座右の銘

【己を縛るのは己のみ】


そもそも、私は「平和」だとか「自由」だとか「平等」だとかいう言葉を余り信用はしていない。


他の事は別の機会に述べさせて頂くとして、此処では「自由」について。


先ず、私は「自由」を不自由なものだと思っている。


勿論、我々はそれぞれの社会によって、様々な「自由」を保障されてはいるだろう。


そして、その「自由」が我々の生活を豊かなものにしてくれている。


しかし、その一方で現実には、様々な不自由さにストレスを感じてもいたり。


人はよく、その不自由さを嘆き、それを何かの所為にしたくなるけど、それで本当にいいのだろうか。


勿論、自分以外の何かの所為で、自分の「自由」が侵害される事はあるだろう。


その時には、その何かと戦わなければならなかったりもする。


しかし、その不自由さというものは、自らが「自由」であるからこそ、のものでもあると思うんだよね。


自分が不自由さを感じた時に先ず、その辺を見極める必要がある様に思う。


そして、その見極めが足りていないのではないか。


それが不要な争いを生んでいる様に思うんだよね。


現実として、一方の「自由」が他方の「自由」を奪ってしまったりもする。


その事に気付かずに、いや、気付いた上で、なのかもしれないが、最近は特に、一方的に自らの「自由」を主張する様な事が増えてきている様に思う。


私は、それを目の当たりにして「自由」を履き違えている様に感じるんだよね。


変な言い方になるが「自由」な「自由」は「自由」じゃない。


不自由な「自由」こそ、「自由」である、と。


だから「自由」になりたかったら、不自由になる必要もある。


しかし、その不自由さが、もし、他者から強いられたものだったら、当然に受け入れ難いものにもなるだろう。


だからこそ、自ら不自由になる事が大切なのではないか。


自らが「自由」である事が自らに不自由さを招き、自らが不自由である事が自らを「自由」に導いたりもする。


要するに、自分自身を「自由」にするか、不自由にするかは自分次第。 


決して自分以外の何かによるものではない。


その様な見方が少し、足りていない様にも思うのです。


また、自分の「自由」を相手に認めさせたいのであれば、相手の「自由」も尊重しなければならないだろう。


自分の「自由」を認めさせる為、相手に不自由さを強いる様であれば、それは如何に身勝手な「自由」になるか。


だから、相手の「自由」を尊重する為には、自ら不自由になる事も必要になったりする様に思う。


そして、その自らに課す不自由さを一言で表すと、『節度』という言葉になるのではないか。


「自由」には節度が伴う。


節度が伴わない「自由」は「自由」ではない。


要するに 「自由」になりたければ、節度が必要になる。


その節度を身に付ける為には、他者から強いられる不自由さではなく、あくまでも自主的な不自由さというものが大切。


その様な意味で自分自身は自分で縛る。


そうする事が自らを解放させる事に繋がるのではないか。


そして、それが本当の「自由」なのかもしれない。


そんな風に思ったりするのです。


勿論、私もまだまだ未熟者故、節度が足らない時もあるかと思います。


ただ、この言葉を座右の銘にする事で、出来る限り相手を尊重する事が出来れば、と。


それを、どれだけ出来るのか。


それが私自身をより「自由」にしてくれる。


自分が「自由」を求めるのであれば、自らに不自由さを課さなければならない。


矛盾するのかもしれないが、私はそんな風に思っている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料