムのエネルギー放出は凄まじかった。

 実際、これまでの議論によって、かなりの思考エネルギーが、ニョイニウムに対して蓄積されていたようだ。


 あっという間に「現時点での」最高速度へと達したカントムは、宇宙を真っ二つに切り裂くかのようなスピードで、敵の凹形陣の中央へと、突入して行った。


 ◆


「突進してくる敵を迎撃しましょう! 戦法C―C―B。いいですか?」

「OK!」

「OK!」

「同意します!」


 マイケノレ・サンデノレ隊の取りまとめ役であるノッポの士官、シャベリ=ホウダイは、戦法C―C―Bを、仲間のコミュニティ・メンバー達に提示し、その同意を得た。


 かつてのヒューマン哲学者マイケル・サンデルの教えの1つである、「共通善――それは、十分な議論によって共同体メンバーさん達とみんなで獲得するもの――」。


 この教えを「戦術指揮」へと独自に応用し、メンバー内での十分な議論によって、予め定めておいた「戦法の型」。

 

 ――このような状況ならば、こうするのが善いだろう――の合意の集合体。

 

 その中の1つの戦法「C―C―B」を選び取ったのだ。


 マイケノレ・サンデノレ隊は、目下、敵よりも圧倒的多数の兵を備えており、敵を半包囲下にある。半包囲下で射撃をピンポイントに集中することで、攻撃力を飛躍的に増大させることが出来る。いわゆる「包囲殲滅戦」。

 それが「敵より多数の兵を持つ」場合に最善の行動と思われた。


 この場合、少数である敵側は、どう対応するだろうか?

 事前に行われたマイケノレ・サンデノレ隊の議論によると、大きく分けて、2つのパターンが予想されていた。


 一つは、少数が不利である事を理解し、後退、撤退して、交戦による消耗を避けるという「消極策」。

 これに対しては、半包囲のまま追撃して遠距離から砲火を加え、敵に出血を強いるのが善いだろう。これが「戦法C―C―A」として事前合意されていた。


 もう一つは、逆に、多数である敵の中央へと急速突撃して、これを突破し、敵の背面へと抜けてから反転して、バックアタックによる接近戦を仕掛ける、という「積極策」。

 敵味方の距離が開いたままでは集中砲火の餌食となる。距離をつめることで、これを無効化する戦法だ。接近戦では集中砲火は同士討ちになるから、数の差が出にくい「局地金属弾戦」となる。

 敵がこの積極策を選んだ場合は、こちらは敵の突撃に合わせて後退し、遠距離集中砲火の状態を、可能な限り長く維持するのが善いだろう。これが「戦法C―C―B」として事前合意されていた。


 予め定めた戦法の体系について、まずはコミュニティ内で事前に合意の形成を行っておき、これについて機動哲学先生モビル・ティーチャーマイケノレ・サンデノレとも事前すり合わせを行う。

 そうすれば、哲学思考を持ったモビル・ティーチャーとの意思疎通もスムーズになり、哲学議論によるタイムラグが減り、行動の迅速な開始が可能になるだろう。


 現に、敵の機動哲学先生モビル・ティーチャーであるカントムは、集中砲火を浴びた後、突撃を開始するまでの間に、結構なタイムラグが見られた。


 マイケノレ・サンデノレ隊は、その時間を利用して、ジャスティス・ライフルのリロードを、既に済ませてあった。スムーズな行動による、時間の有効活用。


 そして、間を置いて、マイケノレ・サンデノレ隊の中央へと突撃してくる、単機のカントム。


 マイケノレサンデノレ隊のリアクションは速い。タイムラグ無しに一斉後退を開始しつつ、ジャスティス・ライフルの照準を、突撃してくる「点」に集中させる。


 事態は、まさにマイケノレ・サンデノレ隊の予想していた通りに、進んでいるかに思われた。


 ――しかし――


「くっ!」

「敵の突撃スピードが、速すぎる!」

「こちらも全力で後退しているはずだ!」

「うわああ! 中央に食いつかれるぞ!」


 マイケノレ・サンデノレ隊の後退速度と、カントムの突撃速度には、圧倒的な差が生じていたのである。


 機動哲学先生モビル・ティーチャーの機体は、生徒搭乗者スチューロットの思考を源とし、これにより特性が変化する金属である「ニョイニウム」で形成されている。


 端的に言えば、ニョイニウムに対して注入した思考の差が、「スピードの差」として、如実に現れたのであった。


 これは、戦艦「ハコビ・タクナイ」の艦長、キモイキモイが分析した通りであった。

 また、敵軍の機動哲学先生モビル・ティーチャー「デカルトン」を駆る、ノーマル・コック・ボウの青年シュー・トミトクルが、その上司であるサン・キューイチに対して語った通りでもあった。


 ◆


 彼我の移動速度に圧倒的な差がある場合、スピードに勝る方が、自らが得意な「距離」を制する。


 ドシュゥーーーー!  等速直線運動  

 

 マイケノレ・サンデノレ隊が次の戦法を決める隙も与えずに、カントムは敵陣中央へと肉薄!


「カントム先生! ア・プリオリブレードで攻撃を! 先生の目の前に居るかに見える、モビル・ティーチャーに対して!」

『ふむ』


 プポポポポ!

 そのままの勢いで敵に肉薄しながら、風を切るかのごとく、ア・プリオリブレードが振りかぶられた。――そして――


「春の夢見草のように、散ってくれ!」

 コムロの掛け声と共に、ブレードが敵へと振り下ろされる。


 以前、幼馴染の少女モラウ・ボウから「季節感の無視」についての指摘を受けたコムロは、「春の」という言葉を補っていた。


 プニョンプニョーン!

 そんな鋭い音を立てて、真っ二つに切断される、凹形陣中央に位置するマイケノレ・サンデノレ。


『ぐああああああ!』

 機動哲学先生モビル・ティーチャーマイケノレ・サンデノレもまた、「やられた!」という概念を理解しているようであった。


 ――共同体の中の、位置ある自己(situated self)が1つ、姿を消したように見えた。


「ふたつ!」

 敵陣の層に潜り込んで、そのまま超高速移動するカントムの、返す刀で、もう1体。


「みっつ!」

 敵陣の層に潜り込んで、そのまま超高速移動するカントムの、右なぎした刀で、もう1体。


「もう沢山だ!」

 更に前に立ちはだかるマイケノレ・サンデノレの脇をかすめるように、上下左右に揺れながら、凹形陣の中央を、超高速で抜けていくカントム。


 ◆


 オロロン!

「まずい!」


 オロロン!

「だれか!」


 オロロン!

「止めて!」


 陣の中央を電光石火で破られて、完全に狼狽する、マイケノレ・サンデノレ隊の生徒搭乗者スチューロット達。


 勝敗が決した事を、誰しもが理解することができた。


「戦法E―B! 散開しながら撤退だ!」

「逃げろ!」

「今は、自分の事だけ考えろ!」


 ノッポの士官、シャベリ=ホウダイの提案。迅速な合意の形成。

 マイケノレ・サンデノレ隊は、背後に抜けたカントムを避けるように、四方に散開しつつ撤退していった。


 3次元凹形を構成していた無数の光点。その密度が、どんどんと薄くなり、そして宇宙の闇に溶けて見えなくなった。


「やった、のか?」

 進軍を停止したカントムのコックピットの中で、操舵レバーから離した両手を、思わず見つめる、コムロ・テツ少年。


 追撃の意思など、毛頭無かった。


「人を……、生命を……、この、僕の手で……」


 コムロ少年が搭乗するカントム。それを積載する戦艦「ハコビ・タクナイ」。

 その戦艦の中には、幼馴染の少女、モラウ・ボウが居る。


「護る為……とはいえ、これで、いいのだろうか?」


 そんなコムロの逡巡に反応し、カントムを形成する金属、ニョイニウムが、


 ウワーンオウチカエルー!


 そんな、悲しげな高音を響かせていた。


 ―続く―

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます