彼らのこと・回想 夜の檻/澱に歌う

─シャーロット・エディントンの話



 私は彼の体を知っている。



 影の執行部唯一の、女性エージェント。

 それが今の私の肩書きだ。

 執行部の上司から、または諜報部から指示された、敵対組織の"罪"ペッカートゥムの人間を始末する。それが私たちの本来の仕事だけれど、私のところにはもっと、色んな依頼が回ってくる。

 例えば、体で機密情報を奪ってこい、だとか。

 そんな時だって、私は顔色ひとつ変えずに任務を遂行することができる。シャーロット・エディントンという本当の名を意識の彼方へ追いやり、ターゲットの男に盲目的で、頭はいいけれど世間知らずな女になりきる。自分に覆い被さってくる男を、哀れだと感じる余裕さえある。

 好きでもない男の粗雑な指づかいや、柔らかくもない唇の感触。

 それが私の日常。



 今回の仕事は、そんな秘儀めいた行為を一切伴わない、とある政治家の護衛という堅い業務だった。

 さるパーティーに出席する間の護衛を頼みたいというのが氏の秘書からの申し入れで、民間人が多く招かれたパーティーの場に、通常のSPがうろうろするのは好ましくない、という判断に基づくものだ。 私たちはそういう一般的な仕事も請け負っている。合法的かつお金になることなら、我々はどんな依頼でも受ける。

 その政治家は、資金面で裏社会と繋がっていると専らの噂だった。彼は市長戦への立候補を控えており、どうもそれをきっかけに、裏との関係を断とうとしているらしかった。 

 裏の住人が腹を立て、報復を目論むかもしれない。出席者に紛れ、怪しい人物がいないか見張ってほしい。依頼内容はそんなところだった。 

 正直気の進まない仕事だったが、引き受けた以上、文句は言えない。 


「金さえ貰えりゃあ俺は何でもいいよ。依頼主が汚いおっさんだろうが何だろうが、きっちりやることやるだけさ」 


 任務のパートナーとして呼び寄せた、ヴェルナー・シェーンヴォルフはそう言って笑っていた。年配の有力者ばかり招かれたパーティーに若い女、つまり私が一人でいては嫌でも目立つので、異性のパートナーを探した次第だ。そこに他意はない。声をかけたのはヴェルナーが最初でもないのだから。 

 依頼主の恐れた通り、会場では一悶着起こって、私たちは少々暴れる羽目になった。我々にとってはよくある事態だ。特筆すべきことでもない。 

 任務完了の報告を終えてホテルに戻る頃には、深夜といってよい時間になっていた。

 堅苦しいロイヤルブルーのドレスを脱ぎ、シャワーを浴びて整髪料を洗い流し、ブラウスとスラックスという格好に着替える。いつもならここにベストとジャケットとクロスタイを加えるが、面倒なので部屋に置いていく。髪を乾かすのもそこそこに、部屋のキーだけを持って、自分にあてがわれた居室を後にした。

 風を切って、大股で廊下を進む。敷かれた紺色のカーペットが、ピンヒールの衝撃音をすっかり受け止めてくれる。

 目指す部屋番号の扉が見えた。コンコンコン、と小さくノックする。 


「はーい」 


 緊張感のない声とともにドアが開き、同僚であるヴェルナーのやや野性的な、整った顔がひょいと覗く。私を見るやにっこりと相好を崩し、そのまま大きくドアを内に引いた。 


「どうぞ、ロッティちゃん」

「夜遅くにごめんなさい」 

「いやァ全然、気にしないで」 


 ヴェルナーの部屋はなぜか暗く、彼自身はパーティーに出席したままの格好だった。上等な黒のスーツにシルバーのベストとネクタイを合わせ、前髪と襟足はワックスで撫で付けている。一暴れしたというのに、髪型には少しの乱れもない。 

 まともな格好ならそれなりに見えるのに、という気持ちは口に出さずにおく。言ったらきっと付け上がるからだ。 


「電気くらい点けたら」 

「月をね、見てたんだ。満月。綺麗だよ」 


 そう言ってカーテンが開かれた窓の外を指差す。部屋の入り口からは、天頂近くにあるはずの月の姿は角度的に捉えられない。それでも、ぼんやりと浮き上がった景色が、冴えた月の輝きを仄めかしていた。 

 暗い部屋で満月を眺めるなんて、ヴェルナーは意外とロマンチストなのかもしれない。私とは違って。 

 満月を見てると少し怖くなるよ、とヴェルナーが抑えた声で呟いた。 


「怖い? なぜ」 

「俺の名字に、狼って入ってるだろ。満月を見てるとさ、君を襲う狼に変身しちゃいそうで怖いよ」 


 シェーンヴォルフ美しい狼。 

 雰囲気をぶち壊しにする発言をして、ヴェルナーが尖った犬歯を覗かせて獰猛に微笑む。本当に、飢えた狼のようだと思う。 


「あなたはいつでも下品な狼みたいなものよ。今さらそんなの杞憂でしょう」 


 突っぱねるように言葉を投げると、ヴェルナーが首を傾げ、怒らせちゃった?と思案げに指で頬を掻いた。意味を図れず、何が、と問い返す。 


「君以外に綺麗なんて言葉を遣うから、気に障ったのかと思って」 

「……月相手に、嫉妬なんかしないわよ。あなたが何に対してどんな言葉を遣おうが、私の知ったことじゃないわ」 

「ムキにならなくても、今宵の君は世界一綺麗だったよ。君のドレス姿は素晴らしく美しかった。脱いでしまったのは残念だ、まだ見ていたかったのに」 


 噛み合わないヴェルナーとの会話で、先刻シャワーとともに洗い流したはずの疲労感が、体にじんわりと広がってくる。 

 彼と久しぶりに会って、ああそうだ、こんな男だった、と記憶が甦っていた。歯が浮くような台詞を、ヴェルナーは何でもないような顔で口にする。だから信用されないのだと、彼が理解する日は来るのだろうか。 

 ヴェルナーがにじり寄ってきて、まだ湿り気を含んだ私の髪に触れた。彼の赤い双眸に、慈愛めいた光が宿っていることを、私は知覚する。掬い取られた金髪の一房が、彼の指のあいだを流れ落ちる。 


「ねえ、着飾ったままするのもいいと思わない?」 


 ゆったりとした低い囁きに対し、何を、とは訊かない。着替えてきて、本当に良かったと思う。 


「──あなた、私のことばかり見ていたの。任務中でしょう」 

「俺はいつでも君だけを見てるよ」 


 ヴェルナーがさらにぐっと近づいてくる。たった今の発言を体現するような、まっすぐな視線に射抜かれて、その場に釘付けになった。 

 彼の瞳には上目遣いの私が映りこんでいた。こうして見下ろされると、私たちが女と男であることを否応なく突き付けられる気がして、背中のあたりがひどくざわついた。 


「ところで、どんな御用かな。夜の相手なら喜んでお受けするけど」 


 ヴェルナーが腰に手を回してくるのを、間髪入れず振り払う。 


「あなたにお礼を言いに来たの。わざわざドイツから来てくれて、ありがとう」 

「水くさいな。君のためならどこへでも行くさ」 

「そんな便利屋みたいなこと、言っていいのかしら」

「だって俺は君のものだから。ずっと前からね」 


 真剣な眼差しで、さらりとそんなことを言う。 


「……要らないわ」 

「つれないなァ」 


 ヴェルナーは肩をすくめ、寂しそうに笑った。あまり見たことのない彼の表情に、心が漣立さざなみだつ。 

 不意にヴェルナーが目を伏せて、私の右手を恭しく掬い取った。そのまま口元へそっと運んで、指先に唇を押し当てるだけの、優しい口づけをする。彼のそんな仕草に、胸が詰まるような苦しさを感じてしまうのはなぜだろう。 


「……あなたには似合わないわ、そういうの」 

「やっぱり?」 


 ヴェルナーがにやっと笑う。わざと礼儀を欠いた私の物言いにも、気を害した気配はない。 

 迷いなく私を見つめる彼の視線に、ある夜のことが思い出された。

 ひんやりした夜気が指の先から浸食してくる、そんな冷たい夜。あの日も彼は同じ目をしていた。どこか悟ったような、見るもの全てを包み込んでしまう、底知れぬ深さの目。 

 私は思わず顔を逸らし、無意識にぐっと拳を握り締める。 

 頭上からは、夜をそのまま音に変えたような、トーンを落とした声が降ってくる。 


「今日の任務で、君に会えて良かったよ。元気そうで何よりだ」 

「……今さらどの面下げて会いに来たんだと思ったでしょう」 

「まさか。君から連絡が来たときは、天にも昇る思いだったよ」 

「……私、明日の朝にはここを発つの。その前に、あなたにお礼を言いたかった。それだけよ。私はもう戻るから」 


 居たたまれなくなって、話を切り上げる。

 ヴェルナーは相変わらず、私にひどく優しい。ヴェルナーが私を嫌っていないことが、私には大いに謎だった。


 数年前、私は彼に対して、許されない行為をはたらいたのに。


 今回の任務絡みで、ヴェルナーとは久しぶりに連絡を取った。罵られるかもしれない。私はそう予感していた。

 たとえ彼から罵声を浴びせられても、自分の行為への当然の罰として、受け入れられたはずだった。しかしヴェルナーから私に向けられたのは、罵言ばげんではなくて好意だった。

 私は当惑した。差し出された優しさを上手に納めておく場所など、心のどこにも存在しなかった。いっそ罵倒してくれた方が良かったのに、"あの夜"を超えてもなお変わらない彼の態度は、私を少なからず動揺させた。 

 これ以上、平気な顔をして、ヴェルナーの前に居ることはできない。彼に背を向け、ドアレバーを押し下げる。 

 後ろで、衣ずれの音がした。


「もっと一緒にいたい」 


 後ろから、力強い腕に抱きすくめられる。耳元で囁く低い声が、ぎゅっと心臓を締め付けた。 

 苦しくないぎりぎりの強さの、抱擁の圧力。密着した服越しに伝わる、彼の肌の熱。そしていつもは付けていないはずの、男物の香水がほんのりと鼻腔に香る。 

 その匂いを嗅いだ途端、強いアルコールを飲んだ瞬間のように、視界と脳がくらりと揺れた。彼に酔う、という表現が脳裏をかすめ、書き損じにするみたいに、脳内のペンでぐしゃぐしゃに塗りつぶす。

 耳に息がかかるほどの距離で、ヴェルナーが熱っぽく私の名を呼んだ。発熱する前みたいに、体がぞくぞくした。 


「何をするの」 


 彼の腕の中で身をよじり、ヴェルナーの赤い双眸を捉えたところで、下から睨みつける。さらなる抗議の声をあげようとした口は、ヴェルナーのそれで塞がれた。 

 あっ、と思う暇もなかった。 

 無意識に全身がびくりと跳ね、背筋を悪寒とも快感ともつかない震えが走る。反射的に彼の体を押すと、そこにはいつかの夜と同じ、どっしりとした胸板があった。 

 背後には硬いドアがあって、逃れることができない。腰をしっかりと抱かれ、唇を柔らかくまれ、ヴェルナーの思うまま、容易く歯列を割られた。別の生き物にも思える、熱い舌が中に入ってくる。なんて、狂おしいほどの熱量なのだろう。 

 ヴェルナーは角度と深さを変えて、私の中心まで侵さんと迫り、熱を与える。いつの間にか後頭部に添えられた指が、髪を内部から掻き回す。 

 次第に頭が空っぽになって、じわりと視界が潤み、体の奥の方がじんじんと疼きだした。鼻から漏れる自分の息が、甘ったるい響きを含んでいて、嫌悪を覚える。彼の火傷するほどの熱情で、全部溶かされかけている。頑なに閉ざしていたはずの心の扉まで、ヴェルナーにこじ開けられそうになる。

 これほどはげしく私を求めるのは、後にも先にも、きっと彼だけだ。

 脳髄を満たす甘やかな痺れ。思考に濃い霧がかかって、何も考えられない。腰に力が入らなくなり、思わず支えをヴェルナーの体に求めると、まるで縋りつく格好になった。 

 ヴェルナーが少しだけ含み笑いを漏らして、体を離す。しようと思えば腕ずくで何でもできるだろうに、ヴェルナーはそれ以上は欲してこなかった。 

 彼の片手は私の腰に添えられたままだ。その感触を心地よいと感じてしまう私は、本当に愚かしく、どうしようもない。 

 ヴェルナーが自分の唇を舌でぺろりと舐める。 


「愛してる」 

「……そんなの、他の女にも言ってるんでしょう」 

「君だけだよ」 


 大きな掌がそろりと頬に触れた。 

 ヴェルナーは女の扱いが上手かった。きっと何人もの女の体を愛撫し、その耳に愛を囁き、唇に熱情を落としたに違いなかった。 

 熱い手だった。彼の手は真冬でも熱くて、その手で触れられると、彼の熱を受け入れることしかできないのだった。炎の人なのだと思う。 


「……発情期の犬だって、もう少し節度があるわよ」 

「そう言う割には抵抗しないんだね」 


 ヴェルナーが男の顔をして言う。私を見つめる赤い眼の奥に、青白い情欲の炎が灯って見える。けれど口元に浮いているのは、痛みをこらえている時と同じ、切なげな微笑だった。 

 彼の親指が、目の下あたりを優しく撫でる。 


「君のこと、もう泣かせたりしないから」 

「──あなたが泣かせたんじゃないわ。あれは私が勝手に泣いただけ」 

「同じことだよ」 


 私の胸が、ちくりと痛んだ。 

 ひどく緩慢な、涙がじりじりと伝う速度で、指が頬の上をなぞって落ちる。熱い指先は、顎にまで達すると、舟が岸から離れるみたいに、ふっつりと離れていった。 

 両手をポケットに突っ込んだヴェルナーが、ねえロッティ、と呼びかける。 


「君は"あの日"のことで、俺に負い目を感じてるから、抵抗しないのかい。それなら、そいつは思い違いってやつだぜ。俺は君を縛らない。君は自由だ」 


 息が詰まった。

 普段はおちゃらけているくせに、こういう時ばかり、ヴェルナーの言葉は簡単に核心を突く。 

 あの日。忘れられない夜のこと。 

 私は一度、彼の逞しい体に縋ってしまった。彼の優しさに付け入って、彼を利用した。その行為は恐らく、彼を深く傷つけた。涙を、見せてしまったから。

 私は彼の好意には応えられない。応える資格がない。私は、彼に後悔を植えつけただけの女だ。

 だのに彼は、私に負い目を感じるなと言う。縛られるなと言う。小賢しい女だと知ってなお、愛していると言う。 

 そんな風に、まっすぐな目で見ないでほしかった。ヴェルナーの尽きることのない情愛は、私のように打算的でなく、もっと普通の、純粋な心を持った人に、注がれるべきだと思った。そうしてそのようなひとと二人で、幸せになってほしかった。 

 互いにぽつぽつと、呟くように会話をする。 


「……自由だと言う割に、私を諦めてくれる気はないのね」 

「勿論」 

「私はあなたに酷いことをしたのよ。あなたの心を傷つけた」 

「傷ついたのは君の方だろ。俺のことは気にしなくていい」 

「……あなた、頭がおかしいんじゃないの」 

「うん、君のことが好きすぎて、おかしくなっちゃったかもしんない」 

「罵ってくれていいのよ? 誰にでも体を許す尻軽女だって」

「そんなこと、俺が言えた義理じゃないさ。君は仕事で仕方なくそうしてるだけ。それに君は、体を許しても心までは捧げちゃいない。そうだろ」


 そう言って微笑むヴェルナーの表情には、明らかな憂いが滲んでいる。これが傷ついた人の顔でなくて、何だというのだろう。 

 ぐっと顎を上げ、ねえヴェルナー、と今度は私が呼びかける。 


「あなたは、起こりうると思うの。籠から逃がした鳥が、自分から籠の中に戻ってくるなんてことが」 


 あの日の夜、私は確かに彼の籠の中にいた。計算ずくの行為が終わって、私が去ろうというとき、ヴェルナーは私を引き留められたはずなのだ。 その意思さえあったなら。

 彼はそれをしなかった。彼自身の優しさのために、私を逃がした。籠の外で私がする行為が、再び自分の心を傷つけると知っていて。 

 ヴェルナーは今も、籠の扉を開け放して待っているのだ。自らが開けた籠の中へ、私が舞い戻ると信じながら。  

 彼は煩悶を隠すように伏し目がちで、その様子が却って、痛々しげだった。 


「そうだねぇ……そういうことがあってもいいんじゃないかな、とは思ってるよ」 

「そう……そうね。何をどう信じるかは人の勝手だわ。たとえそれが、どんなに現実味の薄いことだとしてもね」 


 私の言葉はもはや八つ当たりになっていた。 

 目の前の微笑は揺らがない。私の方が泣きそうだった。 

 ヴェルナーの優しさは、見はるかす海のようにどこまでも広く、大きく、深かった。私がどんなに酷い仕打ちをしようとも、かすかな笑みをその口元に湛えて、全てを受け入れ、全てを許すに違いなかった。 

 こんなに狡い女に、変わらぬ愛を囁いてくれる、彼の神経が理解できない。私には、底のないその優しさが怖かった。 


 彼の優しさは私を駄目にする。 


 今度こそ、私は彼に背を向けた。 

 私たちの間には、忘れられない夜が横たわっている。二人を繋ぐのもその夜で、隔てるのもその夜だ。こんなに近くにいるのに、彼との距離はこの上なく、遠い。 

 あの日から、私の夜は続いている。彼の籠から飛び出ても、終わらない夜に囚われている。淀んだおりの底で、果てない夜の檻の中で、もがいている。

 それでもあの夜を、過ちだとは思いたくない。 

  私の本当の名前を呼びながら、私を抱きしめてくれる人は、きっと後にも先にもヴェルナーだけだろうから。

 彼からの二度目は無く、ドアが閉まる直前、ヴェルナーが私へ向けて小さく手を振った。 

        

「またね、Vögelchen小鳥ちゃん」 


 私は彼の部屋に背を向ける。かちゃりと小さい音をたて、ドアが閉まった。 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます