ヒストリーの方で「今後」というエピソードを書いたけど、こちらでは更に踏み込んだ話をしたい。


だから、はっきり言うと、実現性の無い「夢」の話になってしまうだろう。


という訳で「夢」という、エピソードタイトルにした。


「今後」の方では、自立をする事が出来たら、また自分の自殺サイトを再開したい、と。


細かく言うと、それは別に自殺サイトでなくとも良い。


私が本当にやりたい事は、「死」を受け止めてあげる事で、死にたい気持ちを抱えて苦しんでいる方の苦痛を、少しでも軽減が出来たら、と。


誤解無き様に申しておくけど、決して助けようとか、そういう事ではない。


生きるか死ぬか、それを決断するのは、結局、本人だと思うんだよね。


ただ、死にたい気持ちによる苦痛によって、決断に影響が出るとしたら。


そう考えると、悔いの無い決断をして貰う為にも、先ず苦痛を軽減が出来ないものか、と。


その結果、「死」を選択するというのであれば、私はその選択を尊重したいと思っている。


勿論、そうしなければ、「死」を受け止める事にはならないだろう。


そして、その様に「死」を受け止めても、救う事が出来ない命もあるのかもしれない。


しかし、その逆もあるのではないか。


決して、私が助ける訳ではないが、本人が自分を救う為の手助けは出来るのかもしれない。


その救いは、時に「生」になり、時に「死」ともなる。


その様な考えで、以前の自殺サイトを運営はしていた。


そして、少しかもしれないけど、死にたい気持ちを抱えて苦しんでいる方の苦痛を軽減する事も、出来ていた様には思っている。


それが出来ていたから、私自身は「死」から遠ざかる事も出来たのではなかろうか。


ただ、それが良かったのかどうかは、まだ分からないんだけどね。


今もまだ、無駄に生き永らえているだけだからなぁ。


何の役にも立たないのに、単に生き永らえて、本当に良かったのか。


まあ、その内、その答えが解る時も、くるのかもしれない。


そんなに急いで答えを知ろうとしなくてもいいよね。


とにかく私は、死にたい気持ちを抱えて苦しんでいる方の苦痛を軽減したい。


その為の自殺サイトなんだけど、今は時代が違う。


だから、自分の「夢」を叶える為には、また違った形のものにしなければならないのかもしれない。


いずれにしろ、自立すら出来ずにいる私には「夢」は「夢」のままで終わってしまうだろう。


だから、こんな事を言っていても、みっともないだけなのかもしれない。


それでも、私は思う。


社会は表立って「死」を認める訳にはいかない。


だからこそ、自殺サイトの様な場も必要なのではないか。


アングラかもしれないけど、アングラだから出来る事もある。


その手段は今後も自殺サイトであるとは限らないけど、似た様な場所は必要だと思うのです。


それを私は、やってみたいと思っている。


表立った活動は他の人に任せておけばいい。


私は裏方として社会を支える事が出来れば。


そして、それが、いつか、社会に評価をされて、更なる「夢」に繋がるといいんだけどなぁ。


その更なる「夢」とは。


「好きなテレビ番組」を読んで頂いた方には察しがつくかもしれません。


そうなんです。


モーニングCROSSのコメンテーターとして出演をしてみたい(笑)


今回のオチは、こんな感じで。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料