第20話 馬鹿になれよお

コンテスト用に短編を書いた。結構読んでくれた人もいたみたいで、嬉しかった。星とかありがとうございました。


もっと書きたかったけど、恋愛ものを書こうとして力尽きた。そもそも今の人って恋愛に興味あるのか疑問に思うこともある。


一生一人でいますって人も中にはいるだろうし、私もそうなるかもしれない。


でも、あの麻薬のようなときめきは将棋のスリルとは違う。私の頭を馬鹿にする。私はもっと馬鹿になりたい。皆さんも馬鹿になって下さい。よろしくお願いします。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます