辞世の句

【所詮、この世は飛花落葉であり、全ては行雲流水の如く】


一生懸命に生きようとしても、中々、上手くは生きる事が出来ず。


生きる事が嫌になって、死のうとしても死ぬ事すら出来ない。


そんな私は自分の無力さに途方に暮れるしかなかった。


そんな中で私は思ったのです。


人の命なんて、所詮は、この世の移り変わりの一つにしか過ぎない。


だったらば、生きるも死ぬも無理をする必要はない。


自然の成り行きに身を委ねる事が賢明なのではないか。


いや、結局は何をやろうとも、それが自然の成り行きになってしまう様にも思う。


頑張っても、頑張らなくても、どちらでもいい。


それならば、頑張った方が暇を潰せそう。


無理をする必要はないけれど、頑張った方が楽しめる。


頑張れるだけ、頑張って、後は成り行きに任せればいい。


『人事を尽くして天命を待つ』


なんて言葉もあるけど、それと同じ様な意味にもなるでしょう。


違うのは、こちらの方は、人事を尽くさなくてもいい、という事。


頑張った方が楽しめるというだけで、楽しまなくてもいいのなら、頑張らなくてもいい。


それも、また、自然の成り行きにしか過ぎない。


とにかく、好きな様にすればいいってね(笑)


私の中で、そんな結論になったのです。


辞世の句は死にそうになってから詠むものなんだけど(苦笑)


私はもう、すでに何度も生きる事を諦めた人間なのでね。


そして、もういつ死んでも構わない心積もりではいます。


いつ死ぬ事になろうとも、私の命が移り変わる時が来ただけ。


そんな風に考えているので、別に構わないよね!?


という訳で、私はすでに辞世の句を詠んでいる(笑)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!