魔法少女ディジェネレーション

作者 ゴッドさん

28

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 この作品は魔法少女物ですが、陰惨。とにかく陰惨です。
 人は死ぬのはもちろん、バイオハザードよろしく人が人を喰らうグロイ展開。さらに魔族によって蹂躙される人々と世界。挙句の果てには物語の発端がえぐい物だったり。

 それでも主人公――桐倉小夜子さんは信じて戦いました。自分は誰かを守る為に存在すると。この荒れた世界を一人戦い、やがて最後に手にしたのは……。

 彼女の最後に何思うのか人それぞれと思いますが、それでも報われて欲しいと思いますね。今までに辛い事がありますし、それだけでもぜひされて欲しい。
 このようにえぐい物語ですが、それでも一滴の希望が存在する。そんな魔法少女物語です。

★★ Very Good!!

まず、警告しておくと…この作品はデビルマンや真女神転生ばりにハードな世界観です。

魔族に侵略され人間が絶滅の危機に瀕している未来の日本。
とある理由から永き眠りについていた魔法少女が目を覚ました。

世界は荒廃し、そこに住まう人々の心も同様に荒んでいた。
外は、いまや悪魔が徘徊するだけの人外魔境。
…果たして彼女は絶望の淵から人類を救えるのか?

いや、この者達に救うだけの価値が本当にあるのだろうか?
戦う理由は、まだ残されているのだろうか?

導入部の圧倒的描写はホラー映画を彷彿させる出来栄えでした。
そしてこの作者さんは徹底して作中に甘えを許しません。リアリティに拘りをもってしっかりと「いかにして世界は滅ぶのか」を見据えています。

ハードコアを愛する世紀末ジェネレーションの諸兄、もしくは軟弱な魔法少女ものに飽き飽きしているお兄様がたに、おススメです!