どこかのこと 異端審問

─ルカの話



 ルカが約十メートル四方の正方形の部屋に踏み入ると、がらんとした無機質の部屋には先客がいて、こちらの姿を見るなり声にならない叫びを上げた。

 この部屋は、"罪"ペッカートゥムの異端審問に使われる専用の空間だ。異端審問とは早い話が粛清で、"罪"を統べるディヴィーネに反旗を翻したり、ディヴィーネを欺いたりした者は、ルカをはじめとする異端審問官によって断罪される。この部屋に連れてこられた時点でその者の運命は決まっている。

 その運命とは、死だ。

 ルカは伏せ気味にしていたおもてをゆらりと上げ、先客の方へ視線をやった。

 中肉中背の、これといって特徴の無い三十前後の男。両腕はしっかりと手錠で戒められている。ルカは男を見下ろして、両目を細めた。

 この男には、自分はさしずめ背の高い幽鬼にでも見えていることだろう。怯えた光を双眸に宿した男の唇がわななき、死神、と消え入りそうな言葉を押し出した。


「私は神ではありません」


 冷ややかに言い放つ。


「この世に神がいるとしたら、それはディヴィーネ様だけです。貴方はそのディヴィーネ様を裏切った。貴方が受ける処罰はお分かりですね」


 青ざめていた男の顔が蒼白に転じる。絶望を悟ったのだろう。ルカはじり、と男に歩み寄る。

 部屋は三方がコンクリートだが、出入口の正面だけは鏡張りになっている。その鏡は向こう側からは透明に見えるマジックミラーで、あちら側にディヴィーネがいる。かつて仲間だった者が異端審問官によって血祭りに上げられるのを、その澄んだ青緑の瞳でじっと見ているのだ。

 異端審問にかけられた者の行動は概ね二つに分けられる。一方は異端審問官にしゃにむに襲いかかってくる者。もう一方はもはや戦意を喪失し、呆然と己の運命を噛み締めている者。今、目の前にいる男は後者だった。


「スパイ容疑により貴方を粛清します」


 がちがちと歯を鳴らす男に向かって、ルカは淡々と伝える。

 この男には、影のスパイの容疑がかかっていた。その疑いが正しいのか、誤りなのか、異端審問官にとってはどちらでもよいことだ。罪の戒律にはこうある。"疑わしきは罰せよ"。疑惑をかけられた人間は死ぬしかないのだ。


「ちょ、ちょっと待ってくれ!」


 震えるばかりだった男が、必死の形相でルカを見る。


「か、家族がいるんだ! 娘が……二歳になったばかりで……。最期に、す、少しだけでいい、家族に会わせてくれ!」


 ルカは男に歩み寄る足を止めた。


「ああ、家族がいるんですか」


 心の内で納得する。おそらく、影の人間に家族を人質に取られ、情報を流さなければ家族を傷つける、とでも脅されたのだろう。家族はそういった場合によく脅しの材料にされる。分かりやすい話だ。影の人間だって同じ穴のむじなだから、彼らの考えそうなことは大体分かる。

 それにしても、とルカは内心で嘲笑を漏らした。家族ごときに自分の命すら懸けてしまうなんて、愚かな男だとしか言いようがない。配偶者など全く赤の他人だし、子供だってまた作ることができる。家族を知らないルカにとって、家族のためという理由で無謀を犯す人間は軽蔑の対象だった。

 この世には、あの方以外に命を懸けるべき存在などないのに。


「頼む! ほんの少しだけでいいんだ! お願いだ!」

「安心してください」


 喚き続ける男の頬には、興奮のためか朱が注している。ルカはまた、男へ歩み寄る足を進めた。


「心配しなくとも、すぐに会わせてさしあげます。──あの世でね」


 一瞬、一縷の希望を見つけたように弱く輝いた男の目が凍りつく。上気していた頬がさっと色を失う。男の瞳は、己の死を悟ったときよりも、深い絶望の奈落を映していた。

 他人が絶望を味わうことについてルカは何も感じないが、おそらくあの方は──ルカのしゅは喜ぶだろう。そういう意味では今の言葉には意義があったと思う。


「な、なんで……家族は……関係ない……。まだ、死にたくない……死にたくない……!」


 糸の切れた操り人形のようになった男が、魂が抜けきった虚ろな声を出す。

 関係があるかどうかは男が決めることではない。これ以上の問答は不要だとルカは判断した。

 右足を強く蹴って男に肉薄する。恐怖に染まった表情が眼前に迫った。利き手である左手の指を揃え、手のひらを上に向け、大きく振りかぶって男の腹へと勢いよく突き出す。指は容易たやすく肌を切り裂き、いとも簡単に肉が裂ける。手が生暖かいものに埋まる感触。男が絶叫したが、ルカは聴覚を意識から遮断した。

 男の内部にあるものを掴んで引きずり出す。鮮やかな赤が滴り落ち、ずるずると細長い腸が姿を見せる。それを限界まで引き出し、断ち切った。せいの赤が男の体からどんどん溢れ出てくる。鼻を突く、血の生ぬるい臭い。聴覚に続き、嗅覚も意識から追い出す。

 男の血を浴びながら、ルカの精神は冷静だった。肉を断つ。骨を砕く。あらゆる臓器を握りつぶし、踏みにじる。男は既に絶命している。男だったものがただの肉塊になるまで続けなければならない。そうしなければあの方は満足しない。

 最後、ルカは男の頭部だったものを踵で踏み潰した。降り下ろした踵の衝撃に耐えきれずに頭蓋が爆ぜる。脳漿がぐちゅっと音を立てて四方に飛び散る。

 部屋の床が赤く染まり、男の目玉や内蔵や骨や指だったものがあちらこちらに散らばっていた。精神状態が獣から人間へと戻ってくる。一種の興奮状態から醒めた体にどっと疲労感が降ってきて、肩で息をした。嗅覚が戻ると、吐き気を誘う臭いが鼻腔を満たす。血の臭い。いつまでも慣れることのない臭い。

 男の最期の言葉を思い返す。今際いまわの言葉が死にたくないとは、滑稽だなと思った。


「そんなに生きたいのですか……私には理解できません」


 呟いた声は、誰にも届かなかった。

 ぱちぱちぱち、と呑気な音がして、出入口の方を振り返る。ディヴィーネが、その彫像のように整った顔に、微笑みをたたえながら部屋に入ってくるところだった。血染めの床を平然と踏みしめてルカに近づいてくる。その足元で眼球がぶちゅ、と爆ぜた。


「見事な働きだったよ、ルカ」

「……教皇様。汚れます」

「ディヴィーネと呼んでって言ってるでしょう。それはさておき、なかなか楽しめたよ。この人、ルカの言葉でどん底に落とされたような顔をしていたね。傑作だったと思うよ。うん、最高だった」


 ディヴィーネは無邪気な子供のようにくすくすと笑い声を立てる。


「さ、おいでルカ。体を洗ったら、ご褒美をあげよう」

「……有り難き幸せ、光栄です」


 ディヴィーネはためらいなくルカの血だらけの手を取る。彼が身を翻すと、きらきらと輝く銀髪がふわりと躍り、花のような香りが周りに散った。

 ルカは主に手を引かれ、肉塊が沈黙する部屋を後にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます