ふらふら

私はふらふらしている。


何がふらふらしているのか。


それはもう、色んなものが(苦笑)


それは私の作品にも表れているのではないでしょうか。


気になった方は色々と読んでみて下さい(ニヤリ)


でも、実際に自分でも、何で、こんなに、ふらふらしているのか、と。


あっちにいったり、こっちにいったり。


決して、迷っているのとは、また違うんだよね。


自分の意見は自分の意見として、しっかり持ってはいる。


それでも、ふらふらしちゃう。


因みに、外食時にメニューに迷ったりする事はない。


その時、その時、食べたいと思ったものを、すぐに決める事は出来る。


しかし、選ぶ必要の無いものは、選ぶ事が出来なかったりする。


例えば、中華料理だと、私は特に麻婆豆腐と青椒肉絲が好き。


しかし、その二つの、どちらが好きかは選べない。


だって、どちらも好きだとしか言い様がないんだよね。


麻婆豆腐には麻婆豆腐の美味しさがあるし、青椒肉絲には青椒肉絲の美味しさがある様に思う。


そして、実際に食べる時には、どちらかを選択する事も出来る。


でも、そこに至る過程においては、どうしても、ふらふらしちゃうんだよねぇ。


こうして、色々な事を書いてもいるけど、それも、そうなっちゃう。


自分の意見としての結論を出す事は出来る。


でも、そこに至る過程においては、ふらふらしちゃう。


あっちにいったり、こっちにいったり。


実際に書いていても、そう。


書いたり、消したりを繰り返す(苦笑)


いつまで経っても進まない。


小説等のフィクションだと、思い切って進める事も出来るんだけど、エッセイは、どうしても遅筆になりがち。


ただ、結論を出す事は出来る訳だから、決して優柔不断という訳ではないだろう。


しかし、その結論に辿り着くまでに、色々と思い巡らせてしまう。


要するに、寄り道が好きなんだよねぇ。


それで、どうしても、ふらふらしちゃう。


恐らく、それは私が浮気性であるから、なんだろうな。


浮気性だから、あっちをやってみたい、こっちをやってみたい。


そして、実際に色々とやってしまう。


創作に関しても、最初に書いたのは詩だった。


そこから、小説を書いたり、エッセイを書いたり。


今では、和歌や英訳にまで手を出している始末(苦笑)


本当に落ち着きがないよね。


本当に、ふらふらしている。


そう言えば、通知表にはいつも、落ち着きがない、と書かれてもいたな(汗)


そして、この歳になっても、まだ、ふらふらしている。


もう、これは死ぬまで治らないんだろうなぁ。


因みに、私はお酒が飲めないので、酔っ払ったりはしない。


酔っ払う前に潰れちゃうんだよね。


そんな私が千鳥足の様に、ふらふらしちゃう。


いや、酔っ払う事が出来ないから、そうなってしまったのか。


分からないけど、何か、面白いよね。


そして私の文章は、ふらふらしているから、分かり辛かったり、伝わり辛かったりする事はあるのかもしれない。


それでも、私は発信を続ける所存。


確かに、ふらふらしている事で苦しい事もある。


でも、そんな苦痛も含めて、面白かったりもするんだよね。


だから、私は書く事が出来る限りは、書く事を止める事は無いだろう。


例え、誰にも読んで貰えなくとも構わない。


ただ、私の文章は、ある意味、珍獣を見る様な面白さはあると思うんだけどなぁ(笑)


決して上手ではないのだろうけど、私以外には書けない文章を書けているとは思っています。


それでも、現実にそんなにPVを稼げている訳ではないからなぁ。


結局は大した文章を書けている訳ではないのだろう。


そして私は、その程度の愚者にしか過ぎない。


果たして私は、その愚者を卒業する事が出来るのか。


もし、愚者を卒業する事が出来たら、ハンドルネームを不良x2ふらふらにしようかな(笑)


な~んてね。


愚者と不良じゃ、大して違いは無いと思う方もおられるのかもしれませんが、あくまでも、ネタなので、細かい事は気にしないで下さい(笑)


このオチに持ってきたかっただけなんだ(汗)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!